東工大について

大岡山キャンパス

最高の学びが、ここから始まる。

  • 入学後1年間のカリキュラムの大部分を過ごす大岡山キャンパス。1934年竣工の本館は今も、威風堂々。

    入学後1年間のカリキュラムの大部分を過ごす大岡山キャンパス。1934年竣工の本館は今も、威風堂々。

  • 国内理工系大学トップクラスの蔵書量と広さを誇る附属図書館。先鋭的な建築フォルムは、まさに東工大の顔。

    国内理工系大学トップクラスの蔵書量と広さを誇る附属図書館。先鋭的な建築フォルムは、まさに東工大の顔。

  • 正門を抜けると現れるのは東工大博物館。複雑な立体形状が組み合わさった印象的な建築物です。

    正門を抜けると現れるのは東工大博物館。複雑な立体形状が組み合わさった印象的な建築物です。

  • 本館前の桜並木は、毎年春になると見事な景観を作り出します。卒業式、入学式の思い出に文字通り花を添えます。

    本館前の桜並木は、毎年春になると見事な景観を作り出します。卒業式、入学式の思い出に文字通り花を添えます。

  • 桜並木には、開放感あふれるウッドデッキが設置されています。景観づくりだけでなく、桜の木を守る役目も。

    桜並木には、開放感あふれるウッドデッキが設置されています。景観づくりだけでなく、桜の木を守る役目も。

  • 秋には、キャンパスが黄色と紅に染まります。写真の銅像は、本学の設立に尽力した手島精一先生像。

    秋には、キャンパスが黄色と紅に染まります。写真の銅像は、本学の設立に尽力した手島精一先生像。

  • 天気の良い日には、1日の終わりに美しい夕陽を眺めることができます。夕焼けに染まる、西8号館。

    天気の良い日には、1日の終わりに美しい夕陽を眺めることができます。夕焼けに染まる、西8号館。


大きな地図で見る