東工大について

個人情報の開示手続き

個人情報保護制度の概要

「独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律」に基づき、
どなたでも、本学が保有する保有個人情報の開示を請求することができます。

<関連学内規程>

保有個人情報の開示等

「独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律(平成17年4月1日施行)」に基づき、
本学が保有する保有個人情報の開示等を実施しています。

開示請求の窓口

<所在地>
〒152-8550
東京都目黒区大岡山2-12-1 事務局1号館3階
国立大学法人東京工業大学 総務部総務課
電話 03-5734-2033  FAX 03-5734-3649

<利用時間>
平日の午前8:30から12:15まで、午後1:15から5:15まで

開示請求の方法

「個人情報開示請求書」(PDFPDF(19.9KB) ・WORDword(82.5KB))に必要な事項を記入し、
開示請求手数料(個人情報が記録されている法人文書1件につき300円)を本学が指定する郵便振替口座へ払込み、払込金受領証の写しを開示請求書に添付して郵送するか、総務部総務課に提出してください。

個人情報保護のため、ご本人であることを確認させていただきます。
開示請求をしようとする方がご本人であることを証明する書類(運転免許証、パスポート等)を提示してください。

法定代理人が請求しようとする場合は、ご本人であることを証明する書類に加え、
法定代理人であることを示す書類(戸籍謄本等)が必要です。

開示・不開示の決定

開示請求があった個人情報については、不開示情報が記録されている場合を除き、原則として開示請求のあった日から原則して30日以内に開示(全部又は一部)・不開示の決定を行い、開示請求者に文書で通知します。
(ただし、正当な理由があるときは、決定期間を延長する場合があります。)

開示の実施

個人情報の開示の実施は、閲覧又は写しの交付等により行います。
開示の決定通知を受けた方は、決定通知があった日から30日以内に、決定通知書に同封の「開示の実施方法の申出書」により、希望する開示の実施方法をお知らせください。

訂正請求について

開示を受けた個人情報について、内容が事実でないと思うときは、訂正を請求することができます。
開示を受けた日から90日以内に所定の「保有個人情報訂正請求書」により請求してください。

個人情報保護のため、ご本人であることを確認させていただきます。
訂正請求をしようとする方がご本人であることを証明する書類(運転免許証、パスポート等)を提示してください。
法定代理人が請求しようとする場合は、ご本人であることを証明する書類に加え、
法定代理人であることを示す書類(戸籍謄本等)が必要です。

利用停止請求について

開示を受けた日から90日以内に所定の「保有個人情報利用停止請求書」により利用停止請求をしてください。

個人情報保護のため、ご本人であることを確認させていただきます。
利用停止請求をしようとする方がご本人であることを証明する書類(運転免許証、パスポート等)を提示してください。
法定代理人が請求しようとする場合は、ご本人であることを証明する書類に加え、
法定代理人であることを示す書類(戸籍謄本等)が必要です。

異議申立て

開示決定等、訂正決定等、利用停止決定等に不服がある場合は、決定通知があった日の翌日から起算して60日以内に、本学に対して異議申立てをすることができます。

Get ADOBE® READER

上記リンクはPDFファイルが開くものがあります。Adobe Readerouterが必要となります。
お持ちでない方はこちらouterからダウンロードして下さい。