東工大について

工学院

工学院 新たな産業と文明を拓く学問

工学は、人類を幸せにするための枠組である「文明」に貢献する学問です。工学院は、機械系、システム制御系、電気電子系、情報通信系、経営工学系の5つの系と、その先の大学院課程からなり、人の生活が豊かで快適なものとなるための工学技術を学び、さらにそれらを進化させていく研究活動を体験します。そこで得られる成果は、未来の人類社会に大きく貢献するでしょう。例えば、地球温暖化を阻止できる再生/省エネルギー技術、少子高齢社会を支える実用的な介護ロボットや人の機能補完のためのアシストロボット、脳機能と身体のダイナミクスを考慮した機器や人間そのものの制御、人の五感を活用できる革新的なインターフェース機器や情報通信網等、さまざまな先進技術の開発につながると考えられます。

工学院で学ぶ魅力

文明を支える幅広い分野の「ものづくり」を学ぶことができます。

文明を支える幅広い分野の「ものづくり」を学ぶことができます。

福祉機器やIT機器等、生活空間で用いられるものから、ロケット、ロボット等、宇宙空間、高度医療現場での最先端機器まで、それらの要素からシステム全体の開発、生産管理、企業経営に至るまで、文明を支える「ものづくり」を学ぶことができます。

楽しみながら創造性が身に付く、さまざまな実習を用意。

楽しみながら創造性が身に付く、さまざまな実習を用意。

斬新な発想力と実践力を培うために、元祖ロボコンの「国際デザインコンテスト」をはじめとして、「独創機械設計」「ゑれきてるコンテスト」等、所属各系で実績のある創造性育成科目が用意されており、創造性を楽しく身に付けることができます。

所属各系だけでない幅広い大学院課程へ進学できます。

所属各系だけでない幅広い大学院課程へ進学できます。

エネルギー、エンジニアリングデザイン、ライフエンジニアリング、原子核工学等、多くの学問領域を融合・進化させて新たな領域を創り出す、複合系コースの大学院課程すべてへの進学経路が用意されており、技術者としての幅広い将来設計が可能です。

工学院の特色ある教育研究活動

グローバル理工人育成コース

グローバル理工人育成コース

大学院課程修了後に新興国を含む世界でリーダーシップを発揮できる人材を育成すべく、学士課程卒業後に大学院課程において国際水準の教育研究活動を行い得る、高度な能力を身に付けさせることを目的として学士課程に設置されたコースです。「国際意識醸成プログラム」、「英語力・コミュニケーション力強化プログラム」、「科学技術を用いた国際協力実践プログラム」、「実践型海外派遣プログラム」の4つのプログラムにより構成されています。

The Asia-Oceania Top University League On Engineering (AOTULE)

The Asia-Oceania Top University League On Engineering (AOTULE)

アジア、オセアニア地域のトップレベルの工学系12大学間の多角的交流を促進する目的で設立された大学連盟AOTULE(The Asia-Oceania Top University League on Engineering)の活動には、国際学生会議、本学キャンパスで実施されるワークショップ、アジア・オセアニア地域で開催されるワークショップ等のほか、研究活動のための海外派遣等があります。

Summer Exchange Research Program (SERP)

Summer Exchange Research Program (SERP)

工系部局間交流協定の結ばれている大学(ミネソタ大学、ウィスコンシン大学マディソン校、カリフォルニア大学サンタバーバラ校、ケンブリッジ大学、インペリアルカレッジロンドン、オックスフォード大学、ウォーリック大学、サウサンプトン大学、エコール・ポリテクニーク、パリ第6大学、アーヘン工科大学、マドリッド工科大学等)へ2~3か月程度の留学支援を行っています。

科学技術者実践英語

科学技術者実践英語

グローバル社会をリードする科学技術系人材育成の一環として、学生の英語によるコミュニケーションの実践力向上を目標に、学士課程で「科学技術者実践英語」を開講しています。少人数クラス編成で、科学技術者として将来遭遇する様々な状況におけるプレゼンテーション、ディベート、リスニング、テクニカルライティングなどの総合的なコミュニケーション能力を向上させる高いレベルの実践英語授業を行います。

北大、東工大、名大、阪大 「四大学工学系人材交流プログラム」

北大、東工大、名大、阪大 「四大学工学系人材交流プログラム」

将来を担う研究、教育、組織運営のリーダーとして活躍が期待されている人材を、北海道大学、東京工業大学、名古屋大学および大阪大学の四大学が協力してさらにパワーアップすることを目的としています。このような人材の相互交流を行うことにより、異なる組織間の教育や研究、大学の組織運営の仕方を学びます。参加する大学組織間での知の共有と組織の共進化を図ると同時に、異なる組織でも活躍できる幅広い視点を身につけた教員リーダーの育成を図ります。

学生数・所属教員数

学生数 - 3,175名

所属教員数 - 208名

※学生数は受入可能予定人数より算出しています。

※所属教員数については計画段階の人数です。

工学院に所属する教員の一覧はこちらをご覧ください。

取得できる教員免許状

学士課程

高等学校教諭一種免許状(情報・工業)

修士課程

高等学校教諭専修免許状(情報・工業)

情報公開

学院長メッセージ

学院長 岩附信行

工学は、人類を幸せにするための枠組である「文明」に貢献する学問であり、人の生活を豊かで快適なものとする技術を希求します。東京工業大学工学院では、その基盤である学理と応用である「ものづくり」までを幅広く学び、最先端の研究活動や国際交流活動を体験して、創造性豊かな専門家として世界に雄飛します。豊かな感性と活力あふれる若者とともに未来を開拓できることを期待します。 学院長 岩附信行

副学院長

  • 三平 満司(教育・国際担当)
  • 井上 裕嗣(財務・安全担当)
  • 安岡 康一(企画・広報担当)
  • 高木茂孝(研究・評価担当)