東工大について

情報理工学院

情報理工学院 情報化社会の未来を創造する

「情報」はとらえどころのない対象です。その情報を見たり、分析したり、私たちが活用できるようにするために、高度な数学理論、高性能コンピュータの技術、人工知能等、数多くの研究が進められてきました。そうした「情報」に関する高度な理論から最先端の技術まで、理学と工学の両方の視点から追究しているのが情報理工学院です。多くの「情報」がコンピュータで処理できるようになり、より効率的に使えるようになってきました。けれども、「情報」とそれを処理するための計算に関しては、明らかにすべき真理や開発すべき技術が、まだ数多くあります。思いもつかなかった応用も沢山あるはずです。 情報理工学院では社会に貢献できる情報科学技術を目指し、「情報」に関する真理の探究と革新的な技術の開拓を進めていきます。

情報理工学院で学ぶ魅力

目指すのは技術の開拓と、情報に関わる真理の探究。

目指すのは技術の開拓と、情報に関わる真理の探究。

大規模化かつ多様化する情報を解析するための数理科学や計算機科学の基礎理論を学べます。また、それらの勉強を通して、実用的な技術ばかりでなく、情報とそれを処理するための計算に関する真理の探究に触れることができます。

ロボット開発の核となる人工知能について学ぶことができます。

ロボット開発の核となる人工知能について学ぶことができます。

社会的な注目を集めるロボットの分野で、ロボットの核でもある人工知能の開発に携われます。経験に基づいてコンピュータが自ら賢くなっていくために必要な、認識力や知識獲得能力を開発するための理論と実践を学ぶことができます。

人とコンピュータを結ぶ未来を構想し、その実現を目指します。

人とコンピュータを結ぶ未来を構想し、その実現を目指します。

情報システム・情報サービスをつくり出すためのハードウェアやソフトウェアの設計・開発の最先端技術に触れられます。人とコンピュータとがより密接に連携できるような情報システムづくりの基礎から応用までを学ぶことができます。

情報理工学院の構成

学士課程(1年目) 学士課程(2~4年目) 大学院課程
情報理工学院
数理・計算科学系 第1類 数理・計算科学系 数理・計算科学コース 知能情報コース
情報工学系 第5類 情報工学系 情報工学コース 知能情報コース

※複数の系に関連しているコース

情報理工学院の特色ある教育研究活動

サイバーセキュリティ特別専門学修プログラム

サイバーセキュリティ特別専門学修プログラム

2016年4月に開設した本プログラムではNRIを中心として、楽天、NTT、産総研とも連携することにより、サイバーセキュリティの実践的な内容を学ぶとともに、東工大の情報・通信分野の特色である理論分野の強みも活かし、理論的背景にある知識も同時に身につけられます。

スーパーコン(夏の電脳甲子園)

スーパーコン(夏の電脳甲子園)

スーパーコン(スーパーコンピューティングコンテスト)は、スパコン上で行う高校生・高専生対象のプログラミングコンテストです。東工大の学術国際情報センターと大阪大学のサイバーメディアセンターが主催し、情報理工学院の教員が大阪大学の先生方と一緒に課題問題を作っています。1995年より毎年夏に熱い戦いが行われ、様々なドラマが生まれています。これまでに多くのプログラミングが大好きな若者を惹きつけてきました。

博士課程教育リーディングプログラム「情報生命博士教育院」

博士課程教育リーディングプログラム「情報生命博士教育院」

情報科学と生命科学の複合領域でグローバルに活躍するリーダーの養成を目指した修士博士一貫型の教育プログラムです。情報系の学生が生命系の学生と協力して問題解決を図る演習や、「国際夏の学校」などの異分野・異文化交流を通じて、互いの考え方や価値観への理解を深め、他分野の専門家と柔軟に協働する力を身に付けることができます。

新たな数学の創造

新たな数学の創造

数理・計算科学系数理・計算科学コースでは、数学とコンピュータ科学の相互作用から産み出される新しい成果を期待して、トポロジー、非線形偏微分方程式、幾何学などの研究を行っています。リンク先の図は、左から、半導体モデル方程式の数値シミュレーション、曲面結び目、時空の極大曲面のグラフィックスです。

留学生と日本人学生とのIT共同研究開発プロジェクト

留学生と日本人学生とのIT共同研究開発プロジェクト

国際大学院プログラム「日本とともに先端ITをリードする人材育成プログラム」と連携し、日本のIT技術を世界に広める人材を教育するために、海外と日本の学生が互いに刺激しあいながらITの研究開発を行なうグローバル情報学特別研修プログラムを推進しています。

国内外の共同プロジェクト・コンテストへの積極的な参加

国内外の共同プロジェクト・コンテストへの積極的な参加

米国標準技術局や国立情報学研究所、情報処理学会等、国内外の学協会が主催する共同プロジェクトやコンテストに積極的に参加し、映像検索、情報検索、高性能コンピュータ等の分野において、世界中の多くのトップクラスの研究者と切磋琢磨しあいながら、最先端の研究を行なっています。

学生数・所属教員数

学生数 - 862名

所属教員数 - 71名

※学生数は受入可能予定人数より算出しています。

※所属教員数については計画段階の人数です。

情報理工学院に所属する教員の一覧はこちらをご覧ください。

取得できる教員免許状

学士課程

中学校教諭一種免許状(数学)

高等学校教諭一種免許状(数学・情報)

修士課程

中学校教諭専修免許状(数学)

高等学校教諭専修免許状(数学・情報)

情報公開

広報誌

情報理工学院パンフレット2017

コンテンツ

  • 情報化社会の未来を創造する
  • 数理・計算科学コース
  • 知能情報コース
  • 情報理工学院で学ぶ魅力
  • 情報工学コース
  • 入試について

学院長メッセージ

学院長 渡辺 治

いま、情報技術が大きな変革期に来ています。それは単に私たちのまわりに情報機器が大量に出てきたからだけではありません。高度な数学的手法により情報の本質がわかりはじめ、それを活用する技術が大幅に進展し始めたからです。その最先端を私たちと一緒に開拓していきませんか?情報化社会の可能性はまだまだ広がっていきます。 学院長 渡辺 治

副学院長

  • 徳永健伸(教育担当)
  • 山村雅幸( 企画・人事担当)
  • 横田治夫(財務等担当)