東工大について

環境・社会理工学院

環境・社会理工学院 地域から国土に至る環境を構築

環境・社会理工学院は、建築学系、土木・環境工学系、融合理工学系、社会・人間科学系、イノベーション科学系の5つの系と技術経営専門職学位課程で構成されます。現在、大きく方向転換しつつある地球・都市環境及び社会情勢の変化の中で、さまざまな分野を横断する複合的な問題が発生しています。5つの系、技術経営専門職学位課程ごとに専門的分野は異なりますが、環境・社会理工学院では、そのような複合的な問題の解決に貢献できる人材を育成することを目指しています。国際的に通用する幅広い視野と知識を持つのは当然のこと。社会で求められる最新の技術・価値・概念を理解し、世界の異分野の技術者と円滑なコミュニケーションを図りながら、その技術を評価・統合するマネージメント能力を備え、具体的な提案ができる、未来指向型グローバル人材を世界へ向けて輩出したいと考えています。

環境・社会理工学院で学ぶ魅力

環境と社会を俯瞰できる自らの視点を見つけることができます。

環境と社会を俯瞰できる自らの視点を見つけることができます。

工学と自然科学に関する知識を得ると同時に、私たちを取巻く環境と社会で今起こっていることを冷静に見ることが重要です。そこには歴史的、技術的な背景も充分に踏まえた上で、幅広い知識を有する冷静な視点を自ら探し出すことが大切になります。

世界に向けた論理的な思考とコミュニケーション手法を学びます。

世界に向けた論理的な思考とコミュニケーション手法を学びます。

国際社会の中で役割を果たすため、世界の研究者、技術者との交流・情報交換は重要です。相手を充分に理解した上で、抽出された問題点に着目した提案内容を定め、意図を相手に論理的かつ正確に伝達するための思考とコミュニケーション手法を学びます。

「ものづくり」「ことづくり」のプロセスにこだわる教育・研究を展開。

「ものづくり」「ことづくり」のプロセスにこだわる教育・研究を展開。

コンセプト創出能力や低コストでのものづくりの課題等、かねてから続く日本社会での問題を解決するため、「ことづくり」の重要性を再認識し、試行錯誤のプロセス手法、すなわち、創っては壊し、最終的な具体的提案に到達する能力を身に付けます。

環境・社会理工学院の特色ある教育研究活動

The Asia-Oceania Top University League On Engineering (AOTULE)

The Asia-Oceania Top University League On Engineering (AOTULE)

アジア、オセアニア地域のトップレベルの工学系12大学間の多角的交流を促進する目的で設立された大学連盟AOTULE(The Asia-Oceania Top University League on Engineering)の活動には、国際学生会議、本学キャンパスで実施されるワークショップ、アジア・オセアニア地域で開催されるワークショップ等のほか、研究活動のための海外派遣等があります。

Summer Exchange Research Program (SERP)

Summer Exchange Research Program (SERP)

工系部局間交流協定の結ばれている大学(ミネソタ大学、ウィスコンシン大学マディソン校、カリフォルニア大学サンタバーバラ校、ケンブリッジ大学、インペリアルカレッジロンドン、オックスフォード大学、ウォーリック大学、サウサンプトン大学、エコール・ポリテクニーク、パリ第6大学、アーヘン工科大学、マドリッド工科大学等)へ2~3か月程度の留学支援を行っています。

日本の地震減災技術による国際貢献を担う高度技術者の育成プログラム

日本の地震減災技術による国際貢献を担う高度技術者の育成プログラム

地震防災に関する最新の知識と高い見識に加え、国際コミュニケーション能力、広い視野と柔軟な思考力、独創的・萌芽的発想力などを持ち、国際的にリーダーシップを発揮出来る地震防災分野の先導的研究者・高度専門技術者を育成することを目標とする国際大学院プログラムです。
教育・研究の国際的リーダーシップをとれる人材、問題発見から解決までのプログラムを国際社会でマネジメントできる人材を育成します。

環境共生型都市・建築デザインを創出する国際的建築家育成プログラム

環境共生型都市・建築デザインを創出する国際的建築家育成プログラム

主に海外からの留学生を対象とした建築デザインに関する修士課程の国際大学院プログラムです。カリキュラムは、都市文脈で新しい建築のテーマを探索するフィールドワークおよび建築史と設計理論の修得を通じた具体的な建築設計提案(スタジオコース)より構成されています。日本の大都市を理解し、全国の建築環境を理解するための建築ツアーがセミナーとして提供されます。

東工大-同済大ジョイント・ワークショップ

東工大-同済大ジョイント・ワークショップ

中国・同済大学との間で建築デザイン分野および建築構造材料分野でそれぞれ年1回のジョイントワークショップが開催されています。場所は1年ごとに東京および上海で交互に行われ、数日~1週間程度のワークショップにより共同作業を通じて交流を行います。

学生数・所属教員数

学生数 - 1,630名

所属教員数 - 125名

※学生数は受入可能予定人数より算出しています。

※所属教員数については計画段階の人数です。

環境・社会理工学院に所属する教員の一覧はこちらをご覧ください。

取得できる教員免許状

学士課程

高等学校教諭一種免許状(工業)

修士課程

高等学校教諭専修免許状(工業)

情報公開

学院長メッセージ

学院長 岸本 喜久雄

人類と社会の持続的な発展のためには、理工学に加えて人文社会科学の知識を広く学び、それらを応用・展開するとともに、新たな学術・技術を創生していくことが求められています。そのため、環境・社会理工学院は、建築学系、土木・環境工学系、融合理工学系に加えて、大学院に社会・人間科学系、イノベーション科学系ならびに技術経営専門職学位課程を設置して、文理共創型の学院としてグローバル化社会への貢献を目指しています。 学院長 岸本 喜久雄

副学院長

  • 安田 幸一(教育・国際担当)
  • 日野出 洋文(財務・安全担当)
  • 朝倉 康夫(企画・広報担当)
  • 藤村 修三(研究・評価担当)