東工大について

大学歌等

東京工業大学歌の制定は昭和31(1956)年5月26日とされている。作詞は詩人三好達治氏に依頼され、作曲は当時本学一般教育科目音楽の授業担当であった諸井三郎氏に委嘱された。1956年3月初旬に曲は完成した。調子はハ短調-ハ長調である。初演は同年3月26日の卒業式において職員合唱団において正式に演奏された1)

残されている楽譜はきれいにペンで清書されたオーケストラスコア、男声四部合唱スコア、混声四部合唱スコア、同ピアノ伴奏譜の4種類である。原譜は学長室に保管し、筆書きの詩と並べて掲額してある2)。詩と現代語訳、入学式などで歌われている楽譜はト短調-ト長調の楽譜を以下に示す。それに加えて、2010年9月にこの調子のピアノ伴奏譜を制作した。この調子で録音された音源は2010年9月現在で存在しない。そこで、楽譜作成ソフトFinale2010版でプレイバックしたwave音源を練習用にアップしておいた。歌はソプラノのコーラスにしてある。

2010年7月に歌詞の新訳と英訳が作られた。原詩の言葉の順序になるべく添って現代語訳と英訳を行ったものである。

また、下記の大学歌(ト短調・ト長調/オーケストラ伴奏版)は、2011年10月に演奏、録音したもの。

演奏・録音情報

  • 日時:
    2011年10月7日 17:00~ 東京工業大学体育館
  • 演奏:
    東京工業大学管弦楽団/同混声合唱団コールクライネス
  • 指揮:
    末永隆一
  • 録音:
    宮原誠
  • 企画:
    伊賀健一、鈴木正昭
  • 備考:
    正式には2011年10月8日の創立130周年記念式典において演奏された。

参考文献

1)東京工業大学百年史(通史)、p.799、1985.

2)伊賀健一:東京工業大学歌―その原譜―、東工大クロニクル、No.450、p.17、2010/04/28

音声をお聴きになりたい方は上記をクリックしてください。音量を確認の上、再生させてください。

創立130周年記念ファンファーレ

創立130周年を記念して、本学出身の作曲家である河野土洋氏に作曲を依頼し、2011年に完成した。
演奏と録音は上記の大学歌オーケストラ演奏と同じ。

音声をお聴きになりたい方は上記をクリックしてください。音量を確認の上、再生させてください。