東工大について

東工大ビジョン2009

東工大ビジョン2009

 東京工業大学は、これまでにも様々な機会を捉え、大きな飛躍を期して将来構想を策定して参りました。このたび、第2期中期目標・中期計画の策定や2011年の創立130周年という大きな節目を迎えるに当たり、国立大学法人の新しい体制となって初めての将来構想を、企画室将来構想検討班及び将来構想検討のための学長直属の特命検討チームの議論を経て、「東工大ビジョン2009」という形でとりまとめました。

 この将来構想には、学長としての私の想いも詰まっています。そのため、「知・技・志・和の理工人」という新しく創った言葉も敢えて使っています。これは、知を極め、技を磨き、高い志と和の心を持つ理工人を意味します。この言葉は、本学が高い理想を掲げ、それを実現することにより、この言葉が社会的に認知され、やがては「東工大発の概念」として定着していくことを目指して今回提起したものです。かつて「煙突のあるところ蔵前人あり」と謳われたように、「知・技・志・和の理工人」は、新しい時代にもその時代に即した形で本学が社会から高い評価をいただけるように期待を込めているモットーでもあります。

こうした期待が現実のものとなるためには、「東工大ビジョン2009」に掲げた構想を全学が一丸となって実現し、学生や産業界のみならず、広く社会からの期待に応えていくことが必要です。私は学長として微力を尽くし、将来構想の実現に邁進する所存ですので、皆様の温かいご支援とご協力をお願いいたします。

平成21年4月

東京工業大学

学長(当時) 伊賀 健一

東京工業大学将来構想「東工大ビジョン2009」

国立大学法人東京工業大学(以下、「本学」という)は、約130年に渡って優秀な理工系人材を輩出するとともに、卓越した研究成果を創出し、我が国の発展の原動力である「ものつくり」を支える役割を果たしてきた。
人類社会がかつてない困難な課題を抱える中、本学が長期的にその使命を果たし、引き続き世界の発展に貢献していくため、今後の約10年を見据えた東京工業大学将来構想「東工大ビジョン2009」をとりまとめた。これは、本学の長期目標「世界最高の理工系総合大学の実現」に向け、本学が目指す大学の"かたち"を具体化する指針としている。

「東工大ビジョン2009」においては、今後10年を貫く基本方針を次のように定めた。 東京工業大学(東工大)は、その使命に基づき「時代を創る知(ち)・技(わざ)・志(こころざし)・和(わ)の理工人」を育成することを基本方針とする。世界的な視野に立って大学力を高め、社会に貢献しうる分野を重点的に強化するとともに新しい価値の創造に挑戦する。また、自由と多彩性を尊重するとともに公正さを追求し、世界から信頼される存在を目指す。

ここに掲げた目標の実現のため、「東工大ビジョン2009」の内容は必ずしも網羅的なものとせず、重点を絞り込んでいる。具体的には、将来構想の実現を通して、広く国民から篤く信頼され、在籍する学生・教職員が誇りと喜びを持ち続ける大学、理工系の知を基盤としながら、総合的な人間形成を行う理工系総合大学として、本学が発展を続けていけるよう、次の事項についてとりまとめた。

  • 教 育
  • 研 究
  • 社会貢献
  • 国際連携
  • 組織の見直し
  • 経営基盤の強化
  • キャンパスの総合的な利用の推進

この将来構想は第二期(2010~2015 年度)の中期目標・中期計画の策定に適宜反映するとともに、学長直属の特別チームを設け、実施計画の策定を進め、財源や組織体制に関する実現可能性を勘案した上で、構想の内容の具体化を図っていくこととしている。
つまり、将来構想は、本学が高等教育の変革を先導し、「世界最高の理工系総合大学」を実現していくための指針となるものである。

東京工業大学将来構想「東工大ビジョン2009」(全文)

全文はこちらPDF(364KB)

東京工業大学将来構想「東工大ビジョン2009」(パンフレット)

パンフレットはこちらPDF(6,250KB)