東工大について

ようこそ東工大へ

学長 三島良直

ようこそ東工大へ

学長 三島良直

皆さんは今、新しい挑戦への期待に胸を膨らませていることと思います。東京工業大学は日本一の理工系総合大学であり、さらに、世界のトップ10に入るリサーチユニバーシティを目指しています。高いレベルの教育・研究を通じて、科学技術の分野で世界を舞台に活躍する人材を輩出しつづけていくことが本学の使命であります。

これから東京工業大学で学ぶ皆さんは、しっかりとした理工系分野の学力を身につけましょう。その上で、自分の専門だけでなく、関連する分野にも興味を持ち、科学技術に関する幅広い見識を身につけていくことを期待しています。さらに将来、世界を舞台に活躍するためには、人文系の教養や高い英語力を持ち、異分野・異文化の人たちともコミュニケーションをとる能力が要求されます。これらは、受け身の姿勢では身につけることができません。自分を磨き、ぜひ在学中に海外を経験してほしいと思います。自分の将来像を描きながら、充実した学生生活を送ってください。向上心を持って積極的に行動することが大切です。東工大生である自覚と熱意を持って自分の夢の実現に挑戦して下さい。皆さん一人ひとりの大きな成長を期待しています。

東工大1年生の学生生活

いよいよ東工大での学生生活がはじまります。期待と不安が入り混じる4月。

講義、サークル、アルバイト、一人暮らし…

東工大1年生は初めてばかりの学生生活をどんな風に過ごしているのでしょうか?

A DAY

まずは、東工大1年生「工太郎」のある1日に密着!どのように過ごしているか紹介します。

7:00 起床 1限目から授業が始まる日は早起きします。朝食をたべて出発! 8:45 登校 キャンパスは朝から多くの人が集まります。9:00 午前の講義 大学の講義は1コマ90分。最先端のハイレベルな講義を聴くことができるので、一言一句聞き逃せない。わからないことはどんどん質問しよう。12:15 昼休み 学食にて。今日のメニューはサーモンフライとごはんと味噌汁。これで300円かかりません!

1:20 午後の講義 午後は実験や演習などが多い。1年生から実験や演習の基礎をじっくり学びます。 5:00 サークル活動 講義のあとは、サークル活動。東工大には70以上のサークルがあります。体育系はもちろん、東工大ならではのサイエンスや技術を活かした個性派サークルなど、バラエティ豊か。 9:00 サークル仲間と夕食を食べてから、帰宅。今日も充実!

STUDY

一番気になる勉強のこと。

高校までの生活と一番大きな違いは、自分で履修する科目を選択し、自分で時間割を組み立てることです。

時間割をつくるには…

  • 1. 1年生 前期で学べる科目を調べる

    各科目は「履修時期」が決まっています。授業科目一覧から1年生前期に履修できる科目を調べ、その科目が何曜日の何時間目に行われているかを授業時間割表で調べ、仮の時間割を作成してみましょう。

  • 2. 必修科目は忘れずに!

    類ごとに「必修科目」が設定されています。履修漏れがないように注意しましょう。

  • 3. 講義にまず出席してみる!

    履修申告をする前に、多くの科目は実際に講義を受講することができます。履修しようかどうか迷った時は実際に講義を受講してみてから決めることもできます。

  • 4. 履修申告する!

    〆切までに、きちんと申告しましょう。

ある1年生(3類) 前期の時間割

VOICE

実際、大学1年生の生活って、どうですか?先輩の声をきいてみましょう。

4類A君

レポートなどが思っていた以上に忙しくて。部活ほかにアルバイトもやっているのですが、 時間をうまく使えるように、部活の先輩に、アドバイスをもらっていました。

5類Y君

テニスのサークルに夢中。もちろん勉強との両立が大事。

難しそうな問題も、友達と助け合いながら解いています。

7類Hさん

海外に興味があり、留学生が多く所属しているTISA(東工大留学生会)に入りました。

実は東工大って学生の約12%が留学生なんですよ。友達には英語を教えてもらったり、逆に日本語を教えてもらったりしています。

さあ、新しい生活をスムースにはじめられそうですか?

もし迷ったり、困ったりしたら、先輩や先生方がサポートしてくれます。

勉強はもちろん、サークル活動やアルバイト、ボランティア活動、国際交流、留学。

たくさんのことにチャレンジしましょう!