東工大について

平成28年度 大学院入学式式辞

平成28年度 大学院入学式式辞

平成28年度 大学院入学式式辞は英語で行われました。日本語訳はこちらをご覧ください。

Ladies and gentlemen, welcome to the 2016 Spring Entrance Ceremony for master's and doctoral degree students. We are honored to have with us members of the Board of Directors, deans, directors, and special guests to celebrate the entrance of 1,799 students into Tokyo Tech's master's, professional degree, and doctoral programs. You have worked hard to be here today, and have every reason to be proud. Let us also congratulate your parents and express our deep gratitude for the time, effort, and resources they have dedicated to supporting you through your childhood and college life.

All of you now stand on the threshold of the next stage of your life, the threshold of realizing your vision of working in science and technology. As a person who also studied at this Institute, I welcome you to this wondrous world and assure you that you will encounter the unknown through your studies and research. To get the most out of your Tokyo Tech experience, I recommend two things to all of you. First, be proactive, and put your heart into everything you do during your time with us. Explore new fields and activities with enthusiasm and a hunger to improve yourself. And second, while acquiring the knowledge and skills that will allow you to realize your goals and dreams, keep asking yourself what you can do for the benefit of society with the degree you will earn at the end of your studies.

When I assumed the office of President in fall 2012, I set the goal of making Tokyo Tech one of the top ten research universities in the world by 2030, a year shy of the Institute's 150th anniversary. A key component in achieving this goal is the new education system and research structure implemented this month to provide all of you with more opportunities to achieve excellence. In addition to developing advanced abilities in your chosen specializations, you will also receive a comprehensive liberal arts education. You will have the opportunity to greatly improve your communication skills, enabling you to better understand and work with individuals in different cultures and fields, and to tackle global issues. You will be equipped with the tools to actively work on the world stage and exercise your leadership. You will be the first students learning under this new education system. I encourage all of you to try your best and make use of all the resources that Tokyo Tech provides. Do this, and you will see tremendous personal growth.

I suspect that many of you entering master's and professional degree programs already possess a strong motivation to improve society with your knowledge and skills in the field of science and technology. Tokyo Tech is ready to provide you with an excellent education, an education that lights the fire of engagement in your being. I ask you to strive to become the best you can be in the areas you have chosen, and truly understand the purpose and meaning of your research and vision. Many of you will go on to work in various industries after graduation, and those industries will greatly benefit from your unique perspective, skills, and knowledge. I believe that having a clear idea of what you want to do and knowing what you want to contribute to society will lead you to meaningful learning. I have no doubt that all of you will embrace challenge with spirit, enthusiasm, and confidence as you progress towards your future careers.

If you are considering pursuing a doctorate after completing your master's degree, I encourage you to look into our integrated education system for master's and doctoral programs. This system makes it possible to take doctoral-level classes while you are enrolled in the master's program. If you are motivated to study and meet the requirements, you can finish both the master's and doctoral programs in three years. In addition, Tokyo Tech provides four Programs for Leading Graduate Schools adopted by Japan's Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology. These programs are administered in collaboration with industries and aim to develop talented individuals who go beyond the borders of specialties and are capable of taking initiative in a wide range of fields.

For those who are entering doctoral programs today, I strongly encourage you to openly experience both success and failure. By now, you may think that failure is unacceptable. However, you are still students and Tokyo Tech is the ideal setting for you to accept the challenge of cutting-edge research — a place where you are encouraged to try, fail, learn from your failures, and gradually go on to enjoy the pleasures of success. As you do this, you may also begin to consider the direction you wish to take after completing the program. There are many choices open to you. You may choose to pursue world-class research at a university or research institution, boost Japanese industry through a career in engineering, or establish new industries as an entrepreneur. Whatever your choice, Tokyo Tech will help you to become aware of your role in developing a new and better world through science and technology, and will strengthen your enthusiasm and confidence as an outstanding leader.

Lastly, I ask all of you to aim to integrate into global society. You may have heard similar words before, but the ability to integrate globally equates to the ability to live in today's diverse society. Tokyo Tech provides you with an outstanding education and an environment in which to fully develop this ability. Our past approaches and future goals have been highly regarded by the Japanese government. In 2014, Tokyo Tech was selected for a long-term project, the Top Global University Project, which aims to further enhance international compatibility and competitiveness. This government support is a favorable wind for the new education system commencing this year.

Tokyo Tech continues to strive for outstanding quality in education, enhanced research capabilities through the improvement of the educational environment, and productive research collaboration. As the Institute rapidly moves forward, I hope you too give weight to acquiring and maintaining an international mindset as you prepare to play an active role on the global stage.

Once again, congratulations to all of you.

April 4, 2016
Yoshinao Mishima
President, Tokyo Tech

(日本語訳)

本日、東京工業大学の大学院修士課程、専門職学位課程、ならびに博士後期課程に入学された1,799名の皆さん、入学おめでとうございます。東工大は皆さんの入学を心から歓迎します。そして、これまで新入生の皆さんの学業を支えてこられ、本日を迎えられたご両親、ご家族の皆様には心から敬意を表したく存じます。ご来賓ならびに本学役職員・部局長のご列席のもと、平成28年度入学式を挙行できますことは本学全構成員の大きな慶びでございます。

皆さんは、科学・技術に携わる者として、将来のキャリア像に向けて、本日、一段と高いステップのスタートラインに立たれました。大学院という学修と研究を通じて未知のものと遭遇する可能性を享受できる世界へようこそ、と申し上げます。本学大学院で学んだ先輩として、皆さんへメッセージを2つお送りします。1つめは、何事にも主体的に臨み、向上心を持って自分をどこまで高めることが出来るかという意気込みを胸に、積極的に学修や多様な活動に挑戦してほしいということです。2つめは、皆さんそれぞれが目指す学位を取得後に、東工大修了生という立場を活かしどのような場所で社会貢献できるのかを見据えながら大学生活を過ごしてほしいということです。学士課程の学生には、「『将来、科学・技術の力で新しい社会を切り拓き、より良い人間社会を作り上げることに貢献する』という高い意識を持って勉強し、夢や目標を育んでほしい」というメッセージを送りましたが、大学院生の皆さんには、その夢や目標をかなえて、社会貢献を実践する力を身につけてほしいと考えています。

本学は本日、全学的に新しい教育と研究体制を開始いたします。2012年秋に私が学長に就任した際に、「創立150周年を迎える2030年までに世界トップテンに入る研究大学を目指すこと」を本学の目標にして、教育と研究のシステム改革に臨んで来ました。この改革が、大学院生の皆さんにとって持つ意味とは、「今まで以上に鍛え抜かれた東工大生らしい東工大生になれる」ということです。本学では、学内外から当然と目されている高度な専門力に加えて、幅広い教養、異文化・異分野を理解し協調・協働するためのコミュニケーション能力やグローバルな課題へ挑戦する力を付けることができます。そして世界で活躍する気概を育み、リーダーシップの力を養う場になります。大学院課程の教育に深く関係する研究のシステムと環境も、さらなる高見を目指して作り上げていきます。皆さんは、この新しい体制の新しい大学院課程に学ぶ第一期生となります。自分の成長のために、また夢や目標の実現のために、本学のすべてを使い切る、生かし切るという気持ちで、大いに張り切ってほしいと思います。

続いて、入学される課程ごとに皆様に私からのアドバイスをお話いたします。

修士課程、そして専門職学位課程に入学された皆さんの心の中には、将来科学・技術をベースに社会で果たすべき役割へ向かって燃え上がるべき火種が潜んでいるはずであり、本学はその情熱に火を付けられるような教育を用意して皆さんをお迎えします。しっかりとした専門基礎力を身につけ、携わる修士論文の課題に対する目的と意義とともに、自らの将来をどのように描いているかについてもしっかりと語ることが出来る人材に育ってください。ここにおられる皆さんの多くが修了後に企業へ就職されることでしょう。企業はそのような人材を求めています。どこに就職できるかではなく、就職して何をしたいのか、すなわちどのように社会貢献できるのかを考えることが,真の学修につながっていると考えます。本学の大学院生としての自覚と、自分の将来を見据えて積極的に様々な能力を身につける熱意を持って、より高い目標に挑戦し続ける2年間であって欲しいと思います。

修士課程に入学した今、博士後期課程への進学をすでに考えている方には、本学の修博一貫教育についてご説明しましょう。修士課程在学中に博士後期課程の科目を受講することができます。また、やる気があって要件を満たせれば修士課程と博士後期課程を合わせて3年間で短縮修了することができます。さらに、本学は文部科学省の博士課程教育リーディングプログラムに採択され、4つの特色ある教育プログラムを用意しています。このプログラムは、専門分野の枠を超えて産学官の様々な分野において世界で活躍するリーダーを育成するため産業界との連携を積極的に取り入れています。是非、博士後期課程に挑戦してみてください。

博士後期課程に進学・入学する皆さんには、私の経験からアドバイスをします。それは、本学を研究と人生に関する成功と失敗の練習場としてほしいということです。博士ともなれば大人であり、今更失敗はできない、したくないという気持ちがあるかも知れません。しかし、学生の時こそ、果敢に挑戦し失敗し、その失敗から生まれる成功の喜びを少しずつでも良いから積み上げてほしいと願っています。そのようなことが許容される本学であれば、自分の研究分野において世界をリードする研究に挑戦する気持ちがわいてくるでしょう。そのような挑戦の日々にありながら、本学で博士の学位を取得したら自分がなすべきことは何なのかを、しっかりと考え続けてほしいと思います。将来自分は国内外の大学、あるいは研究機関での世界最先端の科学技術研究に取り組み、新たな知の創出により人間社会に貢献するのか、あるいは産業界に身を置いて我が国の産業の国際競争力を高めて社会貢献を果たす技術者となるのか、あるいは会社を立ち上げる起業家になって新たな産業を興して社会に貢献するのか等、その他にもいろいろな活躍場所があるはずです。どこで、何をしているかは人それぞれでありますが、本学は、「将来、科学・技術の力で新しい社会を切り拓き、より良い人間社会を作り上げることに貢献する」という意識を持って学べるような教育、そして世界における最高級の人材であるという自負を持ちうる教育を提供します。本学で博士号を目指す皆さんは、その自覚と熱意をもって、自らをどこまで鍛え上げられるかに挑戦してほしいと願っています。

最後に、皆さんにお伝えしたいのは、グローバル社会への対応です。聞き飽きた言葉かも知れませんが、グローバル社会に対応できる力とは、この混沌とした社会を生き抜く力です。本学は、その力を身につけられるような教育と環境を用意しています。本学の今までの取り組みと今後の目標が評価され、文部科学省による「スーパーグローバル大学創成支援」事業に2014年に採択されました。この事業は、「大学改革」と「国際化」に邁進し、国際通用性、ひいては国際競争力の強化に取り組む大学の教育環境の整備支援を国が長期間支援するというものです。先に述べた本日スタートする本学の新しい教育にとって、国が支援するこの事業はまさに強い追い風です。教育の質の向上と世界トップ大学に匹敵する教育システムの構築と、研究環境の改善・整備による本学の研究力の強化と国際共同研究の活性化など、活発に活動を展開しています。このような本学において、ぜひとも国際感覚を身につけることを常に意識し、社会人となる暁には世界を舞台に活躍していただきたいと思います。

皆さんが学術の世界を堪能し、そして充実した学生生活を送り、東工大をさらに輝かせてくれることを期待するとともに、改めて入学のお祝いを申し上げ、式辞といたします。

平成28年4月4日
東京工業大学長 三島良直