東工大について

平成29年度 入学式式辞

平成29年度 入学式式辞

平成29年度 入学式式辞は英語で行われました。日本語訳はこちらをご覧ください。

Good morning, ladies and gentlemen. It is my great pleasure to hold the Tokyo Institute of Technology (Tokyo Tech) 2017 Spring Entrance Ceremony for bachelor's degree students in the presence of executive faculty, staff members, and special guests. I warmly welcome the new students joining us today. You have all earned your place here. Congratulations. I would also like to thank the new Tokyo Tech parents for entrusting your sons and daughters to us. Welcome to the Tokyo Tech community.

Founded in 1881, Tokyo Tech celebrates its 136th anniversary this year as Japan's top university in science and technology. Throughout its long history, the Institute has trained outstanding professionals for key roles in industry and academia, and has contributed greatly to the well-being of humankind through its outstanding fundamental research and applied technical ingenuity. In April 2016, Tokyo Tech launched large-scale reforms to further enhance the quality of its teaching and learning. A new research system was established to strengthen research capabilities and actively promote international collaboration. These changes align closely with Tokyo Tech's continuous goal of making significant changes in society through science and technology.

Last fall, Honorary Professor Yoshinori Ohsumi was awarded the 2016 Nobel Prize in Physiology or Medicine. A great honor for the whole Tokyo Tech community, this acknowledgement further shone the light on the Institute, and raised expectations to new levels. With these recent developments, I am delighted to welcome our new students on campus. You must be full of ambitions, and as you join this lively, exciting environment, the time to fulfill those ambitions has come.

Tokyo Tech's new education system, which took effect last April, was designed for you. As you may already know, the Institute's schools and departments were reorganized, curricula and syllabi were renewed, and a quarter system was introduced to provide you with a more flexible, personalized student experience. While developing a firm understanding of the fundamentals of science and technology, you can focus on the field that interests you, discover and develop a specialization, and track your own progress as you expand your expertise. Once you discover the pace of learning best suited for you, some of you may want to expand your specializations, or even change them. That is fine. Whatever your chosen path, I encourage you all to take a proactive stance to your studies and challenge everything that comes your way. By doing so, you will make the most of the new education system and maximize your capabilities.

Tokyo Tech has long been known as a science and technology university that places great importance on the liberal arts. The diverse faculty at the newly established Institute for Liberal Arts provide courses in the humanities, social sciences, and languages, which are carried out in interactive, group work settings. Designed to supplement your specialized science and technology education, these courses will provide you with the social skills, creativity, and humanity to better understand the challenges of the 21st century as you formulate your own vision of a brighter future. I urge you to take full advantage of these courses.

In the latter half of your studies, you will select your specializations and receive guidance from academic supervisors so that you can fully enjoy the outstanding research-based education for which Tokyo Tech is recognized. After that, many of you will continue to graduate-level studies to further expand your skills and advance your research. Before you reach that stage, it is important for you to build your fundamental skills. Start tomorrow. Take charge of your studies. Allow yourself to grow and become aware of how you can contribute to a more peaceful, prosperous world.

Finally, I would like to point out that university life is not simply about academic achievement. It is much more than that. It is about becoming the person that you want to be. Enrich your life and gain experiences by engaging with your friends, professors, and all the brilliant people around you. Be inquisitive and take risks. Appreciate both your failures and successes. Recognize the importance of teamwork and strong leadership through extra-curricular activities. Experience the feeling of personal achievement and discover a new side to yourself by studying abroad. When I finished my master's program at Tokyo Tech in 1975, I entered the University of California at Berkeley in the United States, where I took my Ph.D. It was a long road. The academic environment was highly competitive and very different from what I was used to. However, the experience of overcoming challenges and achieving goals was very rewarding, and has a positive effect on me to this day. Some of you may want to try summer school or short-term programs, which offer opportunities to study at the world's leading universities for a few weeks or months. A wide variety of options is available to you at Tokyo Tech. The less you hesitate, the more you will experience personal development and gain the respect of your peers.

Today, your new life at Tokyo Tech begins. The enthusiasm and confidence you bring to your studies will greatly enrich your experience. Remember -- a university is not a place for you to be taught, but a place for you to proactively think and learn. With this in mind, I hope all of you soon make new friends with whom you can learn and share a fulfilling life at Tokyo Tech.

Once again, congratulations and welcome.

April 4, 2017
Yoshinao Mishima
President, Tokyo Tech

(日本語訳)

本日、東京工業大学の学士課程に入学された皆さん、入学おめでとうございます。東工大は皆さんの入学を心から歓迎します。そして、これまで新入生の皆さんの学業を支えてこられ、本日を迎えられたご両親、ご家族の皆様には心から敬意を表したく存じます。本日ここにご来賓ならびに本学役職員・部局長のご列席のもと、平成29年度入学式を挙行できますことは本学全構成員の大きな慶びでございます。

東京工業大学は1881年に創立され、今年で136周年を迎える我が国トップの理工系総合大学です。これまでの長い歴史において、すぐれた科学技術人材をアカデミア、産業界等の様々な分野に輩出するとともに、優れた基礎研究の成果を発信し、またものづくりを中心とした新しい技術を創出して豊かな社会を作り上げるための貢献を果たしてきました。そして、昨年4月には大規模な教育改革をスタートして教育の質のさらなる向上と国際化を目指すと同時に、研究の体制についても新たな仕組みを作り、さらなる研究力の強化と国際協働研究を進めて科学技術を持って新しい社会を切り拓く使命を一層明確にしたところです。そしてそのような折に昨年秋には本学の大隅良典栄誉教授が2016年ノーベル生理学・医学賞を受賞しました。本学にとって素晴らしい栄誉であるとともに、国内外から本学に対して多くの注目と期待が集まっています。このような活気あふれるキャンパスに本日入学された皆さんを迎えることができることは私の大きな喜びであり、希望と期待にあふれる若き皆さんがさらなる活気を吹き込んでくれることを期待したいと思います。

さて、この機会に昨年4月にスタートした大きな教育改革の狙いについてお話ししたいと思います。今回の改革による教育システムの2期生である皆さんは本学を志願するに当たり学院と系の創設、カリキュラム・シラバスの刷新やクォ―ター制等の内容についてすでにご存じのことが多いと思います。この新しい教育システムによって学生の皆さんは自分が身につけたい専門分野についてより幅広く、基礎からしっかりと学ぶことができますし、何をどこまで身につけたかを確認しながら専門性を高めていくことが可能になっています。また、学びの段階をどのようなペースで進めていくか、そして目指す専門の幅を広くしたい、変更したいと言った希望に対しても条件を満たせば可能になるという柔軟性も備えています。しかしここで重要なことは、この教育システムを使って皆さんが能力を大きく伸ばすためには、学生皆さんが個々に主体的で、積極的な学びの姿勢を持って挑戦し続ける必要があるということです。そのような学びの場の具体的な例を、ひとつご紹介しましょう。自主的に身につけるべき能力には、幅広い専門基礎力に加えて、人文科学や社会科学などの教養、そして語学力等が挙げられます。今回の改革に合わせて、本学にはリベラルアーツ研究教育院を設置しました。本学は私の在学時から教養教育を重要視する科学技術系大学として注目されてきましたが、リベラルアーツ研究教育院には様々な分野の教員が集まり、教養科目や英語科目などを担当するとともに、斬新なグループワークにおける対話型のクラスを随所に用意しています。これらを活用することで21世紀社会の時代的課題を把握し、その中での自らの役割を認識する「社会性」、自らを深く探究する「人間性」、行動し、挑戦、実現する「創造性」を兼ね備え、より良き未来社会を築く「志」のある人材育成を目指しています。東工大ならではのリベラルアーツ教育を是非楽しみにしていただきたいと思います。

皆さんは学士課程の後半で専門分野と指導教員を決めて研究をベースとする教育を受けることになり、その後皆さんの多くが大学院へ進学して引き続きより高度な研究に臨むことになると思います。そのステージに至るまでに、如何に自分の基礎能力を磨けるかがとても重要なのです。是非明日から本学の新しい学士課程教育に積極的に臨んでいただき、将来本学を卒業・修了して社会に出るときには、どのような仕事について、どのように平和で豊かな人間社会の構築に貢献するのかという自覚を育てていって欲しいと思います。

もうひとつ本学で学ぶ上で重要な心構えについて述べておきたいと思います。大学在学中の学びは学業だけでなく、これから社会に出るまでの自分の人格を形成する時でもあります。そのためには先生、友人などできるだけ多くの人と接することで常に自分を見つめ、自分の人生への経験知を高めることが必要です。また様々なことに挑戦し、失敗や成功の体験を重ねることもこのために有効です。課外活動に参加することではチームで活動する大切さ、目標をクリアした時の達成感に加えてリーダーシップとは何かを学ぶことでしょう。海外に身を置くことも大変に刺激的であり、今までに気づかなかった自分を発見する良い機会です。私自身、本学で学士課程と大学院修士課程を終えた1975年に米国カリフォルニア大学バークレー校に留学して博士号、Ph.Dを取得した長い学生生活を過ごしましたが、大変に厳しい教育環境と、それまでの自分が過ごした環境との大きな違いを乗り越えて目的を果たした時の達成感が今の自分を支えています。長期留学には抵抗がある場合は、まずはサマースクールなどを利用して数週間あるいは数ヵ月を海外のトップレベルの大学に身を置いてみてはどうでしょうか。このような機会は本学に沢山用意されていますので是非利用してほしいと思います。在学中にどれだけの挑戦をするかが、皆さんがどれだけ素晴らしい、そして人に尊敬される人間になるかにかかっています。

さあ、今日から東工大での生活が始まります。先ほど申し上げましたように大学の学びにおいては積極的に学ぶ姿勢がもっとも重要です。大学は、教えてもらうところではなく、自ら学び考えて夢に向かうところです。この気持ちを忘れずに、一日も早く良い仲間を作り、ともに学び、語り合い、充実した毎日を過ごして欲しいと願っています。

改めて入学のお祝いを申し上げ、式辞といたします。

平成29年4月4日
東京工業大学長 三島良直