東工大について

平成29年度 大学院入学式式辞

平成29年度 大学院入学式式辞

平成29年度 大学院入学式式辞は英語で行われました。日本語訳はこちらをご覧ください。

Ladies and gentlemen, welcome to the Tokyo Institute of Technology (Tokyo Tech) 2017 Spring Entrance Ceremony for master's, professional master's, and doctoral degree students. We are honored to have members of the Board of Directors, deans, directors, and special guests with us to celebrate all the new students joining us today. You have worked hard to be here, and you should be proud of your achievements. Let us also congratulate your parents, and express our deep gratitude for the time, effort, and resources they have dedicated to your life and academic success thus far.

Through your scholastic attainments, you have all demonstrated that you are ready to reach new heights, and broaden your horizons. You are ready to take on the challenges that Tokyo Tech's graduate-level education and cutting-edge research have to offer. You are ready to engage with your labmates and academic supervisors in a friendly, competitive environment. And most importantly, you are ready to experience the genuine thrill of discovering new knowledge.

Last year, Tokyo Tech Honorary Professor Yoshinori Ohsumi received the Nobel Prize in Physiology or Medicine. The professor's discoveries of mechanisms for autophagy, the degradation and synthesis of cellular proteins, were the result of 30 years of passion to elucidate the details of an essential life phenomenon. Although the professor did not focus on the "practical purposes" of his research when he began, the consequences today are immeasurable. I suspect there are many men and women in front of me here, who are working on truly fundamental research like Professor Ohsumi, or who plan to do so in the future. I hope his story inspires you to continue with your efforts, for they are of the greatest significance.

In addition to highlighting the importance of fundamental research, Japan's 5th Science and Technology Basic Plan, launched in April 2016, also draws attention to the constant need for applied research. Two key components in the Plan particularly emphasize this need. The first of these is responding to current economic and societal challenges. Specifically, these include securing a stable supply of energy, food, and other resources, realizing a sustainable society that meets the needs of a declining and aging population, and responding to global warming and climate change. More than ever, the world is looking to science and technology for solutions to these universal challenges.

The second component is the creation of new value that gives birth to innovative industries and societal change. As networks and cyberspace rapidly develop with the evolution of information technology, and societal, economic, and industrial structures fluctuate, we must enhance fundamental technologies and innovate to boost Japan's industrial competitiveness and achieve sustainable development. This requires the creation of new networks by combining various existing technologies, and the generation of new concepts by fusing the real world with the virtual one. Many of you will be involved in advancing this type of applied research, too. Whatever your focus, I hope that you all take this opportunity to collaborate actively with researchers across disciplinary and geographical borders, and apply out-of-the-box approaches that yield new ideas and knowledge for the betterment of society.

When I assumed the office of president in fall 2012, I set the goal of making Tokyo Tech one of the top ten research universities in the world by 2030, a year shy of the Institute's 150th anniversary. A key to achieving this goal is the new education system and research structure implemented in April 2016, which provide all of you with more opportunities to achieve excellence. Your advanced abilities in your chosen specializations will be enhanced with a comprehensive liberal arts education. You will have more chances to improve your communication skills, enabling you to deeply understand and work with individuals in different cultures and fields, and confidently tackle global issues. You will be equipped with the tools to actively contribute to the world and exercise your leadership. Whether you are here to unveil the complexities of an unknown phenomenon or apply your research to a pressing societal problem, the open Tokyo Tech environment is yours to exploit.

Many of you entering master's and professional degree programs will be starting work life in two years. As you equip yourself with advanced skills and knowledge, I encourage you to envision yourself in your ideal field of work two years from now. Rather than simply thinking of your Tokyo Tech research as a requirement for graduation, consider it a way to acquire the skills you need to make a lasting impact on society. The various industries you will join after graduation will greatly benefit from your unique perspective, and your ability to effectively communicate that perspective to others. I have no doubt that all of you, as Tokyo Tech students, will embrace the toughest of challenges with spirit, enthusiasm, and confidence as you progress towards your future careers.

Those of you entering doctoral programs today: I am looking forward to seeing you engage in world-leading research in your chosen fields. You possess the dedication and awareness to conquer the highest peak of education at Tokyo Tech. Hold those qualities close to your heart as you continue tackling the most complex of problems. I believe many of you already have a good idea of the direction you wish to take after completing the program. There are many choices open to you. You may choose to pursue forefront research at a university or research institution, boost Japanese industry through a career in engineering, or establish new industries as an entrepreneur. Regardless of your choice, a doctoral education at Tokyo Tech will not only provide you with the most advanced technical skills, but also a rich sense of humanity required of leaders who are admired and respected by those around them.

Lastly, I ask you all to boldly explore. Explore various fields, cultures, and languages. Explore the unknown. Explore yourself and the potential within you. Do this, and you will not only have a fulfilling Tokyo Tech life, but will also shine on the world stage.

Once again, congratulations to all of you.

April 4, 2017
Yoshinao Mishima
President, Tokyo Tech

(日本語訳)

本日、東京工業大学の大学院修士課程、専門職学位課程、ならびに博士後期課程に入学された皆さん、入学おめでとうございます。東工大は皆さんの入学を心から歓迎します。そして、これまで新入生の皆さんの学業を支えてこられ、本日を迎えられたご両親、ご家族の皆様には心から敬意を表したく存じます。本日ここにご来賓ならびに本学役職員・部局長のご列席のもと、平成29年度入学式を挙行できますことは本学全構成員の大きな慶びでございます。

皆さんは学士課程を卒業し、あるいは大学院修士課程を修了して、今日からさらなる高みを目指してスタートを切ることになります。様々な分野の最先端を行く研究をベースとした本学の大学院教育に身を置いて積極的に課題に取り組み、指導教員や研究室の仲間と、そしてさらには分野を超えて周囲の優秀な人材と切磋琢磨し議論を重ねた結果、新たな知を獲得する醍醐味を味わってほしいと思います。

昨年秋に本学の大隅良典栄誉教授は2016年ノーベル生理学・医学賞を受賞し、本学の教育・研究の在り方に対して大きな力を授けてくださいました。大隅栄誉教授は、受賞対象であるオートファジーとして知られる細胞内で営まれるたんぱく質の分解と合成の仕組の解明に取り組まれてきた過去30年を振り返り、生命の営みに重要な役割を果たすこの現象の詳細を何とかして明らかにしたい一心で研究を続けたこと、またこの研究が何の役に立つかということを考えたことがなかったと話します。皆さんの中には、このような真の基礎研究に引き続き取り組まれる、あるいはこれから新たに挑戦される方々も多いと思います。是非大隅栄誉教授の言葉を力にして、真摯に取り組んでいただきたいと思います。

さて昨年4月から我が国の第5期の科学技術基本計画がスタートしました。科学技術基本計画は5年ごとに策定されるものであり、したがって今期は2020年までに我が国が取り組むべき重要な課題が挙げられています。この計画の中で、今述べた基礎研究の重要性の指摘に加えて大きな柱として挙げられている課題が二つあります。その一つは、現在我が国が抱えている経済・社会的課題への対応です。具体的には、エネルギー・資源・食糧の安定的確保、高齢化・人口減少に対応する持続可能な社会の実現、地球温暖化と気候変動の抑制への対応等々があげられており、これらに答える科学技術の成果が期待されます。そしてもう一つの柱となる課題は、未来の産業創造と社会変革に向けた新たな価値創出に向けた取組です。こちらはICTの進化によるネットワーク化やサイバー空間利用の発展により経済・社会の在り方や産業構造が急速に変化しつつある中で、我が国の産業競争力を強化しつつ、持続的発展を遂げるために必要となる基盤技術あるいは必要なイノベーションをどのように生み出していくかというのが内容です。したがって既存の科学技術そのものの改良・発展ではなく、複数の既存技術のネットワークによる組み合わせ等々、言い換えれば実社会とサイバー空間の融合による新しい概念の創出が要求されるところです。これら二つの研究課題は基礎研究と比較した場合には応用研究という範疇にはいることになりますが、本学の研究成果による社会貢献において重要な役割を占めることは明らかです。皆さんの多くは、このような課題に対応する研究に携わることになると思いますので、自由な発想と異分野の研究者との交流を深めつつ、本学発の素晴らしい知を作り出す心意気を持って取り組んでいただくことを期待しています。

本学は、昨年4月に全学的に新しい教育と研究体制を開始しました。2012年秋に私が学長に就任した際に、「創立150周年を迎える2030年までに世界トップテンに入る研究大学を目指すこと」を本学の目標にして、教育と研究のシステム改革に臨んで来ました。この改革が、大学院生の皆さんにとって持つ意味とは、「今まで以上に鍛え抜かれた東工大生らしい東工大生になれる」ということです。本学では、学内外から当然と目されている高度な専門力に加えて、幅広い教養、異文化・異分野を理解し協調・協働するためのコミュニケーション能力やグローバルな課題へ挑戦する力を付けられます。そして世界で活躍する気概を育み、リーダーシップの力を養う場になります。本学は、先にご紹介した大隅栄誉教授のおっしゃる真の基礎研究も、そして科学技術基本計画が示す世界的な課題解決に関わる応用研究もなし得る環境を整えています。自分の成長のために、また夢や目標の実現のために、本学のすべてを使い切る、生かし切るという気持ちで、大いに張り切ってほしいと思います。

今日から修士課程、専門職学位課程で大学院生活をスタートされる皆さんの多くは、2年後に就職することを念頭に置いておられると思います。その中でまず考えていただきたいのは、これからの2年間自分にどのような能力を身に付けて、将来どのような分野でどのような仕事をしたいのかというビジョンを作りながら進んで欲しいということです。すなわち、これから2年間にわたって取り組む研究は修士を修了するために必要な義務ではなく、皆さんが修了後に様々な分野で活躍して社会貢献を果たすために必要な基礎力を付けるために必要なものなのです。そのような気概をしっかり持ち、またそれを話せる人材を社会は求めています。本学大学院生としての自覚と、自分の将来を見据えて積極的に様々な能力を身につける熱意を持って、より高い目標に挑戦し続ける2年間であって欲しいと思います。

今日から博士後期課程に進む皆さんには、何より従事する研究分野において世界をリードする研究を手掛けていただきたいと思います。本学における教育の最高峰に臨む自覚と熱意を、しっかりと胸に抱いて挑戦し続けてほしいと思います。学位取得後には、国内外の大学や研究機関での世界最先端の科学技術研究に取り組み、新たな知の創出により人間社会に貢献する道、あるいは産業界に身を置いて我が国の産業の国際競争力を高めて社会貢献を果たす技術者となる道、あるいは会社を立ち上げる起業家になって新たな産業を興して社会に貢献する道、そしてその他にもいろいろな活躍の道を皆さんは選択できるのです。そのいずれの場合においても、博士号を持つ人材がリーダーシップを発揮し社会に貢献するためには、科学技術分野の専門性だけではなく周囲の人たちから尊敬される人間性を持つことが重要です。 繰り返しになりますが、在学期間中に高度な専門力に加えて、幅広い教養、異文化・異分野を理解し協調・協働するためのコミュニケーション能力やグローバルな課題へ挑戦する力を育むための弛まぬ努力をしてほしいと思います。

最後に、皆さんが学術の世界を堪能し、そして充実した学生生活を送り、東工大をさらに輝かせてくれることを期待するとともに、改めて入学のお祝いを申し上げ、式辞といたします。

平成29年4月4日
東京工業大学長 三島良直