東工大について

2013年のできごと

2013年、東京工業大学ではさまざまなできごとがありました。
みなさま、素晴らしい新年をお迎えください。
新しい一年も東京工業大学へのご支援をお願いいたします。

教育改革、始動

日本と世界に貢献する人材を育成するため、世界トップクラスの教育の質と環境の実現に向けた「教育改革」に着手しました。2016年4月スタートを目指して検討を進めています。

米国ケリー国務長官来学

2013年4月15日、東京工業大学において米国ケリー国務長官による講演会が開催されました。この講演は、第2期オバマ政権の国務長官として初のアジア地域における政策スピーチでした。

世界トップ10リサーチユニバーシティに向けて

我が国全体の研究力の強化を図るため、大学による研究環境整備などの取組を支援する、文部科学省「研究大学強化促進事業」に東京工業大学が採択されました。東工大は、「2030年に世界トップ10のリサーチユニバーシティへ」という目標に向かい、研究環境の改革や支援体制を構築し、国際競争力のある研究を促進するとともに、若手研究者の育成に取り組みます。

飛んだ! 20キロ

「第36回鳥人間コンテスト2013」に東京工業大学ものつくりサークル"Meister(マイスター)"が人力プロペラ機・ディスタンス部門に出場し、飛行距離20,399mで見事優勝を果たしました。3大会ぶり、5度目の優勝です。

キャンパスの歴史的建造物

2013年7月、東京工業大学大岡山キャンパスの3つの建築物、「西1号館(1931年)」、「本館(1934年)」、「70周年記念講堂(1950年代)」が文化庁より登録有形文化財(建造物)への登録が文化審議会の議を経て、文部科学大臣へ答申され、同12月24日正式登録されました。

省エネスパコン世界一

次世代TSUBAME 3.0のテストシステム、オイルによる冷却システムを備えた「TSUBAME-KFC」がGreen500(省エネ)において日本のスパコンとして初めて世界1位を達成しました。同時にGreenGraph500(省エネのビッグデータ処理)においても1位を獲得し、省エネに関するランキングで2冠を獲得しました。
また、2013年秋に2.0からアップグレードし、稼働を開始した東工大のスパコン「TSUBAME 2.5」はGreen 500(省エネ)世界6位、TOP500(処理速度)世界11位、国内2位にランクインし、高い総合力を示しました。

世界が注目する研究者

2013年9月25日、フロンティア研究機構の細野秀雄教授(物理学分野)、大隅良典特任教授(医学・生理学分野)が、「トムソン・ロイター引用栄誉賞(ノーベル賞有力候補者)」に選出されました。 同賞は、トムソン・ロイターが保有する世界最高水準の学術文献・引用データベース「Web of Science」上で被引用数の各分野上位0.1パーセントにランクする研究者から選出されます。

新しい東工大の顔

2013年10月1日、東京工業大学公式Webサイトがリニューアルオープンしました。
広く社会のみなさまに、東工大のさまざまな活動を、より素早く、よりわかりやすくお伝えできるサイトを展開していきます。

年始年末休業のお知らせ

東京工業大学は、以下の年末年始期間を休業いたします。
新年は1月6日(月)より業務を開始いたします。

休業期間 2013年12月28日(土)~2014年1月5日(日)