東工大について

2012年のできごと

2012年のできごと

笑顔の新学長登場

三島新学長

10月1日、三島良直学長が着任し、新執行部が発足しました。
三島学長は就任にあたり「自覚・熱意・挑戦」をキャッチフレーズに掲げ、世界最高の理工系総合大学の実現に向け、東工大は新たなスタートを切りました。
関連記事 ⇒ 自覚と熱意を持って、挑戦し続ける大学へ。

研究棟でさえ研究対象

グリーンヒルズ1号館

平成24年春、大岡山キャンパスに新しい研究棟「グリーンヒルズ1号館(環境エネルギーイノベーション棟)」が竣工しました。地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出量を60%以上削減し、しかも、棟内で消費する電力をほぼ自給自足できるエネルギーシステムをもつ、世界でも類をみない研究棟です。研究棟では、環境エネルギーに関する様々な研究がすすめられており、同時に、研究棟の発電と消費のデータを日々とっており、研究棟自身が研究対象でもあります。
関連記事 ⇒ グリーンヒルズ1号館(環境エネルギーイノベーション棟)竣工

地球と生命の原点を探る旅

WPI

理工学研究科地球惑星科学専攻の廣瀬敬教授を拠点長とした「地球生命研究所」が、平成24年度「世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)」に採択されました。
「地球はどうやって誕生したのか」「生命はいつどこで生まれどのように進化してきたのか」という人類の根源的な謎に迫ります。
関連記事 ⇒ 平成24年度「世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)」採択決定(廣瀬敬教授)

"元素"を解き明かす

プレスリリース 図表

フロンティア研究機構の細野秀雄教授が、平成24年度「元素戦略プロジェクト<研究拠点形成型>」の代表研究者に決定しました。鉱物資源が少ない我が国の産業競争力を強化するため、レアアースやレアメタル等を用いない、革新的な希少元素代替材料をつくりだすことを目的としています。
関連記事 ⇒ 平成24年度「元素戦略プロジェクト<研究拠点形成型>」採択決定(細野秀雄教授)

世界を動かす人材を育てます

グローバル教育院

平成23年4月に設置した「グローバルリーダー教育院」が、平成24年度文部科学省博士課程教育リーディングプログラムに採択されました。グローバルリーダー教育院(AGL)は、年間15名程度の厳選された学生を対象に、科学技術に関する卓越した知識を有し、グローバル社会を牽引する能力を持つ人材(グローバルリーダー)を輩出することを目的とした学位プログラムです。
関連記事 ⇒ 文部科学省博士課程教育リーディングプログラムについて
      グローバルリーダー教育院について

懐かしくて新しいキャンパスにお帰りなさい

ホームカミングデイ

5月27日(日)大岡山キャンパスで初めての、「ホームカミングデイ」を開催しました。様々な世代の卒業生とそのご家族など約950名が母校に集いました。
関連記事 ⇒ ホームカミングデイ開催報告(速報)
      ホームカミングデイ(すずかけ台キャンパス)開催報告 (速報)

工房の温もりを大岡山へ

益子焼展

益子焼の里、栃木県の益子町。東京近郊にありながら、身近に触れる機会は意外に少ない。その益子が東工大にやってきました。
関連記事 ⇒ 特別展示2012「東工大で益子焼 ~知る・ふれる・つかう~」(10/18〜28)

歌う、競う、届ける

今年も学生たちはさまざまな場面で活躍しました。その中からいくつかの活動をご紹介します。

コール・クライネス

学生サークル「コール・クライネス」が全日本合唱コンクール15年連続金賞受賞
関連記事

国際生体分子ロボコン 本学チーム

学生チーム、国際生体分子ロボコン(BIOMOD)世界大会で総合第3位ほか5つの賞を同時受賞
関連記事

iGEM世界大会 本学チーム

本学学生チームがiGEM世界大会で最優秀部門賞獲得
関連記事

東京工業大学写真洗浄プロジェクト

東京工業大学写真洗浄プロジェクト
2011年9月よりスタートした学生支援GP室の東京工業大学写真洗浄プロジェクト。東日本大震災による被災で破損した写真を洗浄しています。
学生支援GP室ブログ ⇒
東工大 学生支援GP室のあれこれ