清華大学との大学院合同プログラム

東工大と中国の理工系トップレベルの清華大学で、両大学の指導教員の指導を受けながら研究活動を行い、両大学の修士号を取得するプログラムです。

概要

この合同プログラムは、国際的リーダーシップを発揮できる優れた理工系人材養成を目的として2004年にスタートした、日本と海外の2つの学位取得を目指す、大学院レベルではわが国初のダブル・ディグリープログラムです。

本プログラムには、ナノテクノロジー、バイオ、社会理工学の3つのコースがあり、東工大から参加する学生と、中国・清華大学から参加する学生により構成されています。

カリキュラムは、日本語と中国語を主とし、東工大から参加する学生には、清華大学における修学に備えて、渡航前の中国語講座が用意されています。

東工大から参加する場合は、本プログラム修了に要する年数は、2.5年間です。4月に東工大修士課程に入学し、同年9月には、中国・清華大学に入学します。実際の中国滞在期間は、8月中旬から翌年7月までの1年間ですが、1年目の9月に清華大学へ入学してからのおよそ2年間は、東工大と清華大双方に学籍を有し、この間、日中両大学の指導教員から指導を受け、両大学からそれぞれ修士学位を取得することを目指します。

参加者は、これまでに日中双方から130名以上となり、90名におよぶ修了生たちは、日中双方で得た、最先端の知識、言語、文化と、人的ネットワークを活かして世界中のさまざまな分野で活躍中です。

詳しくは以下のウェブサイトをご覧ください。

古月堂(清華大学キャンパス内国際交流処)1

古月堂(清華大学キャンパス内国際交流処)1

古月堂(清華大学キャンパス内国際交流処)2

古月堂(清華大学キャンパス内国際交流処)2

古月堂(清華大学キャンパス内国際交流処)3

古月堂(清華大学キャンパス内国際交流処)3

清華園_門

清華園_門

清華大キャンパス内建物1

清華大キャンパス内建物1

清華大キャンパス内建物2

清華大キャンパス内建物2

関連リンク