学長からのメッセージ

主体的な学生生活を送ってください。学長:三島 良直

学長の三島良直から、在学生の皆さんへのメッセージです。

とにかく視野を拡げてほしい。

東京工業大学の学生には、「一つのことは極めているが、他のことは分からない」という視野の狭い人にはなって欲しくありません。自分の専門分野の周辺のことを知り、世界のことも知る。そういう視野の広い人になって欲しいと思っています。
そのためには、学内だけに留まっているのではなく、以下のことに是非取り組んで下さい。

  • 学生生活の中で、1回は海外に出る。在学中に海外の大学で勉強する機会を作る。世界のレベルを肌で感じることは、あなたをレベルアップさせます。
  • 英語を勉強する。英語ができないと、世界では通用しません。
  • OBや専門分野で活躍している人の話を聞く。あなたが知らないことに気付かせてくれるはずです。
  • 運動やサークル等の課外活動をがんばる。頑張ったからこそ得られる体験や仲間は、あなたの人生の財産になります。

これらの取り組みは、将来どんな道に進むにしても、必ずあなたの力になります。

自分が動けば、世界が動く。

学長:三島 良直

同じ学ぶ場でも、高校と大学は全く質が異なる場です。高校は教えてもらうという受動的な要素が強くあります。しかし、大学は自分で考え、動くという主体性が求められます。
まずは、自分の将来を描き、自分が何になりたいかを考えてください。そして、そのために何を勉強しないといけないかを真剣に考えてください。

しかし、それは簡単に見つかるものではありません。周囲の人があなたの代わりに見つけられるものでもありません。厳しいようですが、最終的に自分で見つけなければいけないことです。
あなたの代わりはできませんが、あなたが主体的に考え、動いている限り、大学は全力でサポートをすること約束します。