イベント

教育革新シンポジウム CITL INSTITUTE 2017

RSS

2015年から数えて第3回目の開催となる本シンポジウムは、「21世紀の大学像と学生の学び」をテーマとして開催します。

2016年度教育革新シンポジウムの様子

2016年度教育革新シンポジウムの様子

開催概要

日時
2017年10月17日(火)14:00 - 17:45(受付開始 13:30 -)
会場
目的
21世紀の大学像とは何か、またそこでの学生の学びはどう変化し、どう支援できるのか。アメリカ先進事例や東工大で行われている取り組みから、学内外の高等教育関係者とともに、教授学習支援方策を考える機会としたい。
対象
本学教職員・学生・他大学教職員など
申込方法
お申し込みは、申し込みページouterからお願いいたします。

内容

基調講演(同時通訳あり)

“Trends in Higher Education in the US and Georgia Tech's Response”

(アメリカの高等教育の動向とジョージア工科大の対応)

Dr. Stephen Harmon

ケーススタディ1

「GSA(Graduate Student Assistant)制度」

室田真男/東京工業大学 リベラルアーツ研究教育院 教授(教育担当副院長)

ケーススタディ2

「自己調整学習能力を育む学習支援」

渡辺雄貴/東京工業大学 教育革新センター 准教授

大浦弘樹/東京工業大学 教育革新センター 特任准教授

ポスターセッション

CITLの活動報告や、学内の取り組み、

アクティブラーニング支援制度採択授業の取り組み、創造性育成科目等の取り組み、

CITL協定校の取り組みなどの紹介

ラウンドテーブル

「21世紀の大学像と学生の学び」

詳しくは以下のチラシをご覧ください。

教育改革シンポジウム チラシ表

教育改革シンポジウム チラシ裏

お問い合わせ先

教育革新センター

E-mail : citl@jim.titech.ac.jp
Tel: 03-5734-2993

更新日:2017.09.28