東工大への寄附

東工大基金の活用

東工大基金活用の4つの柱

東工大は、「教育」「研究」「社会連携」「国際交流」の4つを大学運営の柱にしています。
東工大基金の活用もこの4つの柱に従って行なっています。

教育 グローバル社会で活躍する修士輩出 世界トップレベル研究者・リーダーとしての博士輩出

  • 多種多様な奨学金の創設
  • 被災学生支援
  • 海外派遣支援
  • サークル活動支援
[活用事例]

研究 世界的な研究成果とイノベーションの創出 システム・基盤整備による研究力の強化

  • 若手研究者の斬新な発想 「研究の種発掘」支援
  • 世界No.1となる研究・開発支援
  • 将来、国家プロジェクトのテーマになりうる研究を推進している若手研究者「東工大の星」への支援
[活用事例]

社会連携 教育及び研究成果の社会への還元

  • 小中高生の理科教育振興支援
  • 東工大の今を体感する博物館を活用した科学技術教育プラットフォームの形成
[活用事例]

国際交流 国際的教育・研究環境の構築

  • 短期留学生受入支援
  • 日本人学生、留学生混住型寮整備
  • 日タイ人材教育ネットワーク等の国際貢献支援
[活用事例]