大学院で学びたい方

研究生

研究生(日本人)について

<概略>

特定事項についての研究を目的として在学し研究を受けるための制度として、研究生の制度があります。ここでご説明する研究生の制度は、本学の大学院を修了し、引き続き継続して研究する場合等、自らの研究目的で教育を受ける制度です。

大学が受け入れている同様な制度に受託研究等の制度もありますが、異なる点として本人が自発的に研究するための教育を受けるという点が受託研究等の制度との大きな相違と言えます。会社等の命令に基づく場合は、この研究生の趣旨とは相違します。

1. 資格

研究するのに十分な学力を有すると認められる者。

2. 希望指導教員の選定

出願にあたって予め希望指導教員の承諾が必要になりますので、当該教員等と事前の相談をお願いします。

3. 出願の時期等

4月入学は2月中旬頃、5月入学は3月下旬頃、9月入学は8月下旬頃に手続が必要になります。

なお、出願に必要な書類は次のとおりです。

出願要項PDF

1.
願書及び履歴書PDF
2.
最終学校の卒業・修了証明書及び成績証明書
3.
所属長の承諾・確認書(在職中の者)PDF
4.
宛名票
5.
検定料の支払いが確認できるもの(郵便振替払込受領証)
6.
その他本学が必要とする書類等

4. 入学の許可等

上記3の出願に基づき、入学を許可した者には、入学許可(内定)通知書及び関係書類を送付します。
本学の指定する期日までに手続きが完了すれば研究生として許可されます。
なお、出願を取り消す場合等は速やかに担当係まで連絡をお願いします。

5. 授業料等

必要な経費は、選考手続きのため検定料9,800円、入学料84,600円、授業料半期分178,200円(平成28年度)になります。
なお、一旦納入された検定料、入学料及び授業料は返金できませんので御承知おきくださるようお願いします。

6. その他

研究の完了その他本人の事情により年度途中で退学する場合は、 その1ヶ月前までに退学願PDF(所定用紙)を教務課学籍管理担当に必ず提出してください。
在籍者には、1月初旬頃、研究室宛に「延長」又は「終了」に必要な書類を送りますので、研究期間を延長する場合は、入学時同様予め指導教員の承諾を得て、2月中旬までに
1.研究期間延長願PDF 2. 所属長の承諾・確認書を教務課学籍管理担当へ提出してください。

その他不明な点のお問い合わせや出願に係る用紙等の請求は、原則窓口で直接お願いしています。また出願要項を郵送にてご希望の方は、返信用封 筒(A4の書類が入る大きさ(角二)、郵便切手120円貼付、返信先の住所氏名記入)および「研究生の出願要項を希望」と書いたものを同封の上、下記連絡先までお送りください。

なお、研究生の関係する申請書等の用紙は、ここから入手できます。

担当係連絡先
〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1
東京工業大学学務部教務課学籍管理担当
電話 03-5734-3007  FAX 03-5734-3674
E-mail: kyo.gsk@jim.titech.ac.jp