大学院で学びたい方

サマープログラム(Tokyo Tech Summer Program)

サマープログラム 2017

サマープログラムは、6月上旬から9月中旬に、世界トップレベルの理工系大学より学生を受入れ、A:短期集中講義やPBL(Project-Based Learning)と呼ばれる課題解決型学習を受講する「授業中心プログラム」とB:研究室でのリサーチ・プロジェクトに従事する「研究中心プログラム」を提供します。

また、先端企業見学や日本文化体験、東工大生との交流会など、留学生が日本の技術や文化への理解を深めるためのイベントを開催します。

プログラム種別
A:授業中心プログラム
B:研究中心プログラム
プログラム実施期間
2017年7月3日~28日
1) 2017年6月5日~
8月9日
2) 2017年7月3日~
9月8日
4週間
10週間
10週間
2016年参加校
北米:ブラウン大学、カリフォルニア工科大学、カーネギーメロン大学、マサチューセッツ工科大学、カリフォルニア大学バークレー校、カリフォルニア大学サンタバーバラ校、ワシントン大学、ウィスコンシン大学マディソン校
ヨーロッパ:ウィーン工科大学、パリテック、アーヘン工科大学、ミュンヘン工科大学、デルフト工科大学、ヨーク大学
アジア/オセアニア:香港科技大学、清華大学、南洋理工大学、メルボルン大学、ニューサウスウェールズ大学
応募資格
上記対象校の学部生
上記対象校の学部2年生以上および大学院生
プログラム概要
サマープログラム集中講義(予定)

研究室に所属し、
受入教員の指導のもとで研究活動を行う。

  • Environment & Energy(3単位)
  • Engineering Design(2単位)
  • Communicating Science and Engineering in Society(1単位)
  • Modern Japanese Architecture(1単位)
  • 日本語クラス1、2(初級者用)各1単位
企業見学
日本文化体験
東工大生サークル活動体験/東工大生との交流
単位付与
東工大からは成績通知書を発行、所属大学にて本人が認定手続きを行う。
語学要件
TOEFL、IELTS、TOEICもしくはそれに替わる英語能力テストのスコアの写しを強く推奨する。
(英語を母語としない学生のみ)
受け入れ人数
20
20
授業料等
入学料、検定料、授業料は不徴収。
プログラム参加費用
(アクティビティー費、宿舎費を含む)
約16万円
約26万円

※変更の可能性あり。

宿舎
プログラムにて民間宿舎を手配。費用は参加費に含まれる。
支払い方法
クレジットカードによる支払い
奨学金
日本学生支援機構(JASSO)の海外留学支援制度による奨学金(80,000円/月)支給の可能性有り
保険
学研災、学研賠への加入、および各種海外旅行保険への事前加入必須。
ビザ
90日未満の滞在のため原則不要。(ビザが必要な出身国の学生には必要書類を発行。)
申請方法
応募締切
2017年1月31日
パンフレット

問い合わせ先

留学生交流課 サマープログラム担当

E-mail : summer.program@jim.titech.ac.jp