大学院で学びたい方

メルボルンからの手紙(メルボルン大学)

氏名: Timothy Baldwin博士
所属: メルボルン大学 情報科学ソフトウェア工学科准教授

情報科学ソフトウェア工学科の入るICT棟 情報科学ソフトウェア工学科の入るICT棟

芝生の上でくつろぐ学生 芝生の上でくつろぐ学生

私は、1995年から2001年まで東京工業大学大学院の故 田中穂積教授の研究室で学び、修士およびと博士学位を取得しました。その後、2004年にオーストラリアに帰国し、メルボルン大学言語技術部門の共同責任者として運営に携わっています。

メルボルン大学は1853年に設立され、研究、教育、革新のいずれの分野においても常に世界をリードしてきた長い歴史を持つ名門大学です。大学には約44000人の学生と3300人以上の教職員が在籍し、文化や組織そしてレクレーション等をとおして社会的相互交流やリーダシップ、自己啓発の発展を促す機会が大変充実している研究主導の大学です。東京工業大学と関係の深い工学研究科は、街の中心からも近く活気のある地区Parksvilleに位置するメインキャンパス内にあります。

メルボルン大学と東京工業大学間の学生交流プログラムは1994年から始まり、以来工学研究科を中心に活発な活動を実施しています。私が東京工業大学の大学院で研究したいと考えるようになったのもこの交流プログラムがきっかけでした。所属研究室で同じ目的を持った研究仲間と支え合いながら、常に活気と新しいアイデアにあふれる環境で世界トップレベルの教育の恩恵にあずかることができたのは大変幸運だったと感じています。

今後も二大学間が更に絆を深め、交流や研究において一層の協力関係が築けることを強く願っております。

Tokyo Institute of Technology Bulletin No. 15 (2010年3月)