大学院で学びたい方

よくある質問

Q1: 国費外国人留学生への応募資格や条件は、どのようなものになりますか?

A1: 国費外国人留学生に応募するにあたっての主要な応募資格及び申請条件を以下に記載します。

詳細については、留学生向け奨学金のページの「日本国政府(文部科学省)奨学金への応募資格及び条件」の項目をご覧ください。

学部留学生・研究留学生共通

1) 国籍:日本政府と国交のある国のものを有すること。<大使館推薦の場合>無国籍者も対象とする。

2) 査証・在留資格:渡日時に「留学」の査証を必ず取得していること。また、国費外国人留学生として日本滞在中の在留資格は「留学」でなければならない。

3) その他:次に掲げる者については、採用しない。

  • 過去に国費外国人留学生であった者については、終了後採用時までに3年以上の教育研究の経歴がない者。
  • 日本政府(文部科学省)以外の機関(自国政府機関を含む。)から奨学金等を受給する者。
  • 本奨学金における他大学との重複申請、日本政府(文部科学省)及び独立行政法人日本学生支援機構が実施している留学生を対象とした支援制度と併給する者。

学部留学生

1) 年齢:日本語等予備教育機関入学年の4月1日現在で17歳以上22歳未満の者。

2) 学歴:学校教育における12年の課程を修了した者又は高等学校に対応する学校の課程を修了した者等。

3) 日本語:日本語を学習し、かつ、原則として日本語で大学教育を受けようとする者。

研究留学生

1) 対象:<大学推薦の場合>大学院レベルの留学生として新たに海外から留学する者。

2) 年齢:本学入学年の4月1日現在で35歳未満の者。

3) 学歴:日本の大学を卒業した者又はこれと同等以上の学力があると認められた者等。

4) 日本語等:<大使館推薦の場合>積極的に日本語を学習しようとする意欲のある者。日本について関心があり、渡日後も進んで日本に対する理解を深めようとする意欲があること。

Q2: 国費外国人留学生として東工大に入学したいのですが、どうしたらいいですか?

A2: 国費外国人留学生として本学に入学するには、入学前に日本国政府(文部科学省)奨学金に申請する必要があります。本学入学前に申請することのできる日本国政府(文部科学省)奨学金には、大使館推薦と大学推薦の2種類があります。

大使館推薦は国籍国の大使館に、大学推薦は直接本学に申請する必要があります。本学で実施している大学推薦には2種類あります。
なお、上記のいずれか2種類以上に同時に申請することはできません。
詳細については、留学生向け奨学金のページの「大使館推薦」及び「大学推薦」の項目をご覧ください。

Q3: 奨学金の金額は、いくらですか?

A3: 奨学金の給付内容は以下の通りです。

学部留学生

月額120,000円

研究留学生

1) 日本語研修生及び研究生

月額146,000円

2) 修士課程学生

月額147,000円

3) 博士後期課程学生

月額148,000円

※ 金額は変更となる場合があります。

上記に加え、文部科学省の規程により、留学生の居住地(国籍国に限る)最寄りの国際空港と成田又は羽田国際空港間の下級航空券が支給されます。さらに、検定料、入学料及び授業料は徴収されません。

Q4: 私費外国人留学生として東工大に入学する予定ですが、入学してから国費外国人留学生になることはできますか?

A4: 本学に在籍する私費外国人留学生が日本国政府(文部科学省)奨学金に申請できる「国内採用」の制度があります。

国内採用に応募するには、毎年9月上旬に学生支援課で募集している民間奨学金登録申請をする必要があります。詳細は、こちらをご覧ください。