研究

東工大ニュース

地球温暖化による世界の洪水リスクの見通し

2013.06.10

要約

ポイント

  • 11 の最新気候モデル出力(*)と最先端の河川・氾濫モデル(*)を用いることによって、最新の4 つの気候変化シナリオ(*)に基づいた2100 年までの世界の洪水リスクの変化を推計した。(全球洪水リスク研究においては、*が科学面での新規性である。)
  • 地球温暖化が進んだ場合、アジア・アフリカの湿潤地域での洪水リスク増大が顕著である。
  • 温室効果ガス排出削減目標策定に洪水リスクを組み入れるための第一歩となる情報を、世界で初めて提示した。それを通して、適応策の重要性も示唆された。

概要

東京大学大学院工学系研究科の平林由希子准教授と東京工業大学大学院理工学研究科の鼎信次郎教授の研究グループは、東京大学生産技術研究所、英国ブリストル大学の研究者らと共同で、11の最新気候モデル出力と最先端の河川・氾濫モデルを用いることによって、

研究の内容,背景,意義,今後の展開等

本件に関するお問い合せ先
鼎 信次郎
大学院理工学研究科 土木工学専攻 教授