研究

東工大ニュース

フィリピンへの超短期派遣プログラム実施報告

2017.05.22

3月1日から3月10日にかけて、グローバル理工人育成コースにおける留学プログラムの1つとして、東工大フィリピンオフィスが主催でフィリピンへの超短期派遣プログラムを実施し、学士課程の1年生から4年生までの学生計7名が参加しました。

現地の学生に交ざってデラサール大学マニラ校の授業を聴講し、デラサール大学やフィリピン大学の現地学生と交流を行いました。これは今後の長期留学の具体的なイメージを掴む貴重な機会となりました。また、国際協力機構(JICA)フィリピン事務所、国際稲研究所(International Rice Research Institute)、JICAプロジェクトサイト(パラニャケ下水処理場)へ訪問し、貧困格差是正・農業技術向上・インフラ整備などのフィリピンにおける諸課題を学んだことで、多くの学生がテクノロジーによって国際的な問題解決に関与していきたいという感想を抱きました。

本学では学士課程卒業生の9割が大学院へ進学することから、大学院課程修了後に新興国を含む世界でリーダーシップを発揮できる人材を育成すべく、学士課程卒業後に大学院課程において国際水準の教育研究活動を行い得る、高度な能力を身に付けさせることを目的として学士課程に設置されたコースで、「国際意識醸成プログラム」、「英語力・コミュニケーション力強化プログラム」、「科学技術を用いた国際協力実践プログラム」、「実践型海外派遣プログラム」の4つのプログラムにより構成されます。
デラサール大学マニラ校の学生と

デラサール大学マニラ校の学生と

デラサール大学科学技術複合施設にて

デラサール大学科学技術複合施設にて

スケジュール

3月1日(水)
東京国際空港(羽田)発―ニノイ・アキノ国際空港(マニラ)着
3月2日(木)
デラサール大学マニラ校訪問・見学・講義参加
3月3日(金)
デラサール大学マニラ校訪問・見学・講義参加・在学生との交流会(発表)
3月4日(土)
タガイタイ訪問
3月5日(日)
イントラムロス訪問
3月6日(月)
デラサール大学科学技術複合施設(Science and Technology Complex)訪問・見学、
国際稲研究所(International Rice Research Institute)訪問・見学
3月7日(火)
JICAフィリピン事務所訪問、アヤラ博物館訪問
3月8日(水)
JICAプロジェクトサイト(パラニャケ下水処理場)訪問、ユニカセ(社会的企業)訪問
3月9日(木)
フィリピン大学ディリマン校訪問・見学、在学生との交流会
3月10日(金)
ニノイ・アキノ国際空港(マニラ)発―東京国際空港(羽田)着

お問い合わせ先

国際部 国際事業課 国際事業グループ

Email : kokuji.jig@jim.titech.ac.jp

Tel : 03-5734-7607