研究

東工大ニュース

東工大マイスターが出場する「鳥人間コンテスト2017」が読売テレビ・日本テレビ系で放送

2017.08.16

東工大のものつくりサークル「マイスター(Meister)」が、7月30日に滋賀県彦根市の琵琶湖にて行われた「第40回鳥人間コンテスト2017」の人力プロペラ機ディスタンス部門に出場しました。

同コンテストの模様は、2017年8月23日(水)午後7時から読売テレビ・日本テレビ系「鳥人間コンテスト2017」にて放送予定です。

練習中のMeister

マイスター代表 張葉平さん(工学部 無機材料工学科 3年)のコメント

7月30日にマイスターが鳥人間コンテストに出場してきました。

前回は出場できなかったので、東工大復活・リベンジをかけての出場でした。

本年のマイスターの特徴の三本柱は、「歴代最強最重量級パイロット」「超高性能機体」「男子のみによるチーム」です。

歴代最強最重量級パイロット

パイロットの五十嵐俊介(工学部 機械宇宙学科 3年)は、体重・出力ともに歴代最高でした。1年生のパイロット選考時設計出力を超える出力を出した彼は、本コンテストへの出場に向けて、そのしぼられた筋肉にさらなる磨きをかけました。操舵に関しても歴代ナンバーワンの技術と名高く、安定した飛行ができました。

超高性能機体

左右非対称フェアリング
左右非対称フェアリング

マイスターの機体は毎年改良を続けていますが、今回は例年の精度の高さと比較しても格段に高性能化しました。特に今回は、東工大のスーパーコンピュータ「TSUBAME」を利用して、空気力学的に良い特性を持つフェアリング(コックピット)を設計することに力を入れました。前回から解析に解析を加え、ついに「左右非対称フェアリング」という解を得ました。

フェアリング…空気抵抗を軽減するため、飛行機、自動車、オートバイなどの前面に取り付けられる覆いのこと。

男子のみによるチーム

チームとしては、男子だけというストイックなチームであり、独特な色を持ったチームでした。お互いを叱咤激励しながら頑張った1年でした。

1年間、寝る間を惜しんで作ったマイスターの機体、パイロットの最後の粘りをご覧いただけたら幸いです。

  • 番組名
    読売テレビ・日本テレビ系「鳥人間コンテスト2017」
  • 放送予定日
    2017年8月23日(水)19:00 -
練習中のMeister
練習中のMeister

お問い合わせ先

広報・社会連携本部 広報・地域連携部門

E-mail : media@jim.titech.ac.jp
Tel : 03-5734-2975