社会連携

ホームカミングデイ2015

Welcome back

今年で4回目を迎えるホームカミングデイは、卒業生をはじめ、東工大に関わる全ての方、そして地域の方々に東工大に足を運んでいただいて交流を深めるイベントです。また、将来、「東工大ファミリー」になっていただく、高校生や小中学生にも東工大を楽しんでいただきたいと思っています。東工大の教職員と学生が一丸となって、皆様に楽しい1日を過ごしていただけるよう様々な企画を準備しています。また、同窓生や恩師との旧交を深める場として、在学生と卒業生をつなぐ場として、そして高校生、小中学生、地域の方々に東工大の今を知っていただく場として、この機会にぜひ東工大にお越しください。

ホームカミングデイの開催日程はキャンパスごとに異なります。すずかけ台キャンパスでは、東工大の学園祭であるすずかけ祭開催に合わせて5月16日(土)に、大岡山キャンパスでは、5月23日(土)にそれぞれ開催します。

5.16(土)開催2015東京工業大学ホームカミングデイすずかけ台キャンパス

すずかけ台キャンパスでは、ホームカミングデイ(5月16日)に合わせて、オープンキャンパスを15日(金)~17日(日)、「すずかけ祭」を5月16日(土)~17日(日)の日程で同時開催します。オープンキャンパスでは、普段は見ることのできない最先端研究が行われている60を超える研究室を公開します。それぞれの研究内容をわかりやすく説明する発表や、お子様にも楽しんでいただける体験コーナーも数多く用意していますので、ご家族でお楽しみいただけます。

すずかけ祭では、学生企画のコンサート、模擬店の出店やパフォーマンスなど、たくさんのイベントが企画されています。今年はスタンプを集めると抽選で景品がもらえるスタンプラリーも予定していますので、風薫るこの時期に、緑豊かなキャンパスを散策してみてはいかがでしょうか。キャンパス全体が活気あふれるこの機会に、ぜひすずかけ台キャンパスをご体験ください。

5.23(土)開催2015東京工業大学ホームカミングデイ大岡山キャンパス

大岡山キャンパスのホームカミングデイ(5月23日)は、今年からリニューアルして東工大の学園祭である工大祭の雰囲気も加えています。以下の「今年の見どころ」の新企画をはじめ、「鳥人間コンテストに出場した人力飛行機(全幅34m)の組み立てデモ」、理学部、工学部、そして生命理工学部の学科紹介、同窓会主催の講演会、学生主催のおいしいもの満載の屋台など大いに楽しんでください。

今年の見どころ

東工大レクチャーシアター 東工大レクチャーシアター

この春、大岡山キャンパス西5号館の階段教室を改修し、最新鋭機器を完備した新しい講義室「東工大レクチャーシアター」が竣工しました。まるで劇場のような雰囲気で楽しい実験付き講義を受けることが出来ます。

ホームカミングデイにお越しのみなさまに、早速この最先端シアターでの講義を体験していただこうと、2種類の実験講義を用意しています。ひとつめは東工大教員が“カガク”という名の魔法で高校生を魅了する「魔法教室」、そして独創的でユーモアあふれる研究や業績に贈られるイグノーベル賞受賞の北里大の馬渕清資教授(東工大卒)による“バナナの皮はなぜ滑る?”の実験付きの講演「科学技術と文化」です。オープンしたての「東工大レクチャーシアター」で、臨場感たっぷりの講義をお楽しみください。

魔法教室Lecture1「月はひと月でできた」より 魔法教室Lecture1 「月はひと月でできた」より

2014年イグノーベル受賞の北里大の馬渕清資教授(東工大卒) 2014年イグノーベル受賞の北里大の馬渕清資教授(東工大卒)

レクチャーシアターでは、東工大学生の保護者の皆様に向けて、博士課程修了者にお話をいただく企画「OB、OGが語る大学院の魅力」もあります。一般の方もぜひ、ご参加ください。