社会連携

東工大の夏休みイベント 2017

東工大の夏休みイベント 2017

7月から8月の夏休み期間にあわせて、東京工業大学では体験型プログラムやオープンキャンパスなど、小学生や中高生に向けたさまざまなイベントや企画を開催します。この夏、東工大を体験してみませんか。

一部の企画は定員に達している可能性があります。予めご了承ください。

夏休み親子工作教室 ―自分だけの「カンカラ三線!」を作ろう―

日時
7月27日(木) 10:00 - 15:00
対象
小学生とその保護者(小学生1名+保護者1名で一組とする)10組20名
イベント詳細

カンカラ三線 完成イメージカンカラ三線 完成イメージ

音の不思議さを知っていただくために、打楽器に注目してみました。空き缶を使って沖縄の三味線、自分だけの「カンカラ三線」を作ります。

親子で一緒に工作することを通して、ものつくりの喜びや楽しみを体験できます。

目で見てわかる昔の日本語と今の日本語 : タイムマシンに乗らずに行ける昔の世界

日時
8月2日(水) 10:00 - 17:15(受付9:50 - 10:00)
対象
中学生20名
イベント詳細

昨年度のイベントの様子(中央が講師の山元啓史准教授)

昨年度のイベントの様子(中央が講師の山元啓史准教授)

昨年度のイベントの様子(中央が講師の山元啓史准教授)

ことばは時代につれて変化していきます。私たちが知っている言葉の意味は、昔の言葉の意味とまったく同じではありません。もしタイムマシンに乗って昔の日本語が聞けたなら、「何か変だぞ、違うぞ」と思うかもしれません。昔の文章から、言葉の使い方を図に描いて目で見ることができます。そんな目で見てわかる昔の言葉の世界について学んでみませんか。

高校生・受験生のためのオープンキャンパス2017(大岡山キャンパス)

日時
8月10日(木) 10:00 - 17:00
対象
高校生・受験生
イベント詳細

高校生・受験生のためのオープンキャンパス2017

東工大では、自らの興味や関心に基づく幅広い選択やチャレンジが可能になるカリキュラム、留学がしやすい授業制度(クォーター制)など、みなさんの夢や希望を実現するために学べる新しい教育システムを用意しています。昨年、日本で初めて学部と大学院を統一した「学院」や、人文社会の教養教育を目的とした「リベラルアーツ研究教育院」を創設するなどの教育改革を行いました。

オープンキャンパスでは、模擬講義や講演会、そして研究室公開などを通じて、教員や学生が東工大の魅力をわかりやすく伝えます。

「マナビゲート2017」with Robogals Tokyo

日時
8月19日(土)- 8月20日(日) 10:00 - 17:00
対象
小学生・中学生
イベント詳細

2016年に実施された「マナビゲート2016の様子」(提供:株式会社 大学通信)2016年に実施された「マナビゲート2016」の様子
(提供:株式会社 大学通信)

東京国際フォーラムにて開催される学び体験フェア「マナビゲート2017」に、東京工業大学がブース出展します。学び体験フェアマナビゲートは、子ども目線でアレンジした大学の知的財産を、子どもたちに「見て・聞いて・触れて」体験してもらう夏休みイベントです。東工大の学生団体の「Robogals Tokyo」と一緒に、教育用ロボットのレゴ®マインドストーム®を使った簡単なプログラミング体験や、ロボットを自由自在に操作してみませんか。

地球とあそぼう2017 ―石の不思議を調べて地球を知ろう―

日時
8月26日(土) 9:45 -、13:45- のいずれか(2回開催)
対象
小学5、6年生
イベント詳細

「地球とあそぼう2017」では、グループごとに大きく分けて3つの実習を行います。鉱物に残された地球の歴史と秘密に触れてみませんか。

1.
きれいな鉱物をタガネで宝石のような形にけずって、その形や色を観察
2.
南アメリカ・ボリビア産化石を砂利の中から探し出す
3.
重液という薬品を使って重い石と軽い石に分ける実験

重液という薬品を使って重い石と軽い石に分ける実験をしよう重液という薬品を使って重い石と軽い石に分ける実験をしよう

鉱物を割って、割れ方やその面を観察しよう鉱物を割って、割れ方やその面を観察しよう

そのほか、最新のイベント情報はイベントカレンダーをご覧ください。

SPECIAL TOPICS

スペシャルトピックスでは本学の教育研究の取組や人物、ニュース、イベントなど旬な話題を定期的な読み物としてピックアップしています。SPECIAL TOPICS GALLERY から過去のすべての記事をご覧いただけます。

2017年7月掲載