研究

研究プレスリリース

2012.12.11
CMOS/スピントロニクス融合技術を用いた新しい低消費電力技術を開発
2012.12.11
CMOS ロジックの消費電力を大幅に削減する新しいデバイス・回路技術確立
2012.12.11
「提言:理学の基礎研究を担う若手研究者の継続的な支援の充実を求める」について
2012.11.20
火星の水の起源を突き止めた ー地球型惑星の"水"はどこからもたらされたのかー
2012.11.16
スーパーコンピュータ「京」によるダークマターシミュレーションがゴードン・ベル賞を受賞
2012.11.09
スーパーコンピュータ『京』による世界最大規模のダークマターシミュレーションに成功
2012.10.24
多種多様なRIビームのスピンを操作する新手法を開発
2012.10.22
高活性なアンモニア合成触媒を実現-アンモニア合成の新技術として期待-
2012.10.22
多種多様なRIビームのスピンを操作する新手法を開発 -2段階のRI 生成反応であらゆるRIビームに対してのスピン操作と大強度化を実現-
2012.10.19
プラセオジム・ニッケル酸化物の高い酸素透過率の原因を解明-燃料電池など、性能向上へ-
2012.10.17
新たなLED照明の可能性を拓く ありふれた元素から、新しい蛍光体を開発。
2012.10.17
新たなLED照明の可能性を拓く ありふれた元素から、新しい蛍光体を開発。
2012.10.09
都心部の気流を1mの解像度でシミュレーション  ~スパコンを駆使し、10km四方の計算に成功~
2012.10.09
過剰な炎症反応を抑える仕組みを解明 -関節リウマチなど自己免疫疾患の病態が明らかに-
2012.10.01
細胞分裂をひきおこす分子を解明 -癌や染色体異常の原因究明と治療に貢献-
2012.07.11
鉄系超伝導体:新メカニズムを示唆する決定的な実験結果
2012.07.09
CERN/LHCの国際共同実験グループ(ATLAS、CMS)がヒッグス粒子探索の最新結果を発表:新素粒子の存在を観測
2012.06.29
100億分の1秒で光増感分子の動きを観測 ~太陽電池や光触媒の機能をつかさどる光励起(※1)構造を解明~
2012.06.18
24時間リズムを生み出す遺伝子発現調節機構を解明 ― 正負の転写制御因子の協調により細胞の「時」が正確に刻まれる―
2012.06.12
新しいニュートリノ振動の存在を99.9%の確からしさで確認~ダブルショー実験の最新の結果から~
2012.05.30
水泳ヒューマノイドロボットを開発 -競泳選手へのフィードバックや水着開発への応用に期待-
2012.05.23
細胞内のタンパク質のフォールディング(立体構造形成)を再現することに成功-分子シャペロンタンパク質の効果を網羅的に評価することで高機能タンパク質生産への道を開拓-
2012.04.19
曲がった空間を動く電子の観測に成功 -アインシュタインの光重力レンズ効果以来、物質系で初-
2012.04.13
カラムナー液晶においてカラム軸に平行な自発分極を持つ強誘電性を確認 ―超高密度メモリー素子への挑戦-
2012.04.11
ウラン化合物で自発的に回転対称性を破った超伝導を検出 -四半世紀以上の謎であった超伝導発現機構解明に重要な手がかり-
2012.04.03
不思議な素粒子ニュートリノの性質を探る
2012.03.16
持続可能性に向け国際政治の枠組み変更を -科学界が根本的な国連改革を提起-
2012.03.16
デフォルメ化で変わる動作認識 -サーブするテニスプレーヤーのCG映像で実証-
2012.03.15
力触覚を正確に再現するハプティックインタフェースを開発-バーチャルリアリティを身近に体感-
2012.02.24
携帯電話による入試の不正行為を検出法を開発
2012.02.20
加速器BNCT用液体リチウムターゲットを開発-都市部病院に設置可能な小型照射システムにめど-
2012.02.01
強磁場実験で磁気の量子力学的発生過程を検証
2012.02.01
毎秒1Gビットで4km伝送可能なミリ波帯無線システムを開発  ~光ファイバーネットワークと無線ネットワークをシームレスに接続~

取材申し込み

本学の教職員、学生への取材をご希望の方は、以下の【取材申し込みフォーム】から必要事項を入力し、送信してください。

お急ぎの場合は広報センター(E-mail: media@jim.titech.ac.jp, TEL: 03-5734-2975)に直接ご連絡ください。

取材申し込み