研究

研究プレスリリース

2014.12.24
火星に新しい水素の貯蔵庫を発見 ―火星の海はどこへ消えたのか?―
2014.12.12
生細胞中だけで発光する刺激応答型蛍光ナノ粒子を開発 ―蛍光造影による診断精度の向上や薬の放出を確認可能なDDS実現へ―
2014.12.09
クッシング病の原因遺伝子と発症機構を解明 ―難病の治療薬開発に向け大きな一歩に―
2014.12.04
加速度を超広域・高分解能で検知可能なMEMSセンサを開発
2014.12.03
生体内のタンパク質の酸化還元状態を可視化 ―DNAを着脱自在にした修飾化合物を利用して総合的分析を実現―
2014.12.02
ガラスがゴムになる ―エントロピー弾性を示す酸化物ガラスを実現―
2014.11.20
分子のカゴで毒を薬に ―癌の簡便な治療薬の開発につながる成果―
2014.11.18
ゲノムによって解き明かされた巨大硫黄酸化細菌の生理生態
2014.11.13
大学発超小型人工衛星「TSUBAME」打ち上げ成功・運用開始
2014.10.28
剛能く柔を制す:分子チューブによる"ひも状"生体分子の識別
2014.10.21
アフリカ・シクリッドの多様性は過去のゲノム多型が基盤 ―シクリッド5種の全ゲノム配列を決定して解明―
2014.10.03
光強度の増加とともに吸収効率が向上する材料を開発
2014.09.29
松岡聡教授がスーパーコンピュータの最高峰学術賞「シドニー・ファーンバック記念賞」を受賞
2014.09.24
遺伝子活性化の仕組みを生きた細胞内で観察 ―転写制御にはたらくヒストン標識の役割を解明―
2014.09.17
質量のないディラック電子の空間分布の観測に成功 ―ディラック電子の空間分布が特異であることを発見―
2014.09.16
ジャガイモの有毒アルカロイド生合成酵素遺伝子を同定 ―ジャガイモ食中毒の低減が図れる育種に期待―
2014.09.10
DNA相同組換えの複雑な制御機構を解明 ―分裂酵母DNAヘリカーゼFbh1が多様な働き―
2014.09.05
レーザーコンプトン散乱ガンマ線を用いて50年前に予言された光核反応理論を実証
2014.09.04
光合成反応の場を作る膜脂質の機能を解明 ―光合成膜脂質のこれまでの常識を覆す―
2014.08.29
高分子1本鎖からの電界発光を観測 ―高分子ELディスプレイや照明の高耐久性に寄与―
2014.08.27
3つの新しい鉄カルコゲナイド系超伝導体を発見 ―液体アンモニアを使った低温合成で実現―
2014.08.25
新鉱物発見、maruyamaite(丸山電気石)と命名 ―世界初、ダイヤモンドと共存し、カリウムを多量に含む特殊な電気石―
2014.08.22
光と熱に強いラジカル開始剤の作製
2014.08.04
プノンペン市初の3次元地質情報データベースを開発 -地質・地盤情報の可視化によりインフラ整備に威力-
2014.07.28
広く使用されている圧電体の圧電基礎特性の測定に成功 ―60年間の問題に決着、新規非鉛圧電体開発に道―
2014.07.25
有機フッ素医農薬中間体の簡便な合成に成功 ―フォトレドックス触媒使い、室温で短工程の反応系を開発―
2014.07.17
四肢形成時に細胞の生死の運命を決めるメカニズムを解明
2014.07.09
鞭毛モーターの規則的配列機構を解明 -鞭毛を動かす"エンジン"が正しい間隔で並ぶ仕組み発見-
2014.07.08
高分子の「かたち」をつくる「匠の技」のブレークスルー
2014.07.02
転写時のRNAの長さを制御する仕組みが明らかに ―がん化のメカニズム解明につながると期待―
2014.07.01
東工大スパコンTSUBAME-KFCが省エネ性能スパコンランキング2期連続世界1位を獲得!
2014.06.27
スパコン「京」がGraph500で世界1位 -ビッグデータの処理で重要となるグラフ解析でも最高の評価-
2014.06.25
機能性細胞膜の合成に成功、人工細胞にむけて大きな一歩 -完全制御可能な膜タンパク質合成システムの実現に道-
2014.06.23
カーボンナノチューブを使い室温テラヘルツ波検出器を開発 -医療や食品・生体の非破壊検査など幅広い応用に道-
2014.06.23
機能性フィルムの表面歪み計測法を開発 -ウェアラブル端末やフレキシブルディスプレイ製造に威力-
2014.06.20
中性子ハローがマグネシウム同位体にも出現
2014.06.19
有機結晶が光で溶けるメカニズムを解明
2014.06.12
藻類の栄養欠乏応答性プロモーターによる脂質蓄積強化を実現
2014.06.09
300mmウエハーを厚さ4マイクロメートルに超薄化
2014.06.05
二酸化チタンの光触媒活性を決める因子を発見
2014.05.30
顔を見る前から脳は活動している -脳波によって人の「予測」の実態を解明-
2014.05.29
藻類から陸上植物への進化をつなぐ車軸藻植物のゲノム配列を解読
2014.05.16
超ルイス酸性分子の開発に成功
2014.05.15
磁場中の高温超伝導現象、全貌を解明
2014.05.14
多層カーボンナノチューブの高い触媒活性を発見
2014.05.09
ゆっくり食べると食後のエネルギー消費量が増えることを発見
2014.05.08
40億年前の月の自転軸は数十度ずれていた
2014.05.07
新構造の酸化物イオン伝導体を発見 中性子と放射光で構造決定・イオンの流れを可視化
2014.04.18
火星の水が失われた歴史を解明-地球と火星の運命はいつどのように分かれたのか-
2014.04.11
中性子が多い原子核に現れる特異構造を解明
2014.04.08
大気圧低温プラズマでフグ毒の分解に成功
2014.03.27
固体中の「負の水素」H-イオンの検出法を確立
2014.03.17
鉄系超伝導物質で新しい型の磁気秩序相を発見
2014.03.14
金融市場のゆらぎのメカニズムを物理学で解明
2014.03.04
鉄系超伝導体の絶縁体親物質が電界により金属状態へ転移
2014.03.04
新しい規則性を持つペロブスカイト型酸化物超伝導体を発見
2014.02.27
半導体中を秒速8万mで動きまわる電子を撮影
2014.02.24
魚が淡水中のわずかな栄養素を取り込む機構を解明
2014.02.21
C12A7電子化物担体触媒の高活性を解明
2014.02.19
クロック生成回路をディジタル回路で構成
2014.02.17
朝永-ラッティンジャー流体の励起素過程の観測に成功
2014.02.12
ミリ波帯無線機で毎秒28Gbit の伝送速度を達成
2014.01.24
高水素濃度の特殊な温泉に含まれるメタンの起源を解明
2014.01.23
安価な試薬を用い短時間(<5秒)・高収率のペプチド合成法を開発
2014.01.22
地球コアに多くの水素が存在 〜地球誕生時に大量の水〜
2014.01.14
光を捕集する「人工の葉」を開発-植物の光合成に匹敵する人工光合成の実現にめど-
2014.01.06
味に対して顔の皮膚血流が特異的に応答することを発見

取材申し込み

本学の教職員、学生への取材をご希望の方は、以下の【取材申し込みフォーム】から必要事項を入力し、送信してください。

お急ぎの場合は広報センター(E-mail: media@jim.titech.ac.jp, TEL: 03-5734-2975)に直接ご連絡ください。

取材申し込み