研究

研究プレスリリース

2016.12.28
混ぜるだけで迅速に水溶液中のたんぱく質凝縮に成功―新たな高濃度たんぱく質材料で医薬品開発に期待―
2016.12.28
無重力で骨関連遺伝子以外でも発現が急上昇する遺伝子を発見―国際宇宙ステーション「きぼう」でメダカを8日間連続撮影―
2016.12.27
室温で強磁性・強誘電性が共存した物質を実現―低消費電力・超高密度磁気メモリー開発に道―
2016.12.26
スピン自由度を用いた次世代半導体デバイス実現へ大きな進展
2016.12.22
プレート境界からの「水漏れ」が深部低周波地震を抑制?
2016.12.16
光ファイバーセンサーの超高速化に成功―社会インフラの劣化や損傷の迅速な検出、ロボットの「神経」利用に期待―
2016.12.08
大隅良典栄誉教授が生命科学ブレイクスルー賞を受賞
2016.12.08
原子のようにふるまうナノカプセルを結合―ナノ材料の配列制御へ―
2016.12.07
副反応を起こしやすいアミノ酸を迅速かつクリーンに連結―抗HIV抗菌ペプチドの大量生産に道―
2016.12.06
微細化によるシリコンパワートランジスタの高効率化に成功―電力制御システムの飛躍的高効率・低コスト化に新たな道―
2016.11.29
ノーベル賞受賞者らが本学科学技術創成研究院設立記念式典記念講演会にて講演
2016.11.24
スーパーコンピュータ「京」がGraph500において4期連続で世界1位を獲得
2016.11.21
スパコン向けアプリケーション開発を大幅に容易にする手法を開発
2016.11.16
「国立大学法人理学部長会議声明 ―未来への投資―」の記者発表を開催
2016.11.16
遠隔操作性と繊細な作業性を備えた建設ロボットを開発―ImPACTタフ・ロボティクス・チャレンジによる新しい災害対応重作業ロボットの開発―
2016.11.15
カーボンナノチューブを使い、折れ曲がるテラヘルツカメラを開発―非破壊・非接触検査における新たな手法として期待―
2016.11.14
マイクロプロセッサの待機時電力を大幅に削減する新技術を開発
2016.11.09
原子配置制御による原子層金属/半導体の作り分けに成功―超微細電子デバイス応用へ新たな道―
2016.11.08
科学技術創成研究院設立記念式典を開催
2016.11.02
大隅良典栄誉教授が平成28年度文化勲章を受章
2016.10.25
2次元ナノシート表面に"整列"するペプチドを開発―タンパク質がグラフェンのエレクトロニクスを制御する―
2016.10.21
土星の輪、誕生の謎を解明
2016.10.20
アフリカツメガエルの複雑なゲノムを解読―脊椎動物への進化の原動力「全ゲノム重複」の謎に迫る―
2016.10.20
半導体トランジスタ中の欠陥でコヒーレンス制御に成功―ノイズの原因だった欠陥から新たな現象を発見―
2016.10.19
地球内部に最も多いブリッジマナイトの結晶選択配向の決定 沈み込んでいくプレートの流れる方向を解明
2016.10.18
悪性化したがん細胞をその場で可視化―近赤外発光分子で高感度かつ迅速ながん検出手法を開発―
2016.10.12
低温で高活性なアンモニア合成新触媒を実現
2016.10.06
大隅良典栄誉教授 ノーベル生理学・医学賞受賞記者会見を開催
2016.10.03
大隅良典栄誉教授 ノーベル生理学・医学賞受賞決定
2016.09.28
ラン藻による有用物質の大規模生産に道を拓く―高価な誘導剤使わずに遺伝子発現を誘導するネットワークを構築―
2016.09.28
「微生物ゲノム×地域」で食のブランディング―ぐるなびとの共同研究講座が本格始動
2016.09.26
超精密集積で新たな機能性材料に成功―発光体やセンサー、医薬材料に期待―
2016.09.21
巨大氷惑星の形成現場を捉えた―アルマ望遠鏡で見つけた海王星サイズの惑星形成の証拠―
2016.09.15
お椀状分子の配向を単分子レベルで自在に制御することに成功―100テラビットを超える省電力高密度メモリー実現に道―
2016.09.14
乳がんを抑制する新たな遺伝子を発見―ヒト乳がんの診断・治療への応用に期待―
2016.09.12
酸化ハフニウム基強誘電体の基礎特性を解明―超高密度で高速動作する不揮発性メモリー実現に道―
2016.09.08
ケンタウルス族小天体のリングの起源を解明
2016.09.06
オンデマンド光機能酸化物ヘテロ構造の合成に成功―紫外線吸収・透明太陽電池に向けた新素材―
2016.09.02
混ぜるだけで簡単に有機エレクトロニクス材料を合成―新反応により多様なπ共役化合物合成を簡便・低コストで実現―
2016.09.01
エピジェネティックマークを生体内で観るための細胞内抗体プローブを開発
2016.08.29
重イオン反応による新たな核分裂核データ取得方法を確立―核分裂現象の解明にも道―
2016.08.26
ビスマス単原子シートの超伝導体化に成功―新たな超伝導体発見手法として期待―
2016.08.25
電気分極の回転による圧電特性の向上を確認―圧電メカニズムを実験で解明、非鉛材料の開発に道―
2016.08.24
ぺプチドリーム社と特殊ペプチド創薬向けインシリコ技術の共同研究契約を締結
2016.08.23
ガラスの新しい物性制御法を開発―微量の電子を混ぜただけで、ガラスの転移温度が100℃以上も低下―
2016.08.05
高効率スクリーニングによる新しい2価スズ酸化物系光触媒材料の発見
2016.08.03
中性子捕捉療法のための有望なホウ素薬剤を開発―マウスのがんで、高い治療効果を確認―
2016.07.25
深海底のレアアース資源の生成条件を新たなデータ科学的手法により解明
2016.07.19
組織の再生における線維芽細胞増殖因子(Fgf)シグナルの働きを解明―ほ乳類の手足の再生に手がかり―
2016.07.13
スーパーコンピュータ「京」がGraph500で世界第1位を獲得―ビッグデータの処理で重要となるグラフ解析で最高の評価―
2016.07.13
腸内細菌叢(腸内フローラ)のメタゲノム解析による発がん研究の加速に期待
2016.07.12
オートファジー始動装置の構築メカニズムを解明
2016.07.06
将来にわたり情報漏えいの危険のない分散ストレージシステムの実証に成功―パスワードを分散し情報理論的に安全な認証方式を実現―
2016.07.05
火星衛星フォボスとディモスの形成過程を解明―JAXA火星衛星サンプルリターン計画への期待高まる―
2016.07.05
幻の「マヨラナ粒子」の創発を磁性絶縁体中で捉える―電子スピンの分数化が室温まで生じていることを国際共同研究で実証―
2016.07.04
充放電しているリチウム電池の内部挙動の解析に成功―中性子線を用い非破壊かつリアルタイム観測により実現―
2016.06.30
ビフィズス菌が優勢になる乳児の腸内フローラ形成機構を解明―母乳に含まれるオリゴ糖の主要成分の利用がカギ―
2016.06.23
葉緑体機能の制御に重要な新たな還元力伝達経路―二つの経路の協調が光合成や生育に必須―
2016.06.22
希少元素を使わずに赤く光る新窒化物半導体を発見
2016.06.15
高周波圧電共振器の課題を解消する回路技術を開発―IoT時代に向けた無線通信システムの小型化・低コスト化・高速化を実現へ―
2016.06.15
体の深部を探る世界初の近赤外発光基質を開発―生体発光イメージングの感度を飛躍的に高め、創薬研究の推進に貢献―
2016.06.03
カラー画像と近赤外線画像を同時に撮影可能なイメージングシステムを開発―次世代画像センシングに向けオリンパスと共同開発―
2016.06.02
地球の内核は7億歳?地球冷却の歴史の一端が明らかに―地球中心核条件下での鉄の電気伝導度測定に成功―
2016.05.26
単分子レベルで金属―分子界面の完全解明に世界で初めて成功
2016.05.19
細く、しなやかな人工筋肉の大学発ベンチャーを設立
2016.05.17
がんの悪性度を検知する「ナノマシン造影剤」を開発
2016.05.16
東京工業大学とみらい創造機構 社会連携活動の推進に向けた組織的連携協定を締結
2016.05.10
東京工業大学と野村総合研究所が連携協定を締結
2016.05.10
省電力半導体の実現に有用な複素環化合物を開発―フッ化水素の検知物質としても利用可能―
2016.05.10
藻類の「眼」が正しく光を察知する機能を解明
2016.04.25
グラフェンの先へ 新材料でトランジスタを開発
2016.04.18
紙おむつの材料から新しいカルシウムセンサーを開発
2016.04.11
原始紅藻シゾンでアブシシン酸が機能―植物ホルモン獲得のルーツを解明―
2016.04.07
鉄系超伝導体の臨界温度が4倍に上昇
2016.03.22
超イオン伝導体を発見し全固体セラミックス電池を開発―高出力・大容量で次世代蓄電デバイスの最有力候補に―
2016.03.22
研究力のさらなる強化に向けて「科学技術創成研究院」設置を記者発表
2016.03.18
ヒドリドイオン"H-"伝導体の発見―水素を利用した革新的エネルギーデバイスの開発の可能性―
2016.03.17
有機化合物で巨大な熱電効果を発見―大きな熱電効果の発現に新たな指針を提示―
2016.03.15
原子核からほんの少しあふれた2個の中性子
2016.03.01
世界初40GHz帯/60GHz帯協調による次世代高速ワイヤレスアクセスネットワーク構築に成功
2016.02.25
質量のないディラック電子の磁気モーメントを精密測定―トポロジカル絶縁体の隠れた個性を発見―
2016.02.18
噛めば噛むほどエネルギー消費―実際の食事と食後のガム咀嚼でエネルギー消費の増加を実証―
2016.02.17
未利用の太陽光エネルギーを利用可能にする透明・不燃な光波長変換ゲルを開発―太陽電池や光触媒等の変換効率向上に資する材料革新
2016.02.15
分子が金属のどこにどのように吸着しているかの識別に成功―高性能分子デバイス実現に道拓く―
2016.02.10
タンパク質合成過程における「緩急のリズム」を実証―大腸菌遺伝子産物の中間状態を網羅的に解析―
2016.02.01
世界最高速!毎秒56ギガビットの無線伝送に成功―ミリ波帯無線機をCMOS集積回路で実現―
2016.01.27
GaN増幅器モジュールを加熱源とする産業用マイクロ波加熱装置を開発
2016.01.26
高分子ファイバーでワイヤレス電極をつなぐ―電子デバイス配線への応用に道―
2016.01.21
細胞を模倣した微小反応容器のコンピューター制御に成功―人工細胞や分子ロボットの開発に期待―
2016.01.15
S字ストロークか?I字ストロークか?―最適クロール泳法のメカニズムを解明―
2016.01.07
染色体構造を調節するメカニズム解明に成功―2つの制御因子によりコヒーシンがDNAを乗り降り―
2016.01.05
藻類を使ったアンモニア生産の可能性―ラン藻の遺伝子発現を制御して放出させることに成功―

取材申し込み

本学の教職員、学生への取材をご希望の方は、以下の【取材申し込みフォーム】から必要事項を入力し、送信してください。

お急ぎの場合は広報センター(E-mail: media@jim.titech.ac.jp, TEL: 03-5734-2975)に直接ご連絡ください。

取材申し込み