研究

研究プレスリリース

2017.06.26
スーパーコンピュータ「京」がGraph500において5期連続で世界1位を獲得
2017.06.19
東工大TSUBAME3.0と産総研AAICが省エネ性能スパコンランキングで世界1位・3位を獲得
2017.06.19
新機構を備えた複腕建設ロボット―ImPACTタフ・ロボティクス・チャレンジによる新しい災害対応重作業ロボットの開発―
2017.06.15
テラヘルツ電磁波の照射による超高速誘電体材料の新しい制御法を発見 -データを超高速処理する光電子デバイスの開発に期待-
2017.06.09
新開発の光触媒でCO2を高効率に再資源化―緑色植物の光合成を人工系で実現―
2017.06.07
トポロジカル絶縁体を強磁性にする新たな方法を発見 ―量子異常ホール効果を利用したデバイス開発へ進展―
2017.06.05
東京工業大学とNEC、AIで悪条件下の視認性を格段に向上する「マルチモーダル画像融合技術」を共同開発
2017.05.30
世界初!受精卵のエピゲノム編集に成功 細胞分化制御やDNA組換えを伴わない遺伝子治療などへの応用に期待
2017.05.30
特定の化学物質を簡便に検出できる高分子ゲルを開発 ―環境汚染物質トリハロメタンを光照射で検出―
2017.05.23
最高の超伝導転移温度(Tc)を持った鉄系超伝導物質の新たな特徴を発見
2017.05.17
葉緑体増殖の基礎的しくみを解明―葉緑体分裂・増殖時にDNA分配を制御する酵素の発見―
2017.05.16
人工細胞の中でDNAをコンピュータとして使うことに成功―生体内で働く分子ロボットの実現に向けて―
2017.05.10
大学内に「島津製作所 精密機器分析室」を開設 ―設備共用化や若手研究支援を加速―
2017.04.28
マイクロ波でマグネシウム製錬の省エネ化に成功―アンテナ構造で生成効率アップ―
2017.04.27
新アンモニア合成プロセス実用化へ ―細野秀雄教授 味の素、UMIと新会社―
2017.04.26
三次元DRAM、WOW技術で熱抵抗が1/3に削減
2017.04.19
植物のエピジェネティクス変化をリアルタイムに捉えることに成功 ―マウスの抗体の一部が生きた植物細胞内でも抗原を認識した―
2017.04.13
藻類オイル抽出残渣から化学品原料の合成に成功 ―藻類バイオマスを徹底的に活用する技術を確立―
2017.04.07
炎症反応を制御する新たな分子MKRN2を発見 ―過剰な炎症反応を防ぐ仕組みの一端を解明―
2017.03.28
コバルト酸鉛の合成に世界で初めて成功し、新規の電荷分布を発見
2017.03.27
脱ユビキチン化酵素の基質特異性を改変することに成功 ―複雑なタンパク質の制御機構の一端を解明―
2017.03.22
南極大気の歴史をひも解く新たなアプローチ ―硫酸と硝酸の三酸素同位体組成の変動から―
2017.03.21
シリコンと窒素だけからできた硬い透明セラミックスを合成―空気中で1,400 ℃の耐熱性、過酷な条件下の光学窓材に応用可能―
2017.03.17
タンパク質カゴの中で踊る金原子を観る―タンパク質結晶を使った金属イオン集積過程の観察―
2017.03.14
電荷信号とスピン信号の波形計測を実現 ―超高速・低消費電力の次世代エレクトロニクス素子創出に道拓く―
2017.03.03
光波長変換によりテラヘルツ波を高感度に検出―室温で動作するテラヘルツ波領域の小型非破壊検査装置の実現へ―
2017.02.28
東京工業大学とInput Output HKが暗号通貨共同研究講座を開講―日本におけるブロックチェーン関連技術の研究と教育の先駆け―
2017.02.28
ほどほどの炎症が大切―組織の再生と炎症の意外な関係を解明―
2017.02.27
アフリカツメガエルから新たながん抑制戦略を発見―ヒトのがん抑制ターゲット開拓に期待―
2017.02.24
大量のオイルを生産する“最強藻類”の秘密を解明―バイオ燃料の実用化に向け有力な手がかり得る―
2017.02.23
地球コアで“石英”が晶出―できたての頃から地球には磁場が存在、コア組成も大きく変化―
2017.02.22
新触媒で糖由来化合物から欲しいものだけを合成―バイオマス資源から有用化成品製造への応用に期待―
2017.02.21
東京工業大学に「産総研・東工大 実社会ビッグデータ活用 オープンイノベーションラボラトリ」(RWBC-OIL)を設立
2017.02.20
遊泳中のスイマーにかかる抵抗を推定する方法を開発―スイマーの抵抗は泳速の3乗に比例する―
2017.02.17
東工大のスパコンTSUBAME3.0が今夏稼働開始―半精度演算性能47.2ペタフロップス、人工知能分野における需要急増へ対応―
2017.02.16
硫化水素に応答して遺伝子発現を調節するタンパク質を発見―硫化水素バイオセンサーの開発に道―
2017.02.15
数理的フレームワークにより微小電線の形成過程を再現―ナノエレクトロニクスへの応用に期待―
2017.02.14
プラズマ照射により植物細胞へのタンパク質導入に成功―品種改良や開花コントロールへの応用に期待―
2017.02.13
タンパク質用いて細胞内分子フィルターを開発―細胞内の解毒、細胞内在分子の構造解析への応用に期待―
2017.02.09
室温で発光する円偏光スピンLEDの創製に成功―多分野への応用が期待される光源の登場―
2017.02.08
癌再発に深く関わる癌幹細胞が診断薬5-ALAによる検出を免れる特性を発見―癌の再発リスクを抑える診断・治療法の開発に期待―
2017.01.31
冥王星のクジラ模様は衛星カロンを作ったジャイアント・インパクトの痕跡だった
2017.01.27
パワーデバイス内部の電界を正確に計測することに成功―さらなる省エネ化に期待―
2017.01.26
内閣府ImPACTタフ・ロボティクス・チャレンジによる油圧駆動ハイパワー人工筋肉の開発
2017.01.25
脳の市民研究制度『BHQスクール』を開設
2016.12.28
混ぜるだけで迅速に水溶液中のたんぱく質凝縮に成功―新たな高濃度たんぱく質材料で医薬品開発に期待―
2016.12.28
無重力で骨関連遺伝子以外でも発現が急上昇する遺伝子を発見―国際宇宙ステーション「きぼう」でメダカを8日間連続撮影―
2016.12.27
室温で強磁性・強誘電性が共存した物質を実現―低消費電力・超高密度磁気メモリー開発に道―
2016.12.26
スピン自由度を用いた次世代半導体デバイス実現へ大きな進展
2016.12.22
プレート境界からの「水漏れ」が深部低周波地震を抑制?
2016.12.16
光ファイバーセンサーの超高速化に成功―社会インフラの劣化や損傷の迅速な検出、ロボットの「神経」利用に期待―
2016.12.08
原子のようにふるまうナノカプセルを結合―ナノ材料の配列制御へ―
2016.12.07
副反応を起こしやすいアミノ酸を迅速かつクリーンに連結―抗HIV抗菌ペプチドの大量生産に道―
2016.12.06
微細化によるシリコンパワートランジスタの高効率化に成功―電力制御システムの飛躍的高効率・低コスト化に新たな道―
2016.11.24
スーパーコンピュータ「京」がGraph500において4期連続で世界1位を獲得
2016.11.21
スパコン向けアプリケーション開発を大幅に容易にする手法を開発
2016.11.16
遠隔操作性と繊細な作業性を備えた建設ロボットを開発―ImPACTタフ・ロボティクス・チャレンジによる新しい災害対応重作業ロボットの開発―
2016.11.15
カーボンナノチューブを使い、折れ曲がるテラヘルツカメラを開発―非破壊・非接触検査における新たな手法として期待―
2016.11.14
マイクロプロセッサの待機時電力を大幅に削減する新技術を開発
2016.11.09
原子配置制御による原子層金属/半導体の作り分けに成功―超微細電子デバイス応用へ新たな道―
2016.10.25
2次元ナノシート表面に"整列"するペプチドを開発―タンパク質がグラフェンのエレクトロニクスを制御する―
2016.10.21
土星の輪、誕生の謎を解明
2016.10.20
アフリカツメガエルの複雑なゲノムを解読―脊椎動物への進化の原動力「全ゲノム重複」の謎に迫る―
2016.10.20
半導体トランジスタ中の欠陥でコヒーレンス制御に成功―ノイズの原因だった欠陥から新たな現象を発見―
2016.10.19
地球内部に最も多いブリッジマナイトの結晶選択配向の決定 沈み込んでいくプレートの流れる方向を解明
2016.10.18
悪性化したがん細胞をその場で可視化―近赤外発光分子で高感度かつ迅速ながん検出手法を開発―
2016.10.12
低温で高活性なアンモニア合成新触媒を実現
2016.09.28
ラン藻による有用物質の大規模生産に道を拓く―高価な誘導剤使わずに遺伝子発現を誘導するネットワークを構築―
2016.09.28
「微生物ゲノム×地域」で食のブランディング―ぐるなびとの共同研究講座が本格始動
2016.09.26
超精密集積で新たな機能性材料に成功―発光体やセンサー、医薬材料に期待―
2016.09.21
巨大氷惑星の形成現場を捉えた―アルマ望遠鏡で見つけた海王星サイズの惑星形成の証拠―
2016.09.15
お椀状分子の配向を単分子レベルで自在に制御することに成功―100テラビットを超える省電力高密度メモリー実現に道―
2016.09.14
乳がんを抑制する新たな遺伝子を発見―ヒト乳がんの診断・治療への応用に期待―
2016.09.12
酸化ハフニウム基強誘電体の基礎特性を解明―超高密度で高速動作する不揮発性メモリー実現に道―
2016.09.08
ケンタウルス族小天体のリングの起源を解明
2016.09.06
オンデマンド光機能酸化物ヘテロ構造の合成に成功―紫外線吸収・透明太陽電池に向けた新素材―
2016.09.02
混ぜるだけで簡単に有機エレクトロニクス材料を合成―新反応により多様なπ共役化合物合成を簡便・低コストで実現―
2016.09.01
エピジェネティックマークを生体内で観るための細胞内抗体プローブを開発
2016.08.29
重イオン反応による新たな核分裂核データ取得方法を確立―核分裂現象の解明にも道―
2016.08.26
ビスマス単原子シートの超伝導体化に成功―新たな超伝導体発見手法として期待―
2016.08.25
電気分極の回転による圧電特性の向上を確認―圧電メカニズムを実験で解明、非鉛材料の開発に道―
2016.08.24
ぺプチドリーム社と特殊ペプチド創薬向けインシリコ技術の共同研究契約を締結
2016.08.23
ガラスの新しい物性制御法を開発―微量の電子を混ぜただけで、ガラスの転移温度が100℃以上も低下―
2016.08.05
高効率スクリーニングによる新しい2価スズ酸化物系光触媒材料の発見
2016.08.03
中性子捕捉療法のための有望なホウ素薬剤を開発―マウスのがんで、高い治療効果を確認―
2016.07.25
深海底のレアアース資源の生成条件を新たなデータ科学的手法により解明
2016.07.19
組織の再生における線維芽細胞増殖因子(Fgf)シグナルの働きを解明―ほ乳類の手足の再生に手がかり―
2016.07.13
スーパーコンピュータ「京」がGraph500で世界第1位を獲得―ビッグデータの処理で重要となるグラフ解析で最高の評価―
2016.07.13
腸内細菌叢(腸内フローラ)のメタゲノム解析による発がん研究の加速に期待
2016.07.12
オートファジー始動装置の構築メカニズムを解明
2016.07.06
将来にわたり情報漏えいの危険のない分散ストレージシステムの実証に成功―パスワードを分散し情報理論的に安全な認証方式を実現―
2016.07.05
火星衛星フォボスとディモスの形成過程を解明―JAXA火星衛星サンプルリターン計画への期待高まる―
2016.07.05
幻の「マヨラナ粒子」の創発を磁性絶縁体中で捉える―電子スピンの分数化が室温まで生じていることを国際共同研究で実証―
2016.07.04
充放電しているリチウム電池の内部挙動の解析に成功―中性子線を用い非破壊かつリアルタイム観測により実現―
2016.06.30
ビフィズス菌が優勢になる乳児の腸内フローラ形成機構を解明―母乳に含まれるオリゴ糖の主要成分の利用がカギ―
2016.06.23
葉緑体機能の制御に重要な新たな還元力伝達経路―二つの経路の協調が光合成や生育に必須―
2016.06.22
希少元素を使わずに赤く光る新窒化物半導体を発見
2016.06.15
高周波圧電共振器の課題を解消する回路技術を開発―IoT時代に向けた無線通信システムの小型化・低コスト化・高速化を実現へ―
2016.06.15
体の深部を探る世界初の近赤外発光基質を開発―生体発光イメージングの感度を飛躍的に高め、創薬研究の推進に貢献―
2016.06.03
カラー画像と近赤外線画像を同時に撮影可能なイメージングシステムを開発―次世代画像センシングに向けオリンパスと共同開発―
2016.06.02
地球の内核は7億歳?地球冷却の歴史の一端が明らかに―地球中心核条件下での鉄の電気伝導度測定に成功―
2016.05.26
単分子レベルで金属―分子界面の完全解明に世界で初めて成功
2016.05.19
細く、しなやかな人工筋肉の大学発ベンチャーを設立
2016.05.17
がんの悪性度を検知する「ナノマシン造影剤」を開発
2016.05.16
東京工業大学とみらい創造機構 社会連携活動の推進に向けた組織的連携協定を締結
2016.05.10
東京工業大学と野村総合研究所が連携協定を締結
2016.05.10
省電力半導体の実現に有用な複素環化合物を開発―フッ化水素の検知物質としても利用可能―
2016.05.10
藻類の「眼」が正しく光を察知する機能を解明
2016.04.25
グラフェンの先へ 新材料でトランジスタを開発
2016.04.18
紙おむつの材料から新しいカルシウムセンサーを開発
2016.04.11
原始紅藻シゾンでアブシシン酸が機能―植物ホルモン獲得のルーツを解明―
2016.04.07
鉄系超伝導体の臨界温度が4倍に上昇
2016.03.22
超イオン伝導体を発見し全固体セラミックス電池を開発―高出力・大容量で次世代蓄電デバイスの最有力候補に―
2016.03.22
研究力のさらなる強化に向けて「科学技術創成研究院」設置を記者発表
2016.03.18
ヒドリドイオン"H-"伝導体の発見―水素を利用した革新的エネルギーデバイスの開発の可能性―
2016.03.17
有機化合物で巨大な熱電効果を発見―大きな熱電効果の発現に新たな指針を提示―
2016.03.15
原子核からほんの少しあふれた2個の中性子
2016.03.01
世界初40GHz帯/60GHz帯協調による次世代高速ワイヤレスアクセスネットワーク構築に成功
2016.02.25
質量のないディラック電子の磁気モーメントを精密測定―トポロジカル絶縁体の隠れた個性を発見―
2016.02.18
噛めば噛むほどエネルギー消費―実際の食事と食後のガム咀嚼でエネルギー消費の増加を実証―
2016.02.17
未利用の太陽光エネルギーを利用可能にする透明・不燃な光波長変換ゲルを開発―太陽電池や光触媒等の変換効率向上に資する材料革新
2016.02.15
分子が金属のどこにどのように吸着しているかの識別に成功―高性能分子デバイス実現に道拓く―
2016.02.10
タンパク質合成過程における「緩急のリズム」を実証―大腸菌遺伝子産物の中間状態を網羅的に解析―
2016.02.01
世界最高速!毎秒56ギガビットの無線伝送に成功―ミリ波帯無線機をCMOS集積回路で実現―
2016.01.27
GaN増幅器モジュールを加熱源とする産業用マイクロ波加熱装置を開発
2016.01.26
高分子ファイバーでワイヤレス電極をつなぐ―電子デバイス配線への応用に道―
2016.01.21
細胞を模倣した微小反応容器のコンピューター制御に成功―人工細胞や分子ロボットの開発に期待―
2016.01.15
S字ストロークか?I字ストロークか?―最適クロール泳法のメカニズムを解明―
2016.01.07
染色体構造を調節するメカニズム解明に成功―2つの制御因子によりコヒーシンがDNAを乗り降り―
2016.01.05
藻類を使ったアンモニア生産の可能性―ラン藻の遺伝子発現を制御して放出させることに成功―
2015.12.18
分子が変形する様子を2兆分の1秒刻みでコマ撮り撮影―光機能性物質の動作メカニズム解明に成功―
2015.12.15
三次元積層メモリーの厚さを1/10に極薄化する技術にめど
2015.12.09
東京工業大学と三井住友銀行の産学連携の取り組みについて
2015.12.09
地震・津波観測監視システム「DONET」で海底における長周期地震動を観測
2015.12.08
MEMS構造をCMOS-LSIと一体化した加速度センサー開発―超小型で1G以下の高分解能検知を実現―
2015.12.07
電気抵抗の変化により触媒活性が劇的に向上―アンモニアの省エネ合成に有力な手がかり―
2015.12.01
地球の液体外核の炭素量に制約―超高圧高温下で液体鉄炭素合金の音波速度を測定―
2015.11.24
2期連続でスーパーコンピュータ「京」がGraph500で世界第1位を獲得
2015.11.19
氷の体積同位体効果の本質を解明―統一的な理論構築と実験による実証に成功―
2015.11.17
地球深部の水の循環を担う鉱物の性質解明
2015.11.16
高温高圧力下における流体水素のプラズマ相転移を観察―木星の内部構造の再現に成功、常温超伝導にも一歩近づく―
2015.11.13
葉緑体が植物の成長を制御する新たな仕組みを発見―細胞内共生した細菌の宿主細胞制御戦略―
2015.11.11
ハスの葉を鋳型にメタマテリアル作製―反射率1%以下の超薄膜光吸収構造実現―
2015.11.09
電池を使うと超伝導に―超伝導エレクトロニクス実現に道筋―
2015.10.28
結晶の鎧まとう酵素?!―酵素の簡便な合成と長期保存を一挙に実現―
2015.10.23
常識を覆し、光で電気の流れを止める
2015.10.22
ワンポットの短工程で有機フッ素医農薬中間体を合成―アセチレン類からの立体選択的な合成に成功―
2015.10.21
クロム酸鉛の「価数の謎」解き明かす―50年来の常識覆し、巨大負熱膨張材料の開発に手掛かり―
2015.10.19
トポロジカルな電子構造をもつ新しい超伝導物質の発見 ~トポロジカル新物質の探索に新たな指針~
2015.10.02
東京工業大学地球生命研究所(ELSI)新棟竣工記念式典開催
2015.09.25
無重力による骨量減少メカニズムの一端を解明
2015.09.24
結晶でもグラフェン凌ぐ2次元電子機能を実現―電子のスピンも調整でき次世代デバイス実現に威力―
2015.09.10
光で働く細胞内のカゴ状スイッチ―炎症抑制効果をもつたんぱく質の活性化とCOの関係を解明―
2015.09.09
微細藻類にオイルをつくらせるスイッチタンパク質を発見―バイオ燃料生産実現に向けた基盤技術として期待―
2015.09.08
液体金属ナノ粒子のサイズを繰り返し変えられるプロセスを開発―光を操る新材料の開発に期待―
2015.09.07
油脂高生産藻の脂質量と組成を改変する技術を開発―藻による油脂やバイオ燃料の生産性向上に期待―
2015.09.04
ビスマス薄膜が半導体に変わることを実証―次世代高速デバイスの有力材料に浮上―
2015.08.26
2次元磁性体が示す特異な時間反転対称性の破れ―自然界に存在しない粒子「エニオン」と相転移現象の関係を発見―
2015.08.25
地球と生命の起源と進化解明への新たな展開―地球生命研究所が米財団からの研究資金をもとに研究者ネットワークを強化―
2015.08.25
貧栄養土壌でも葉と根に油脂蓄積する植物を開発
2015.08.21
革新材料・グラフェンの大量生産に大きな指針―電子レンジとイオン液体で高速、高効率なグラファト剥離に成功―
2015.08.20
鰭から四肢への進化はどうして起ったか―サメの胸鰭を題材に謎を解き明かす―
2015.08.19
ゲルマニウム導入し光るダイヤを開発―バイオマーカーや量子暗号通信への応用へ期待―
2015.08.18
橋梁点検ロボットの大型模型実験を開始
2015.08.17
横浜ゴム、東京工業大学バイオマスを原料とした合成ゴム(ブタジエンゴム)の新技術開発
2015.08.17
超小型大気圧低温プラズマジェットの開発に成功―3Dプリンター活用、微細加工や医療応用に期待―
2015.08.04
世界初、空気圧駆動型内視鏡ホルダーロボット発売―大学発ベンチャーによる革新的手術支援ロボット―
2015.07.31
第2回オープン創薬コンテストで13個のヒット化合物を発見
2015.07.30
強誘電体の極薄単結晶膜を世界で初めて作製
2015.07.28
細野秀雄教授が、IGZOターゲットの開発により「第40回井上春成賞」を受賞
2015.07.27
スーパーコンピュータ「京」がGraph500で世界第1位を奪還
2015.07.23
原子19個の白金粒子が最高の触媒活性を示す―燃料電池触媒の質量活性20倍、低コスト化に道―
2015.07.10
超伝導できない超伝導電子―超伝導温度より遙か高温から存在する超伝導電子の発見―
2015.07.07
毎秒1千億回に達する分子の回転運動について高解像度の動画撮影に成功
2015.07.02
単一原子分解能で観測する「光と原子で作られた人工結晶」―人工物質を使って高温超伝導体の謎に迫る―
2015.07.01
書き換え可能な電子素子を分子一つだけで開発―究極の微細化と低消費電力の電子回路へ一歩―
2015.06.30
大腸菌に潜む「マクスウェルのデーモン」の働きを解明―情報と熱力学の融合による生体情報処理の解析への第一歩―
2015.06.18
合成高分子でナノの七宝文様ができた―高分子で創る「かたち」が生化学、幾何学にもインパクト―
2015.06.16
硬さと割れにくさ両立したセラミックス実現に道―わずかな亀裂進展で靭性が急激に増すことを発見―
2015.06.15
"切らない手術"を実現するナノマシンを開発―がんの日帰り治療の実現に向けて―
2015.06.09
非対称な光学迷彩装置を理論的に実証―光を自在に曲げることで物体を見えなくする理論―
2015.06.05
高秩序な大面積分子集積膜の構築に成功―基材を選ばず、簡単な成膜法により均一な有機薄膜形成が実現―
2015.06.05
細胞の核と小胞体を分解する新しい仕組みを発見
2015.06.03
元素戦略研究センター新棟「元素キューブ」オープン
2015.04.17
刺激に対する脳神経の環境適応能力を解明―神経回路の過剰な興奮伝達を抑制―
2015.04.13
液晶性を活用した高性能有機トランジスタ材料を開発 ~高い耐熱性と酸化物半導体並みの高い移動度実現~
2015.04.08
コマツと東京工業大学が組織的連携協定を新たに締結
2015.04.08
エネルギーミックス、電力平準化を目指すスマートグリッド"エネスワローver.3"を開発
2015.04.03
アンモニア合成の大幅な省エネ化を可能にした新メカニズムを発見
2015.03.25
大隅良典栄誉教授が2015年ガードナー国際賞を受賞
2015.03.24
光通信デバイスに"透磁率"の概念を導入 ―メタマテリアルを実装した光変調器開発に成功―
2015.03.20
不揮発性パワーゲーティングがCMOSロジックシステムの待機時電力削減に威力
2015.03.10
新型デジタル発振器を開発 ―電圧サブサンプリングにより低消費電力、低ジッタ実現―
2015.03.09
ホットキャリアによるトランジスタ性能の劣化を回復 ―電気的な手法で出力電力の再生を実証―
2015.03.06
超深海・海溝生命圏を発見 ―マリアナ海溝の超深海水塊に独自の微生物生態系―
2015.02.26
「温めると縮む」新材料を発見
2015.02.25
高周波無線給電型の超低電力無線機で多値変調を実現
2015.02.18
系外惑星の深すぎる海と砂漠 ―地球のような惑星は低質量星のまわりではなく、やはり太陽型星のまわりにある?―
2015.02.13
高等植物の雄しべ発達過程を制御する植物ホルモン輸送体を発見
2015.01.20
二光子励起顕微鏡の病態診断応用に道 ―安価で操作性向上を実現する高性能色素の開発に成功―
2014.12.24
火星に新しい水素の貯蔵庫を発見 ―火星の海はどこへ消えたのか?―
2014.12.12
生細胞中だけで発光する刺激応答型蛍光ナノ粒子を開発 ―蛍光造影による診断精度の向上や薬の放出を確認可能なDDS実現へ―
2014.12.09
クッシング病の原因遺伝子と発症機構を解明 ―難病の治療薬開発に向け大きな一歩に―
2014.12.04
加速度を超広域・高分解能で検知可能なMEMSセンサを開発
2014.12.03
生体内のタンパク質の酸化還元状態を可視化 ―DNAを着脱自在にした修飾化合物を利用して総合的分析を実現―
2014.12.02
ガラスがゴムになる ―エントロピー弾性を示す酸化物ガラスを実現―
2014.11.20
分子のカゴで毒を薬に ―癌の簡便な治療薬の開発につながる成果―
2014.11.18
ゲノムによって解き明かされた巨大硫黄酸化細菌の生理生態
2014.11.13
大学発超小型人工衛星「TSUBAME」打ち上げ成功・運用開始
2014.10.28
剛能く柔を制す:分子チューブによる"ひも状"生体分子の識別
2014.10.21
アフリカ・シクリッドの多様性は過去のゲノム多型が基盤 ―シクリッド5種の全ゲノム配列を決定して解明―
2014.10.03
光強度の増加とともに吸収効率が向上する材料を開発
2014.09.29
松岡聡教授がスーパーコンピュータの最高峰学術賞「シドニー・ファーンバック記念賞」を受賞
2014.09.24
遺伝子活性化の仕組みを生きた細胞内で観察 ―転写制御にはたらくヒストン標識の役割を解明―
2014.09.17
質量のないディラック電子の空間分布の観測に成功 ―ディラック電子の空間分布が特異であることを発見―
2014.09.16
ジャガイモの有毒アルカロイド生合成酵素遺伝子を同定 ―ジャガイモ食中毒の低減が図れる育種に期待―
2014.09.10
DNA相同組換えの複雑な制御機構を解明 ―分裂酵母DNAヘリカーゼFbh1が多様な働き―
2014.09.05
レーザーコンプトン散乱ガンマ線を用いて50年前に予言された光核反応理論を実証
2014.09.04
光合成反応の場を作る膜脂質の機能を解明 ―光合成膜脂質のこれまでの常識を覆す―
2014.08.29
高分子1本鎖からの電界発光を観測 ―高分子ELディスプレイや照明の高耐久性に寄与―
2014.08.27
3つの新しい鉄カルコゲナイド系超伝導体を発見 ―液体アンモニアを使った低温合成で実現―
2014.08.25
新鉱物発見、maruyamaite(丸山電気石)と命名 ―世界初、ダイヤモンドと共存し、カリウムを多量に含む特殊な電気石―
2014.08.22
光と熱に強いラジカル開始剤の作製
2014.08.04
プノンペン市初の3次元地質情報データベースを開発 -地質・地盤情報の可視化によりインフラ整備に威力-
2014.07.28
広く使用されている圧電体の圧電基礎特性の測定に成功 ―60年間の問題に決着、新規非鉛圧電体開発に道―
2014.07.25
有機フッ素医農薬中間体の簡便な合成に成功 ―フォトレドックス触媒使い、室温で短工程の反応系を開発―
2014.07.17
四肢形成時に細胞の生死の運命を決めるメカニズムを解明
2014.07.09
鞭毛モーターの規則的配列機構を解明 -鞭毛を動かす"エンジン"が正しい間隔で並ぶ仕組み発見-
2014.07.08
高分子の「かたち」をつくる「匠の技」のブレークスルー
2014.07.02
転写時のRNAの長さを制御する仕組みが明らかに ―がん化のメカニズム解明につながると期待―
2014.07.01
東工大スパコンTSUBAME-KFCが省エネ性能スパコンランキング2期連続世界1位を獲得!
2014.06.27
スパコン「京」がGraph500で世界1位 -ビッグデータの処理で重要となるグラフ解析でも最高の評価-
2014.06.25
機能性細胞膜の合成に成功、人工細胞にむけて大きな一歩 -完全制御可能な膜タンパク質合成システムの実現に道-
2014.06.23
カーボンナノチューブを使い室温テラヘルツ波検出器を開発 -医療や食品・生体の非破壊検査など幅広い応用に道-
2014.06.23
機能性フィルムの表面歪み計測法を開発 -ウェアラブル端末やフレキシブルディスプレイ製造に威力-
2014.06.20
中性子ハローがマグネシウム同位体にも出現
2014.06.19
有機結晶が光で溶けるメカニズムを解明
2014.06.12
藻類の栄養欠乏応答性プロモーターによる脂質蓄積強化を実現
2014.06.09
300mmウエハーを厚さ4マイクロメートルに超薄化
2014.06.05
二酸化チタンの光触媒活性を決める因子を発見
2014.05.30
顔を見る前から脳は活動している -脳波によって人の「予測」の実態を解明-
2014.05.29
藻類から陸上植物への進化をつなぐ車軸藻植物のゲノム配列を解読
2014.05.16
超ルイス酸性分子の開発に成功
2014.05.15
磁場中の高温超伝導現象、全貌を解明
2014.05.14
多層カーボンナノチューブの高い触媒活性を発見
2014.05.09
ゆっくり食べると食後のエネルギー消費量が増えることを発見
2014.05.08
40億年前の月の自転軸は数十度ずれていた
2014.05.07
新構造の酸化物イオン伝導体を発見 中性子と放射光で構造決定・イオンの流れを可視化
2014.04.18
火星の水が失われた歴史を解明-地球と火星の運命はいつどのように分かれたのか-
2014.04.11
中性子が多い原子核に現れる特異構造を解明
2014.04.08
大気圧低温プラズマでフグ毒の分解に成功
2014.03.27
固体中の「負の水素」H-イオンの検出法を確立
2014.03.17
鉄系超伝導物質で新しい型の磁気秩序相を発見
2014.03.14
金融市場のゆらぎのメカニズムを物理学で解明
2014.03.04
鉄系超伝導体の絶縁体親物質が電界により金属状態へ転移
2014.03.04
新しい規則性を持つペロブスカイト型酸化物超伝導体を発見
2014.02.27
半導体中を秒速8万mで動きまわる電子を撮影
2014.02.24
魚が淡水中のわずかな栄養素を取り込む機構を解明
2014.02.21
C12A7電子化物担体触媒の高活性を解明
2014.02.19
クロック生成回路をディジタル回路で構成
2014.02.17
朝永-ラッティンジャー流体の励起素過程の観測に成功
2014.02.12
ミリ波帯無線機で毎秒28Gbit の伝送速度を達成
2014.01.24
高水素濃度の特殊な温泉に含まれるメタンの起源を解明
2014.01.23
安価な試薬を用い短時間(<5秒)・高収率のペプチド合成法を開発
2014.01.22
地球コアに多くの水素が存在 〜地球誕生時に大量の水〜
2014.01.14
光を捕集する「人工の葉」を開発-植物の光合成に匹敵する人工光合成の実現にめど-
2014.01.06
味に対して顔の皮膚血流が特異的に応答することを発見
2013.12.09
40ボルトの低電圧で動く次世代超小型冷却装置を開発
2013.12.06
熱帯熱マラリア原虫に対する5-アミノレブリン酸と鉄の相乗的な増殖阻害メカニズムを解明
2013.11.27
宇宙核時計ニオブ92の起源が超新星爆発ニュートリノであることを理論的に解明
2013.11.22
"近所"で爆発した宇宙のモンスター -観測史上最大級のガンマ線バーストを日本のグループが宇宙と地上から観測-
2013.11.21
東工大スパコンTSUBAMEシリーズが省エネ性能スパコンランキング2冠を獲得!
2013.10.16
ガラガラ動く原子が超伝導転移温度を変化させる機構を解明
2013.10.10
グラフェンを超越する新電子機能物質を創製 -極性トポロジカル絶縁体を世界で初めて発見-
2013.10.03
ホウ素-酸素多重結合を持つ金属クラスター合成に成功
2013.09.26
遺伝子発現を光で自在にコントロールする新技術を開発
2013.09.17
分子から分子への共鳴トンネル現象を世界で初めて確認
2013.09.02
植物のストレスに対する応答を調節する 3つの新規転写因子を発見
2013.08.26
植物のストレスに対する応答を調節する 3つの新規転写因子を発見
2013.08.09
金融ビッグデータのリアルタイム可視化、 変動リスク予測ツールを全世界に向けてリリース ~オプトグループのホットリンクが日本初のBloomberg App Portal上で提供開始~
2013.08.02
ホタルが光る仕組みを利用した「たんぱく質の出会い」検出技術を開発
2013.07.24
ビッグデータから新たな科学的発見をもたらす統計手法を開発
2013.07.22
水溶液系ナトリウム-空気電池を開発
2013.07.17
東工大スパコンTSUBAMEが、今秋、大幅な性能向上へ
2013.06.26
層状コバルト酸化物の高イオン伝導度の原因を解明
2013.06.20
ヒトの推進メカニズムを水泳ロボットを用いて世界で初めて多角的に解明
2013.06.19
セメントが高温用圧電センサー材料に
2013.06.10
電子デバイスの雑音特性を広帯域で計測可能に
2013.06.10
地球温暖化による世界の洪水リスクの見通し
2013.06.03
地球と金星は異なるタイプの惑星か?--地球型惑星の2つの進化類型を解明
2013.04.23
オートファジーに必須な因子の作用機構を分子レベルで解明
2013.04.18
ピコ秒レベルで変化する有機結晶の構造の撮影に成功
2013.03.27
人類と地球にとって持続可能な開発目標の指針を発表
2013.03.22
東京工業大学とアステラス製薬:抗デングウイルス薬の探索で共同研究開始
2013.03.22
世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI) 「東京工業大学 地球生命研究所 開所式」及び 「第1回 地球生命研究所 国際シンポジウム」のご案内
2013.03.18
植物が葉緑体に『時』の情報を伝えるメカニズムの発見
2013.03.13
高分子の『かたち』を変えるだけで物性が劇的に向上
2013.02.27
超高速移動通信の実現に向けた屋外伝送実験で世界初の10Gbps信号伝送に成功
2013.02.18
二重ループ構造により注入同期現象を安定化
2013.02.13
地球寒冷化を引き起こす大規模火山噴火の特定が可能に
2013.01.31
2次元性エレクトライドを発見
2013.01.25
蛍光性の「殻」をもつ新型ミセルを作製
2013.01.17
グラフェンを用いたプラズモンの伝搬制御を世界で初めて実証
2013.01.16
金属クラスターの光反応による革新的 『炭素―水素結合活性化法』を開発
2013.01.10
無重力環境で固体ヘリウム本来の形を観察
2012.12.11
CMOS/スピントロニクス融合技術を用いた新しい低消費電力技術を開発
2012.12.11
CMOS ロジックの消費電力を大幅に削減する新しいデバイス・回路技術確立
2012.12.11
「提言:理学の基礎研究を担う若手研究者の継続的な支援の充実を求める」について
2012.11.20
火星の水の起源を突き止めた ー地球型惑星の"水"はどこからもたらされたのかー
2012.11.16
スーパーコンピュータ「京」によるダークマターシミュレーションがゴードン・ベル賞を受賞
2012.11.09
スーパーコンピュータ『京』による世界最大規模のダークマターシミュレーションに成功
2012.10.24
多種多様なRIビームのスピンを操作する新手法を開発
2012.10.22
高活性なアンモニア合成触媒を実現-アンモニア合成の新技術として期待-
2012.10.22
多種多様なRIビームのスピンを操作する新手法を開発 -2段階のRI 生成反応であらゆるRIビームに対してのスピン操作と大強度化を実現-
2012.10.19
プラセオジム・ニッケル酸化物の高い酸素透過率の原因を解明-燃料電池など、性能向上へ-
2012.10.17
新たなLED照明の可能性を拓く ありふれた元素から、新しい蛍光体を開発。
2012.10.17
新たなLED照明の可能性を拓く ありふれた元素から、新しい蛍光体を開発。
2012.10.09
都心部の気流を1mの解像度でシミュレーション  ~スパコンを駆使し、10km四方の計算に成功~
2012.10.09
過剰な炎症反応を抑える仕組みを解明 -関節リウマチなど自己免疫疾患の病態が明らかに-
2012.10.01
細胞分裂をひきおこす分子を解明 -癌や染色体異常の原因究明と治療に貢献-
2012.07.11
鉄系超伝導体:新メカニズムを示唆する決定的な実験結果
2012.07.09
CERN/LHCの国際共同実験グループ(ATLAS、CMS)がヒッグス粒子探索の最新結果を発表:新素粒子の存在を観測
2012.06.29
100億分の1秒で光増感分子の動きを観測 ~太陽電池や光触媒の機能をつかさどる光励起(※1)構造を解明~
2012.06.18
24時間リズムを生み出す遺伝子発現調節機構を解明 ― 正負の転写制御因子の協調により細胞の「時」が正確に刻まれる―
2012.06.12
新しいニュートリノ振動の存在を99.9%の確からしさで確認~ダブルショー実験の最新の結果から~
2012.05.30
水泳ヒューマノイドロボットを開発 -競泳選手へのフィードバックや水着開発への応用に期待-
2012.05.23
細胞内のタンパク質のフォールディング(立体構造形成)を再現することに成功-分子シャペロンタンパク質の効果を網羅的に評価することで高機能タンパク質生産への道を開拓-
2012.04.19
曲がった空間を動く電子の観測に成功 -アインシュタインの光重力レンズ効果以来、物質系で初-
2012.04.13
カラムナー液晶においてカラム軸に平行な自発分極を持つ強誘電性を確認 ―超高密度メモリー素子への挑戦-
2012.04.11
ウラン化合物で自発的に回転対称性を破った超伝導を検出 -四半世紀以上の謎であった超伝導発現機構解明に重要な手がかり-
2012.04.03
不思議な素粒子ニュートリノの性質を探る
2012.03.16
持続可能性に向け国際政治の枠組み変更を -科学界が根本的な国連改革を提起-
2012.03.16
デフォルメ化で変わる動作認識 -サーブするテニスプレーヤーのCG映像で実証-
2012.03.15
力触覚を正確に再現するハプティックインタフェースを開発-バーチャルリアリティを身近に体感-
2012.02.24
携帯電話による入試の不正行為を検出法を開発
2012.02.20
加速器BNCT用液体リチウムターゲットを開発-都市部病院に設置可能な小型照射システムにめど-
2012.02.01
強磁場実験で磁気の量子力学的発生過程を検証
2012.02.01
毎秒1Gビットで4km伝送可能なミリ波帯無線システムを開発  ~光ファイバーネットワークと無線ネットワークをシームレスに接続~
2011.12.16
DNA やタンパク質をモデルとするプログラムされた合成高分子の折りたたみによる多環多重縮合トポロジーの構築に成功
2011.11.30
ALA にがんの温熱療法の増強効果を発見
2011.11.29
世界初の層状単一配向性を持つ楕円構造
2011.11.21
TSUBAME2.0 がスパコンの世界ランキング
2011.10.21
タンザニア北部にシーラカンスの繁殖集団を発見
2011.10.21
発生やiPS化を表す「地形」を細胞内にプログラミング
2011.09.14
ゲルマニウム酸化物の透明電子伝導体を実現
2011.08.19
ゲノムを損傷から守る細胞内のシステムを発見 オートファジーによる「動く遺伝子」の制御
2011.06.30
島弧の火山フロントに噴出する玄武岩マグマが水に富む 伊豆大島火山の噴出物分析で新知見
2010.11.17
水を使って絶縁体から効率のよい熱電材料を作ることに成功
2010.11.02
様々な環状高分子の自在な合成に成功
2010.10.14
地球中心部の物質を突き止める
2010.10.01
リチウムイオン二次電池のユビキタス元素を用いた新規電極材を開発
2010.09.16
Siナノワイヤトランジスタで高駆動力と低い待機電力を実現
2010.09.10
"スピンの量子引きこもり現象"を解明
2010.06.28
新開発の電子顕微鏡で結晶中のリチウム原子の撮像に成功
2010.06.22
テラヘルツデバイス~世界で初めて室温電子デバイスから1テラヘルツを越える周波数の電波を発生
2010.06.11
細胞の増殖・分化をコントロールする新たなタンパク質を発見
2010.05.12
室温で働く革新的触媒を発見
2010.03.31
Liイオン二次電池新規正極材料および製造法の開発に成功
2010.03.12
サリドマイドが奇形を引き起こす機構を発見
2010.02.22
有機EL素子の取り出し効率を2倍以上に向上
2010.01.25
燃料電池や酸素透過膜におけるイオンの動きを可視化
2010.01.05
生体親和性の高いナノ粒子が血管を通じて薬剤を輸送
2009.12.22
ネオン同位体に新種の中性子ハローを発見
2009.12.02
牛乳房炎のファージセラピー
2009.11.17
世界最小レベルの電力で動く超高速A/D変換器を開発
2009.11.17
広帯域電圧制御発振器で世界最高性能を達成
2009.10.23
固体酸化物形燃料電池(SOFC)の排熱を活用して都市ガスから水素を製造することに世界で初めて成功
2009.09.29
ナノサイズで大きさ均一なシリカ粒子が,規則正しく配列した構造を作る
2009.08.28
新しいメカニズムのHIV感染予防薬
2009.08.20
DNAでつくる"分子ブロック"
2009.07.10
ES/iPS細胞を数千億個の規模にまで増やせる,画期的な幹細胞培養技術
2009.06.19
グリーンITに向けた極低消費電力クロック生成回路技術
2009.05.21
最古の人工プラスチック・フェノール樹脂が高屈折率透明樹脂に変身!安価で軽量なガラス代替材料や高性能レンズとして期待
2009.05.07
心筋分化誘導マスター因子の発見
2009.03.19
脂質メタボローム解析でスルホ脂質生合成の鍵となる新規遺伝子を発見
2009.03.03
折り曲げられる太陽電池の変換効率を大幅に高める技術を開発
2009.01.07
鉄系高温超伝導物質の発見が世界的なブームを巻き起こす

取材申し込み

本学の教職員、学生への取材をご希望の方は、【取材申し込みフォーム】から必要事項を入力し、送信してください。

お急ぎの場合は広報センター(E-mail: media@jim.titech.ac.jp, TEL: 03-5734-2975)に直接ご連絡ください。

取材申し込み