「ものつくり」から生命科学まで。東工大は我が国の理工系総合大学の頂点として、最先端の研究活動をリードしています。建学の精神である「も のつくり」に始まり、環境、情報、電気、生命科学など、幅広い分野で研究成果を次々と生み出しています。

研究ハイライト

細胞の最も基本的な機能「オートファジー」研究

細胞の最も基本的な機能
「オートファジー」研究

オートファジー(自食作用)は細胞が自らの細胞内に持つタンパク質などを分解する機能で、飢餓時の栄養の確保や、細胞にとって不要なタンパク質やオルガネラと呼ばれる細胞内の大きな構造体を除去することで、正常な細胞を維持する仕組みです。オートファジーはがん細胞や老化の抑制など、さまざまな細胞の生理機能に関与しています。大隅良典栄誉教授(フロンティア研究機構)は、世界で初めてオートファジーを肉眼で確認。その過程に関わる遺伝子を次々と明らかにし、その機構の解明を進めてきました。大隅栄誉教授は生命科学分野での貢献を評価され、2013年には「トムソン・ロイター論文引用栄誉賞」、2016年には「ノーベル生理学・医学賞」を受賞しました。

参考・関連リンク

ノーベル生理学・医学賞2016 特設ページヘ

大隅良典栄誉教授が「オートファジーの仕組みの解明」により、2016年ノーベル生理学・医学賞を受賞しました。受賞決定後の動き、研究概要をまとめた特設ページをオープンしました。

ノーベル生理学・医学賞2016 特設ページヘ

常識を覆した超電導材料を発見

常識を覆した
超電導材料を発見

細野秀雄教授(フロンティア研究機構/元素戦略研究センター)は、鉄は超電導にならないという常識を覆し、2008年に鉄系高温超電導体を発見。これを機に新たな超電導材料の研究が世界中で加速し、70以上の新超電導体が発見されています。細野論文は世界中から注目され引用回数は5,000回を超え、2013年に「トムソン・ロイター論文引用栄誉賞」、2016年には「日本国際賞」を受賞しました。材料科学研究の分野で東工大の元素戦略研究センターは世界をリードしています。

参考・関連リンク

省エネ性能世界一スパコン「TSUBAME」

省エネ性能世界一スパコン
「TSUBAME」

「TSUBAME」は東工大の先端的研究教育を支える高性能スパコンシリーズで、松岡聡教授(学術国際情報センター)を中心に開発が進められてきました。TSUBAME2.0(2010年稼働)はスパコンランキングで2010年11月に世界4位を獲得。TSUBAME2.5(2013年稼働)は、単精度浮動小数点での理論演算性能は毎秒17.1ペタフロップスの処理能力を持ち、国内最速のスパコン「京」(11.4ペタフロップス)を上回りました。同シリーズでTSUBAME3.0のプロトタイプである「TSUBAME-KFC」は冷却システムに油浸を採用し、消費電力の大幅低減を実現、省エネ性能を競う世界ランキングGreen500で2013年11月、2014年6月と2期連続世界1位となりました。2017年には更に大幅に性能をアップした「TSUBAME3.0」が稼働。TSUBAMEは進化し続けています。

※ペタフロップス:1秒間に1,000兆回の浮動小数点数演算(実数計算)

参考・関連リンク

太陽電池パネルで覆われた環境技術の研究棟

太陽電池パネルで覆われた
環境技術の研究棟

南面/西面の壁面と屋上を4,570枚の太陽電池パネルで覆った「環境エネルギーイノベーション棟」が、2012年に東工大の大岡山キャンパス内に竣工しました。太陽電池パネルによる再生可能エネルギーと不足分を補う燃料電池を組み合わせ、棟内で消費する電力をほぼ自給自足できるエネルギーシステムを持つ、世界でも類をみない研究棟です。棟内ではエネルギー情報の集約化、見える化を行うとともに、電力の需給バランスを保つ機能を持つスマートグリッド管理システム"エネスワロー"が運用されています。CO2排出量を約60%削減することに成功し、環境エネルギー技術の研究をリードするとともに、地震等災害時における地域の災害対策機能も担っています。

参考・関連リンク

地球と生命の謎を解き明かす地球生命研究所(ELSI)

地球と生命の謎を解き明かす
地球生命研究所(ELSI)

地球生命研究所(ELSI)は「地球がどうやって出来たのか、生命はいつどこで生まれ、どのように進化して来たのか」という人類の根源的な謎を解明することを目的として、2012年に世界トップレベルの研究拠点形成を目指す文部科学省のWPIプログラムによって設立されました。米国プリンストン高等研究所、ハーバード大学、愛媛大学の3つのサテライト拠点をはじめとした多数の国内外の研究機関との国際協力体制をもとに、世界中から優秀な研究者が集い、理想的な研究環境を整えています。最近では、特殊な温泉環境下で無機的な化学反応によって生命のもととなる炭化水素が合成されていることを突き止め、地球初期の生命誕生のメカニズムを解き明かしました。また、地球中心部に大量の水素があることを明らかにし、地球誕生時には大量の水が既に存在していたという地球形成の歴史の新しい発見をするなど、目ざましい成果を続々と生み出しています。

参考・関連リンク