東工大への寄附

遺言によるご寄附(遺贈)

今まで築いてきた大切な財産を未来に繋げるために

近年、少子高齢化による社会情勢の変化や相続財産に関わる法制度の変更などにより、相続や遺言に関する関心が非常に高まっております。また、自分らしい人生の集大成として、「今まで築いてきた大切な財産の一部を社会のために役立てたい」と考えている方が増えつつあります。

東京工業大学では、皆様のご遺志を未来に受け継ぎ実現するために、金融機関と提携し「遺言によるご寄附(遺贈)」をお受けし、皆様からのこのような想いに応えていきたいと思います。

本学は、日本の国際競争力の源泉である「基礎科学力」の低下が懸念される中、世界のトップ10 に入る「リサーチユニバーシティ」を目指し、教育研究改革を推進しております。この戦略的改革を進めるためには財政的基盤の強化は不可欠であり、皆様方の絶大なるご支援を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

遺贈等の相続財産のご寄附に関するフローチャートは、下記のようになります。

ご寄附してくださる方や時期により、次の3通りの方法がございます。

A.
遺言によるご寄附(遺贈)
B.
相続財産からのご寄附
C.
生前のご寄附

大切な財産を未来に繋げるために、以下のご寄附をご検討いただけますと幸いです。

※タブを切り替えて、それぞれのご寄附についての詳細をご覧いただけます。

A. 遺言によるご寄附(遺贈)

遺贈とは、遺言書を作成し、ご自身が今まで築いてきた財産を相続人に限らず、特定の人に贈ることや特定の団体に寄附することをいいます。財産の一部の受取人として東京工業大学を指定することによって、本学における教育研究活動を通じた社会貢献活動に、ご遺産を有効に活用させていただきます。

ご遺贈いただいた財産について、相続税は課税されません。

資料請求・相談の申し込み

遺言によるご寄付(遺贈)のお手続きの流れ

取扱金融機関

東京工業大学では、下記の金融機関と提携しております。(順不同)

三井住友銀行 / 三菱UFJ信託銀行 / みずほ信託銀行

B. 相続財産からのご寄附

東京工業大学では、ご遺族の方より、相続財産からのご寄附もお受けしております。

被相続人がご逝去された翌日から10ヵ月以内に、相続税の申告・納付をされた場合には、ご寄附いただいた相続財産には相続税が課税されません。

資料請求・相談の申し込み

相続財産からのご寄付・相続税申告の流れ

C. 生前のご寄附

東京工業大学の教育研究活動を通じた社会貢献活動に役立てたいとお考えの方の生前のご寄附についても、ありがたくお受けいたします。

生前のご寄附には、都度ご寄附いただく「一般寄附」と継続的にご寄附いただく「サポーターズ会員制度」がございます。

また、寄附の方法には、銀行振込、クレジットカード、インターネットバンキング、コンビニからの送金などをご利用いただくことができます。(詳しくは「寄附をする」ページをご覧下さい)

ご検討いただけますよう、お願い申し上げます。

東京工業大学へのご寄附は寄附金控除の対象となり、確定申告を行うことにより税制上の優遇措置を受けることができます。

東京工業大学へのご寄附は、所得税法 第78条 第2項 第2号の「寄附金控除」の対象となり、確定申告を行うことにより、税制上の優遇措置を受けることができます。

寄附金控除には、「所得控除制度」と「税額控除制度」の2 種類があります。税額控除制度は、平成28 年の税制改正により導入された制度であり、本学の「修学支援基金」へご寄附いただいた個人に限り、控除を受けることができます。また、所得控除と税額控除のいずれか一方の有利な制度を選択いただけます。

現金以外のご寄附について

土地・建物等の不動産や株式のご寄附もお受けしております。

本学では、これらの現物寄附に対する課税(みなし譲渡所得課税)に関することなど、さまざまなご相談を承っております。お気軽にご相談下さい。

ご厚意への感謝

一定額以上のご寄附をいただいた方のご厚意に感謝の意を表し、芳名刻印レンガを大学施設内に設置いたします。

また、多大なご寄附をいただいた場合、寄附者または故人のご芳名を冠した基金・奨学金などを新設することが可能です。

紺綬褒章

紺綬褒章は、日本の褒章制度のひとつとして、公益のために私財を寄附された方に授与されるものです。500万円以上のご寄附をいただいた方には、ご意思を確認のうえ、申請の手続きをいたします。

寄附に関するお問い合わせ窓口

東京工業大学 基金室 03-5734-2415・2417 03-5734-2485

bokin@jim.titech.ac.jp

お電話による受付時間:平日(月~金)10:00~17:00 土日、祝日、年末年始、その他臨時休業日を除く