研究

東工大ニュース

富田悟助教が郡山市制施行90周年・合併50年記念表彰を受賞

2014.11.28

11月4日、福島県郡山市で郡山市制施行90周年・合併50年記念式典が開催され、東京工業大学放射線総合センターの富田悟助教が東日本大震災からの復旧・復興に貢献したとして郡山市長より表彰されました。同時に、支援団体として東京工業大学も表彰されました。

放射線総合センターは、東日本大震災による原子力災害発災以来、福島県内外の市町村の復興と一般市民の生活安定のため、原子力災害の克服に協力しています。郡山市とは本学学生の紹介により2011年11月から、富田助教が原子力災害対策アドバイザーとして郡山市役所の業務を支援し、一般市民との活動を続けてきました。2014年郡山市制90周年を機に、この業績に対して表彰されました。

式典の様子
式典の様子

富田悟助教のコメント

放射線の安全管理を専門とする本センターに属する私は、今回の原子力災害により被災した福島の方々へ復興の支援を行うことを義務と思い活動してきました。そのため、このような表彰を受けることは望外でした。今までの支援活動を評価していただけたことを大変光栄に思います。この活動は、本学から特別に手当された予算により実施され、また、私が活動する上で、本センターの職員全員がバックアップしてくれたことが、この活動の評価される一因であったことも確かです。このことは団体として本学も表彰されたことに現れています。この受賞を職員全員で喜び、被災からおよそ3年間、大変な状況を乗り越えて来られた郡山市長をはじめ郡山市民の皆様、郡山市役所の皆様に改めて敬意を表します。受賞に際し品川市長より、災害復興は道半ばであり変わらぬ支援をお願いされ身の引き締まる思いでした。

表彰を受ける富田悟助教
表彰を受ける富田悟助教

表彰を受ける富田悟助教

お問い合わせ先

富田 悟
TEL:045-924-5896
Email : stomita@ric.titech.ac.jp