研究

東工大ニュース

「トムソン・ロイター引用栄誉賞」授賞式

2014.01.10

フロンティア研究機構の細野秀雄教授、大隅良典特任教授が2013年9月に受賞した「トムソン・ロイター引用栄誉賞」の授賞式が、1月7日(火)に本学にて行われ、トムソン・ロイター IP & Science アジア・太平洋地域統括マネージングディレクター 長尾正樹様よりCertificateが授与されました。

同賞は、トムソン・ロイターが保有する世界最高水準の学術文献・引用データベース「Web of Science」上で被引用数の各分野上位0.1パーセントにランクする研究者から選出されます。その中でハイインパクト論文(各分野において最も引用された上位200論文)を検証し、ノーベル委員会が注目すると考えられるカテゴリごとに人物が決定されます。 同賞の選考分野は、ノーベル賞に対応する4つの分野(医学・生理学賞、物理学賞、化学賞、経済学賞)が対象となっており、2012年ノーベル医学・生理学賞を授賞された京都大学・山中伸弥教授も2010年に同賞に選出されています。

今回、細野教授は物理学分野において、大隅特任教授は医学・生理学分野において選出されました。

「トムソン・ロイター引用栄誉賞」授賞式

ノーベル生理学・医学賞2016 特設ページヘ

大隅良典栄誉教授が「オートファジーの仕組みの解明」により、2016年ノーベル生理学・医学賞を受賞しました。受賞決定後の動き、研究概要をまとめた特設ページをオープンしました。

ノーベル生理学・医学賞2016 特設ページヘ