研究

東工大ニュース

NHK Eテレ サイエンスZEROに大隅良典栄誉教授が出演

2015.09.07

フロンティア研究機構大隅良典栄誉教授がNHK Eテレの科学番組、「サイエンスZERO」のオートファジー特集に出演します。

撮影の様子
撮影の様子

撮影の様子

大隅教授は、細胞が自身の一部を分解したり、内部の不要物を除去し、侵入者を排除して、健全な細胞を維持するオートファジー現象を世界で初めて肉眼で観察することに成功しました。

オートファジーは細胞のリサイクルシステムで、体の恒常性を維持する機能を持っており、アルツハイマー病などの神経変性疾患、癌、加齢に伴う病気などを治療する医療への応用が期待されています。

大隅教授は、オートファジーに関わる遺伝子群を明らかにし、その分子機構を解明しました。その研究が評価され、今年、ガードナー国際賞や国際生物学賞を受賞しています。

番組では、サイエンス作家の竹内薫さんと女優の南沢奈央さんの進行で、VTRやコンピュータグラフィックスを駆使してオートファジーについてわかりやすく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

フロンティア研究機構大隅良典栄誉教授

フロンティア研究機構大隅良典栄誉教授

ノーベル生理学・医学賞2016 特設ページヘ

大隅良典栄誉教授が「オートファジーの仕組みの解明」により、2016年ノーベル生理学・医学賞を受賞しました。受賞決定後の動き、研究概要をまとめた特設ページをオープンしました。

ノーベル生理学・医学賞2016 特設ページヘ