研究

東工大ニュース

2016年度蔵前特別賞・蔵前ベンチャー賞授賞式 開催報告

2017.01.11

12月1日、2016年度蔵前特別賞・蔵前ベンチャー賞の授与式、記念講演会が大岡山キャンパスのディジタル多目的ホールにて開催されました。

前列左より受賞者 黒澤広一総務部長(大隅良典栄誉教授代理)、道家達將名誉教授、土屋清美氏、藤代真一氏、中田周一氏、今城康隆氏 後列左より谷明人経済産業省技術総括審議官、三島良直学長、石田義雄蔵前工業会理事長

前列左より受賞者 黒澤広一総務部長(大隅良典栄誉教授代理)、道家達將名誉教授、土屋清美氏、藤代真一氏、中田周一氏、今城康隆氏
後列左より谷明人経済産業省技術総括審議官、三島良直学長、石田義雄蔵前工業会理事長

蔵前ベンチャー賞は2007年、蔵前特別賞は2009年に、東工大の全学同窓会である蔵前工業会が設置した賞です。蔵前ベンチャー賞は、高い経営理念を持って新しい技術・サービス・製品・ビジネスモデル等を事業化することにより、新しい市場や雇用を創造した東工大発もしくは東工大卒業生によるベンチャーを表彰しています。一方、蔵前特別賞は、社会の進歩に顕著に貢献した個人または企業を表彰しています。

蔵前ベンチャー賞がベンチャー・中小企業の革新、活性化の一助となること、また蔵前特別賞により、本学卒業生や本学教員の多方面での活躍や社会貢献を多数の方に知っていただく機会となることが期待されます。

今年度の蔵前特別賞は、大隅良典栄誉教授と道家達將名誉教授が受賞しました。大隅栄誉教授は、2016年のノーベル生理学・医学賞を受賞されています。また道家名誉教授は、東工大の優れた実績と良き伝統を後進に伝えることに大いに貢献したことに対し、授与されました。

蔵前ベンチャー賞を受賞した、株式会社Sound-F、株式会社シンクロ・フードの2社は、IT技術を活用してまったく新しいビジネスモデルに挑戦し、次々と実績を上げています。株式会社クロイツ、株式会社EMEの2社は、自社の技術開発力によってその分野で世界一の、オンリーワン企業に成長しました。今回のベンチャー賞4社はバラエティに富み、いずれも個性的でベンチャーの模範となる活躍をみせています。

当日は授与式に引き続き、両賞の受賞者による記念講演会が行われ(大隅栄誉教授は欠席)、その後は会場をコラボレーションルームに移して交流会が催されました。

講演会参加者は110名(うち学生13名)、その後の交流会参加者は88名(うち学生9名)と大変盛況となりました。交流会では、講演者を中心にして会話の輪が広がり、活発な交流がなされました。

蔵前特別賞

受賞者

大隅良典氏 東京工業大学栄誉教授

受賞理由

細胞が自らのタンパク質を分解して再利用する「オートファジー」(自食作用)の仕組みを解明した。この仕組みは、細胞で構成されるあらゆる生物における課題に新たな道を切り開き、ヒトにおいてもがんや神経疾患等に対するこれまでと異なった治療への道が期待されるなど、新たな医療分野へ大きく貢献するものである。

受賞者

道家達將氏 東京工業大学名誉教授、博物館特命教授

  • 1951年名古屋大学化学科卒
  • 1973年東工大教授
  • 1989年東工大名誉教授

受賞理由

江戸後期の植物学者、化学者宇田川榕菴(うだがわようあん)や古代製鉄の科学史・技術史研究と、益子焼やフェライト、水晶振動子、光ファイバーなど東工大の誇るべき研究成果を広く世界に広報・啓蒙しIEEE(Institute of Electrical and Electronic Engineers、米国電気電子学会)による遺産認定や著名な学術賞等をこれらの研究者にもたらすことに大きく貢献した。

蔵前ベンチャー賞

株式会社Sound-F

代表取締役社長(創業者)土屋清美氏 1982年東工大(応用物理)卒、2006年創業

受賞理由

金融とITの専門知識を活用し金融ソリューションの基盤ソフトの開発に着実な事業展開を行っている。フィンテックの新サービスを次々に生み出す新しい時代をリードするベンチャーとして活躍が期待される。

株式会社シンクロ・フード

代表取締役(創業者)藤代真一氏 1997年東京理科大学卒、1999年東工大(物質科学創造専攻)卒、2003年創業

受賞理由

飲食店の出店・運営に関わる業務を、インターネットを活用して効率化する新しいビジネスモデルを企画・実現している。飲食店.comの会員は累計で10万人に近づいている。2016年9月東証マザーズ上場。

株式会社クロイツ

代表取締役会長(創業者)中田周一氏 1970年東工大(生産機械)卒、1989年創業

受賞理由

「バリ取りの全てを工学する」を開発理念とし、バリ取りロボットおよび刃具を独自開発して事業を拡大した。この分野の圧倒的な世界トップメーカーとして一層の発展が期待される。

株式会社EME

代表取締役(創業者)今城康隆氏 1963年東工大(機械)卒、1996年東芝退職後、創業

受賞理由

真空ミキサーのパイオニア。独自の自転/公転、真空攪拌脱泡並びにシリンジ充填機を開発し国内外の液晶メーカーに独占的に納入。対象分野を液晶からLED、太陽電池、燃料電池、医療分野等に拡大中。

1月12日15:30 本文中に誤りがあったため、修正しました。