研究

東工大ニュース

TAIST学生との交流~日本・タイ高度人材育成ネットワークを強化~

2017.04.13

本学では、2007年よりタイ国立科学技術開発庁及びタイのトップクラス大学と連携し、TAIST- TokyoTech(以下、TAIST)という修士課程プログラム(自動車工学、組込情報システム、環境工学の3分野)をタイで実施しています。

2016年10月30日~11月19日の間(計21日間)、TAISTの学生が修士研究における本学の副指導教員の研究室に滞在し、本学学生との共同研究を通じて、日・タイ高度人材育成ネットワークを強化する学生交流プログラム「TAIST-Tokyo Tech Student Exchange Program in Japan 2016-SAKURA Exchange Program in Science」を計画し、TAIST修士2年生10名(タイ人8名、パキスタン人1名、スリランカ人1名)を招へいしました。この活動は、国立研究開発法人 科学技術振興機構の平成28年度日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)の支援を受けて実施しました。

プログラム中、TAIST学生は各研究室に配属され、それぞれの研究室で研究活動を行いました。各研究室は歓迎会を行ったりして、学生を暖かく迎え入れました。TAIST学生の一人は、「良い研究計画を立て、受入指導教員やチームのメンバーとディスカッションができ、その結果、滞在中に計画通り研究を進めることができた」との感想を述べました。また、各プログラムに分かれて関連分野(自動車工学は、機械力学・運動分野、制御・計測分野、エネルギー分野。組込情報システムは、高機能情報システム分野、通信情報システム分野、ヒューマンインターフェース分野。環境工学は、無機材料分野、水圏環境、開発資源分野)の研究室訪問を行い、副指導教員や各研究室の学生から研究内容について紹介され、TAIST学生は積極的に質問を行い、自分の受入研究室やそれ以外の研究室の研究内容について、理解を深めることができました。また、日本の進んだ研究や学生たちが熱心に研究に取り組む姿に感銘を受けていました。その他の活動として、キャンパスツアーでは、スーパーコンピューターTSUBAME、環境エネルギーイノベーション(EEI)棟、図書館を見学しました。特にスーパーコンピューターTSUBAMEに対する学生の関心が高く、活発に質問がなされました。

工学院 花村克悟教授の研究室訪問の様子
工学院 花村克悟教授の研究室訪問の様子

副指導教員の研究室で、研究を行うTAIST学生
副指導教員の研究室で、研究を行うTAIST学生

昨年度タイに派遣された本学学生と日本科学未来館を訪問
昨年度タイに派遣された本学学生と日本科学未来館を訪問

休日には、昨年TAIST学生交流プログラムで本学からTAISTに派遣された学生と一緒に、日本科学未来館や科学技術館を訪問し、革新的な技術について体験することができました。本学学生も、英語で積極的にTAIST学生と交流し、親交を深めました。

また企業訪問として、富士フィルム株式会社小田原サイトの記録メディアの生産工場を見学し、富士フィルムの歴史や、先進・独自の技術、環境への配慮について学びました。

帰国前日となる11月18日には、合同研究成果発表会として、ポスターセッションを行いました。受入教員や受入研究室の学生約30名が来場し、発表者と活発に議論を交わしました。その後、TAIST運営副委員長の奥村学教授により、修了証の授与が行われ、受入教員よりTAIST学生の努力を評価するコメントがありました。

このプログラムを通し、学生たちは、本学での研究生活を実体験することができ、新しい科学技術の知識やスキルを習得しながら、研究を進めることができました。また、日本を訪れたこと、日本人と接したことにより、日本の文化や歴史、日本人の日常生活や考え方を理解し、日本に対する興味を更に深めることができました。TAIST学生全員が「将来また日本を訪れたい」との感想を持って、帰国しました。また、本学学生にとっても、TAIST学生と交流し、グローバルなネットワークを構築する良い機会となりました。

合同研究成果発表会終了後の修了証授与
合同研究成果発表会終了後の修了証授与

TAIST:Thailand Advanced Institute of Science and Technologyの頭文字。タイ政府からの要望により、理工系分野での高度な「ものつくり人材」の育成と研究開発のハブを目指して設立。タイにおいて、急速な工業化から派生する諸問題の解決や持続可能な発展に資する研究開発、人材育成を目的としています。

お問い合わせ先

国際部国際事業課 TAIST事務室

Email : taist@jim.titech.ac.jp
Tel : 03-5734-2237