イベント

杉原由希子(日本フィル首席奏者)オーボエ・リサイタル 東工大コンサートシリーズ

RSS

杉原由希子さん杉原由希子さん

2015年から始まった東工大コンサートシリーズ(Art Meets Engineering@Tokyo Tech)の2016年度第1回目は、木管楽器オーボエにスポットライトを当てます。

オーボエは、オーケストラのプリマドンナ(オペラでは主役の女性のこと)です。その多彩な音色と表情(喜怒哀楽)、時に分厚い響きを突き抜ける強さを持ち、時に他の楽器と見事に溶け込む音色が、管弦楽作品に不可欠だからでしょう。また、オーケストラのチューニングは、オーボエ首席奏者のA(ラ)の音で始まります。この楽器の魅力をリサイタルの形で味わってもらおうと思います。20世紀の傑作をピアノ、弦楽器とともに紹介する贅沢なプログラムです。今、東京のオーケストラ界で最も輝いているオーボエ奏者、日フィルの杉原由希子さんに来てもらいます。

本公演では、およそ65年前に東京藝大から東工大に移管されたお宝、ベヒシュタイン・ピアノ(1923年頃製作)を使用します。ベヒシュタインは、世界三大ピアノと呼ばれ、19世紀半ばから多くのピアニストや作曲家に愛されてきました。クロード・ドビュッシーは「ピアノ音楽はベヒシュタインのためだけに書かれるべきだ」と言う言葉を残しているほどです。

本公演は、入場無料・先着順(約300名)でどなたでも参加できます(ただし、未就学児童はお断りします)。

桜も終わり、新緑の映える大岡山キャンパスで、楽しいひと時を!

開催概要

日時
4月18日(月)17:30~開演(17:00開場、19:00終演予定)
場所
出演者
杉原由希子(オーボエ)、坪井きらら(ヴァイオリン・日本フィル)、村田恵子(ヴィオラ・都響)、辻本玲(チェロ・日本フィル首席奏者)、原田恭子(ピアノ)
参加方法
無料(先着順約300名、未就学児童の入場はお断りいたします)
主催
東京工業大学大学院 理工学研究科工学系企画広報室
後援
日本フィルハーモニー交響楽団、国際フロンティア教育プログラム、リベラルアーツ教育研究院、世界文明センター

プログラム

  • ベンジャミン・ブリテン 幻想四重奏曲op. 2(1932年)(ob, vn, va, & vc)

  • アンドレ・ジョリヴェ セレナード(1945年)(ob & pf)

  • 休憩

  • フランシス・プーランク オーボエ・ソナタ FP185(1962年)(ob & pf)

  • ボフスラフ・マルティヌー オーボエ四重奏曲 H. 315(1947年)(ob, vn, vc, & pf)

出演者プロフィール

杉原 由希子(すぎはら ゆきこ)

愛知県立芸術大学音楽学部卒業。東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程修了。

第99回高校生国際コンクール第3位入賞。愛知県立芸術大学卒業演奏会に出演。YAMAHA新人演奏会に出演。第76回日本音楽コンクール入選。09年東京芸術大学大学院在学中、チェンバーオーケストラ演奏会においてゲルハルト・ボッセ指揮、ハイドン作曲協奏交響曲のソリストを努める。2010年4月日本フィルハーモニー交響楽団に入団。室内楽では木管五重奏団、《アミューズ・クインテット》として活動中。2013年度より 三井住友海上文化財団契約アーティストとして日本各地のコンサートホールでコンサートを開催。2016年1月27日に白寿ホールにて第3回定期演奏会を開催。2015年1月、ソリストとしてモーツァルトのオーボエ協奏曲を小林研一郎指揮、日本フィルハーモニー交響楽団と共演。これまでに、オーボエを和久井仁、古部賢一、浦丈彦、小畑善昭、青山聖樹の各氏に師事。現在、公益財団法人日本フィルハーモニー交響楽団首席オーボエ奏者。

他の出演者の経歴や曲目解説は、当日配布予定のプログラムに掲載いたします。

杉原由希子(日本フィル首席奏者)オーボエ・リサイタル 東工大コンサートシリーズ ポスター

問い合わせ先

工学系企画広報室 准教授 小西玄一
(4月から物質理工学院)

E-mail : konishi.g.aa@m.titech.ac.jp
Tel : 03-5734-2321

更新日:2019.02.21

RSS