イベント

Tokyo Tech MOOC Forum 2017

RSS

大学にとって世界へ向けてMOOC(Massive Open Online Course)を発信する意義は?どのように学内でMOOCを活用するか?MOOCをどのように制作していくか?これからのMOOCはどうなっていくのか?MOOC修了を単位化する?さらにはMOOCを活用したオンライン学位の可能性は?

edXやCourseraなどのMOOCプラットフォームが立ち上がり、5年が過ぎようとしています。その間、日本の大学からも多くの講座が世界に向けて発信されてきました。本フォーラムではMOOCの今までを振り返り、スタンフォード大学とedXコンソーシアムに加盟する日本の大学の取り組みからMOOCの未来を考えます。

開催概要

日時
2017年3月10日(金)13:30 - 15:30
会場
対象
教育関係者、学生
使用言語
日本語、英語
お申し込み
2月28日までに申し込みフォームouterから参加登録をお願い致します。

内容

13:30 - 13:35

開会挨拶

松澤昭教授(東京工業大学教育革新センター長)
13:35 - 14:15

基調講演

Dr. Grace K. Lyo, Director of Digital Learning Innovations, Vice Provost for Teaching and Learning, Stanford University:
"Stanford University, birthplace of MOOC Mania: where have we been, and where are we going?"
14:15 - 15:25

パネルディスカッション

パネリスト: edX 日本加盟校

東京大学(藤本徹特任講師)
京都大学(酒井博之准教授)
大阪大学(竹村治雄教授)
早稲田大学(大浦弘樹助教)
東京工業大学(クロス S. ジェフリー教授)
15:25 - 15:30

閉会挨拶

丸山俊夫(東京工業大学理事・副学長(教育・国際担当))

Tokyo Tech MOOC Forum 2017 チラシ

関連情報

お問い合わせ先

教育革新センター オンライン教育開発室

E-mail : oedo@citl.titech.ac.jp
Tel : 03-5734- 3445

2月8日15:00 イベント内容に追記を行いました。

更新日:2017.02.08