イベント

リベラルアーツ研究教育院主催 演劇ワークショップ2017「大岡山の物語」(全4回)

RSS

-大岡山を題材にみんなで演劇をつくろう!-

2017年夏、5回にわたって開催された、演劇ワークショップ「声に出してシェイクスピア 悲劇編その1『マクベス』」の参加者から、最終日に「『劇団大岡山』を作ってみたい」という声があがりました。

それを受けて、この度「大岡山の物語」として、参加者自らが演劇作品を作り出していくワークショップを開催することにいたしました。各参加者がそれぞれの「大岡山」にまつわるエピソードを持ち寄り、言葉や文章に置き換えて共有し、自らが演じる作品にまとめ上げていくものです。

今回は、世田谷パブリックシアターのワークショップなど、数々の実績を持つ関根信一氏を講師に迎え、前回に続き、英国現代劇を専門とし、演劇評論家でもある谷岡健彦教授がコーディネーターを務めます。

参加者の内側にあるエピソードを、形ある作品にし、外に向けて表現していくプロセスを経験できる貴重な機会です。演劇経験の有無は問いませんので、ぜひご参加ください。

日時
2017年11月30日、12月7日、14日、21日(いずれも木曜日) 17:30 - 20:00
場所
東京工業大学 大岡山キャンパス 大岡山西9号館 7階 714教室(土足禁止の教室です)
対象
本学学生、教職員、一般
受講料
3,000円(全4回分)、本学学生・教職員は無料
定員
20名(先着順、11月1日より受付開始)
申込

リベラルアーツ研究教育院文系教養事務

E-mail : ilasym@ila.titech.ac.jp

Tel : 03-5734-7689

(平日 10:30 - 17:00)

※1回ずつの募集は行なわず、4回通じての申込のみ承ります。やむをえない事情による遅刻や欠席については、出来る限りの対応をいたしますので、ご相談ください。

※演技の練習もありますので、身体を動かしやすい服装でお越しください(更衣スペースも用意いたします)。

リベラルアーツ研究教育院主催 演劇ワークショップ「大岡山の物語」 チラシ

リベラルアーツ研究教育院

リベラルアーツ研究教育院 ―理工系の知識を社会へつなぐ―
2016年4月に発足したリベラルアーツ研究教育院について紹介します。

リベラルアーツ研究教育院(ILA)outer

学院・系及びリベラルアーツ研究教育院outer

お問い合わせ先

リベラルアーツ研究教育院文系教養事務

E-mail : ilasym@ila.titech.ac.jp

Tel : 03-5734-7689(平日 10:30 - 17:00)

10月31日15:00 タイトルを修正しました。

更新日:2019.02.21

RSS