イベント

東工大コンサートシリーズ・第1回すずかけ台キャンパス演奏会

RSS

— ソプラノとピアノのデュオによる珠玉のオペラアリアとクリスマスソング —

本演奏会は、2015年から始まった東工大コンサートシリーズ (Art Meets Engineering@TokyoTech) の第1回 すずかけ台キャンパス演奏会です。

本演奏会では、「ソプラノとピアノのデュオによる珠玉のオペラアリアとクリスマスソング」と題し、二人の気鋭の在京演奏家によるクリスマスソングやオペラアリアを中心とした名曲の数々をお届けいたします。しばし日常を忘れ、珠玉のひとときをお楽しみください。

開催概要

日時
2017年12月21日(木)17:30(17:00開場、19:00終演予定)
場所
出演者
  • ソプラノ:工藤あかね
  • ピアニスト:中村和枝
参加方法
無料(定員230名先着順)
※未就学児童はお断りしています。
主催
東京工業大学 工学院、物質理工学院、環境・社会理工学院

プログラム(予定)

詳細は当日発表しますが、決定済みの曲目は下記です。

  • クリスマスソング:Silent Night, The First Noel, Amazing Graceなど
  • ピアノソロ:ショパン「ノクターン遺作 20番 嬰ハ短調」、ショパン「ワルツ遺作 19番 イ短調」など
  • 歌曲:サティ「潜水人形」全5曲、サティ「エンパイア劇場の歌姫」など
  • オペラアリア:
    モーツァルト「フィガロの結婚」より「ケルビーノのアリア“恋とはどんなものかしら”」
    モーツァルト「フィガロの結婚」より「伯爵夫人のアリア“愛の神よ照覧あれ”」
    ワーグナー「タンホイザー」より「エリザベート“歌の殿堂のアリア”」
    プッチーニ「ラ・ボエーム」より「ミミのアリア“私の名はミミ”」
    プッチーニ「蝶々婦人」より「蝶々婦人のアリア“ある晴れた日に”」など

ソプラノとピアノのデュオによる珠玉のオペラアリアとクリスマスソング チラシ

ソプラノとピアノのデュオによる珠玉のオペラアリアとクリスマスソング チラシ

工学院

工学院 ―新たな産業と文明を拓く学問―
2016年4月に新たに発足した工学院について紹介します。

工学院

学院・系及びリベラルアーツ研究教育院outer

物質理工学院

物質理工学院 ―理学系と工学系、2つの分野を包括―
2016年4月に新たに発足した物質理工学院について紹介します。

物質理工学院

学院・系及びリベラルアーツ研究教育院outer

環境・社会理工学院

環境・社会理工学院 ―地域から国土に至る環境を構築―
2016年4月に新たに発足した環境・社会理工学院について紹介します。

環境・社会理工学院

学院・系及びリベラルアーツ研究教育院outer

お問い合わせ先

東京工業大学
工学院、物質理工学院、環境・社会理工学院

E-mail : suz_concert@materia.titech.ac.jp
Tel : 045-924-5953 / 045-924-5448

11月21日14:30 タイトルの表示を一部修正しました。
11月24日09:30 本文中に誤りがあったため、修正しました。

更新日:2019.02.21

RSS