イベント

声に出してシェイクスピア特別篇「歴史劇の現場から2」―新国立劇場の『ヘンリー五世』をめぐって―

RSS

シェイクスピアの歴史劇は日本ではなじみが薄く、なかでも『ヘンリー五世』はほとんど上演されたことがありません。しかし、本国イギリスでは人気の高い演目で、ヘンリー五世は類まれなるリーダーシップを発揮して逆境を乗り切った国王の鑑として、ひろく知られています。第二次世界大戦中には、戦意昂揚のためにローレンス・オリヴィエが監督・主演を務めた映画も撮られました。

しかし、シェイクスピアは、ただ愛国心をかきたてるだけの戯曲を書いたわけでもありません。2003年、当時のイギリスのブレア首相がイラク進攻に踏み切ったとき、ロンドンのナショナル・シアターが舞台にかけたのは『ヘンリー五世』でした。はたして戦争に大義があるのかどうか、観客といっしょに検証してみようというのが芸術監督の意図だったのでしょう。

このように多様な解釈を許す魅力的な戯曲が、5月から初台の新国立劇場で上演されます。東工大リベラルアーツ研究教育院は、2年前の『ヘンリー四世』二部作の際のシンポジウムと同様に、作品の見どころや演出の意図などを、学内でざっくばらんに論じ合う機会を設けることにしました。パネリストとしてお招きするのは、シェイクスピア劇の魅力を明晰に語ることにかけては定評のある武蔵大学准教授の北村紗衣氏、『ヘンリー五世』に出演中の俳優の下総源太朗氏、新国立劇場での歴史劇の上演に長く関わってきた制作者の三崎力氏のお三方です。司会は、『ヘンリー五世』公式サイトにコラムを寄稿している本学の小泉勇人准教授が務めます。ぜひご来聴ください!

日程
2018年5月28日(月)18:00 - 20:00
場所
対象
本学学生、教職員、一般、入場無料、予約不要

声に出してシェイクスピア特別篇「歴史劇の現場から2」―新国立劇場の『ヘンリー五世』をめぐって― チラシ表

声に出してシェイクスピア特別篇「歴史劇の現場から2」―新国立劇場の『ヘンリー五世』をめぐって― チラシ裏

声に出してシェイクスピア特別篇「歴史劇の現場から2」
―新国立劇場の『ヘンリー五世』をめぐって― チラシ表・裏

外国語だよりVol.1_1

外国語だよりVol.1_2

外国語だよりvol.1(2016年発行)掲載記事
「歴史劇の現場から」―新国立劇場の『ヘンリー四世』の上演をめぐって―

リベラルアーツ研究教育院

リベラルアーツ研究教育院 ―理工系の知識を社会へつなぐ―
2016年4月に発足したリベラルアーツ研究教育院について紹介します。

リベラルアーツ研究教育院(ILA)outer

学院・系及びリベラルアーツ研究教育院outer

お問い合わせ先

リベラルアーツ研究教育院文系教養事務

E-mail : ilasym@ila.titech.ac.jp
Tel : 03-5734-7689(平日 9:30 - 16:00)

4月24日11:45 PDFのタイトルを修正しました。

更新日:2018.04.24

RSS