イベント

第39回 蔵前科学技術セミナー

RSS

一般社団法人蔵前工業会は、時宜に適した技術テーマを取り上げて「蔵前科学技術セミナー」を主催してきました。今年は、国立大学法人東京工業大学との共催により、「今、原子力研究が目指すものは何か」を特集テーマとする講演会を開催致します。2011年の福島第一原発事故から7年余り経過した事故現場の状況と今後の見通しについて関係者から説明いただくとともに、このような現状を背景に、核分裂発見から80年の今、大学の研究機関が目指す先導的研究について開発に携わっている専門家から分かり易く解説していただきます。

概要

日時

2018年10月20日(土)

講演会 13:00 - 17:30(受付開始12:30)

交流会 17:50 - 19:20

場所
東工大蔵前会館outer1階 くらまえホール(講演会)、ロイアルブルーホール(交流会)
(最寄駅:東急目黒線・大井町線大岡山駅下車1分)
会費
講演会は参加費無料です。
交流会参加費は 一般3,000円、学生は無料となります。
申込

申込フォームouterに必要事項を記入の上、お申込み下さい。

最新の情報は蔵前工業会サイトouterをご覧下さい。

プログラム
  • 主催者・来賓挨拶

  • 講演1 「東工大先導原子力研究所の歴史と現状(総論)」

    東京工業大学科学技術創成研究院 先導原子力研究所長教授 竹下健二 氏

  • 講演2 「福島第一原子力発電所事故は何を遺したのか」

    日本原子力発電株式会社フェロー 吉澤厚文 氏

  • 講演3 「革新的原子力システム研究が開く原子力の未来」

    東京工業大学科学技術創成研究院 先導原子力研究所教授 小原徽 氏

  • 講演4 「革新的研究推進プログラム ImPACT」

    ―核変換による高レベル放射性廃棄物の大幅な低減・資源化―

    科学技術振興機構 (内閣附 lmPAC丁 プログラムマネージャー) 藤田玲子氏

第39回 蔵前科学技術セミナー ポスター

関連ページ

お問い合わせ先

東京工業大学 理事・副学長

渡辺治

E-mail : watanabe@c.titech.ac.jp

更新日:2018.08.27

RSS