イベント

データサイエンスシンポジウム2018一橋大学×東京工業大学×帝国データバンク

RSS

経済分析において高い研究業績を誇る、社会科学の総合大学としての一橋大学経済研究科と、経済物理学の視点から企業ビッグデータを解析し、すでに社会実装の実績もある東京工業大学科学技術創成研究院は、それぞれ企業のミクロデータやネットワークデータ等を用いて、日本の企業行動・産業構造・地域経済とその長期的な変化に関する高度な実証研究を行っています。本シンポジウムでは、帝国データバンクが保有する企業ビッグデータと最先端研究が出会うことで生み出された新しい知見を報告します。また、「政策」「報道」「デザイン」「統計」などの各分野で企業ビッグデータを用いた研究を使った事例等の講演、パネルディスカッションも行います。

日時
2018年11月28日(水)
場所
一橋講堂 東京都千代田区 一ツ橋2丁目1-2 学術総合センター 2F
参加申し込み

ご希望の方は、お手数ですがセミナーのお申し込みページouterからご登録お願いいたします。

プログラム

開会のご挨拶

一橋大学 蓼沼宏一学長

基調講演 中小企業政策×ビッグデータ

中小企業、地域産業、農政、防衛の各分野でのビッグデータ活用のあり方とは。

衆議院議員・福田達夫代議士

『未来観測所』からみた日本企業の現在と未来

東京工業大学科学技術創成研究院 ビッグデータ数理科学研究ユニット長・高安美佐子教授+Imperial College London、東京工業大学の研究者

基調講演 日本企業の新事実(日経ビジネス10月1日号)

日経BP社・ビジネス局長 酒井耕一氏

データジャーナリズムの手法で経済を捉えなおすと新たな側面が見えてきた!

企業データを活用した経済政策と経営戦略の評価分析:これまでとこれから

一橋大学大学院経済学研究科長・岡室博之教授+一橋大学の研究者

パネルディスカッション

私はTDBのビッグデータをこう料理した

モデレータ

NHKチーフプロデューサー 阿部博史氏

パネリスト

Takram代表 田川欣哉氏

データビークル代表取締役・統計家 西内啓氏

東京大学 大学院情報学環 教授 渡邉英徳教授

シンポジウムリーフレット

シンポジウムリーフレット

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク
データソリューション企画部
総合研究所

Tel : 03-5775-1092

情報理工学院高安研究室 博士1年
高木英美子

E-mail : takagi.e.ab@m.titech.ac.jp

更新日:2018.11.09

RSS