イベント

リベラルアーツ研究教育院シンポジウム「石牟礼道子の遺した言葉」

RSS

水俣病患者とその家族の苦しみを克明に綴った代表作『苦海浄土』や、西南戦争を題材にした『西南役伝説』など、石牟礼道子は郷土の南九州を舞台に豊かな言葉を紡ぎました。その作品群は小説にとどまらず、詩歌や謡曲にまでわたります。没後2年を迎えようとする2020年、作家の町田康氏をお招きして、文芸批評家でもある本学の若松英輔教授と石牟礼道子について語り合う夕べを企画しました。石牟礼文学に造詣の深いおふたりとともに、彼女の遺した言葉をじっくりと味わってみましょう。

日時
2020年1月20日(月)18:00 - 20:00(開場 17:30)
場所
参加費
無料
定員
200名(予約不要。先着順に入場。満員の場合はご入場できないこともあります。)
主催
東京工業大学 リベラルアーツ研究教育院

リベラルアーツ研究教育院シンポジウム「石牟礼道子の遺した言葉」 チラシ

リベラルアーツ研究教育院シンポジウム「石牟礼道子の遺した言葉」 チラシ

リベラルアーツ研究教育院シンポジウム「石牟礼道子の遺した言葉」 チラシ

リベラルアーツ研究教育院

リベラルアーツ研究教育院 ―理工系の知識を社会へつなぐ―
2016年4月に発足したリベラルアーツ研究教育院について紹介します。

リベラルアーツ研究教育院(ILA)outer

学院・系及びリベラルアーツ研究教育院outer

お問い合わせ先

リベラルアーツ研究教育院文系事務

E-mail : ilasym@ila.titech.ac.jp

Tel : 03-5734-7689

更新日:2019.12.18

RSS