研究

東工大ニュース

サイエンスカフェ 「腸内細菌ってなんだ?」開催報告

2017.04.20

3月30日、東京工業大学博物館は、生命理工学院 山田拓司研究室との共催で、サイエンスカフェ「腸内細菌ってなんだ?」を開催しました。

学生による腸内細菌の仕組みの説明

学生による腸内細菌の仕組みの説明

サイエンスカフェとは、科学技術の分野で従来から行われている講演会やシンポジウムとは異なり、科学の専門家と一般の人々が、比較的小規模な場所で科学について気軽に語り合う場をつくろうという試みです。一般市民と研究者を繁ぎ、科学の社会的な理解を深める新しいコミュニケーションの手法として、世界で注目されている活動です。

ヒトの腸内には、1,000種100兆個体の細菌が共生していると言われています。近年、腸内細菌の解析技術が飛躍的に向上し、これらの細菌を網羅的に調査する事が可能になり、様々な発見が相次いでいます。 そうした目に見えない細菌達の活動や仕組みを子どもたちに分かりやすく学んでもらおうと、サイエンスカフェは生命理工学院の学生たちが開発した腸内細菌ボードゲームを使っておこなわれました。

バクテロイゴを楽しむ参加者と学生

バクテロイゴを楽しむ参加者と学生

大岡山キャンパス百年記念館の1階ラーニングスペースにて、小学生から一般の方々まで約40名が参加しました。最初に学生が腸内細菌の仕組みについて説明をした後、実際にゲームが行われました。JCHM学生会員によるサイエンスカフェも今年で3年目となりました。子どもたちは学生のアドバイスをもとに遊び方をマスターし、すぐに参加者同士打ち解け、楽しいひと時を過ごしていました。今回はリピーターや前回参加した児童に話を聞いて来たという方もいて、少しずつですがサイエンスカフェ「腸内細菌ってなんだ?」の活動の広がりを感じることができました。

「楽しかった」「おなかの中にたくさん菌がいる事が分かった」「低学年向けにも開催して欲しい」等、参加者やその保護者から貴重なご意見をいただきました。

「腸内細菌ってなんだ?」は今後も定期的に開催し、地域の方々に身近にサイエンスを楽しんでいただく機会を提供し続けたいと思います。

学生と山田拓司准教授

学生と山田拓司准教授

JCHM
Japanese Consortium for Human Microbiome(腸内環境の全容解明と産業応用のコンソーシアム)

生命理工学院

生命理工学院 ―複雑で多様な生命現象を解明―
2016年4月に発足した生命理工学院について紹介します。

生命理工学院

学院・系及びリベラルアーツ研究教育院outer

東工大基金

このイベントは東工大基金によりサポートされています。

東工大への寄附 > 東京工業大学基金

お問い合わせ先

生命理工学院 山田研究室

Email : info@jchm.jp
Tel : 03-5734-3629