イベント

東工大 グローバル水素エネルギー研究ユニット 第4回公開シンポジウム

RSS

将来の水素利用体系に関する総合的かつ技術的な検討を推進する「東工大グローバル水素エネルギー研究ユニット(GHEU)」は、国内外の水素利用技術の現状と将来展望を共有するための年1回の公開シンポジウムを2019年1月31日(木)に開催致します。

今回は、中国清華大学のMao, Zongqiang教授をお招きし、中国の水素R&Dの状況を紹介いただきます。

Mao氏は、中国の水素エネルギー協会会長などを歴任し、現在は水素エネルギー国際組織IAHEのVice Chairmanを務められています。

中国ではBEVが席巻していると思われがちですが、FCEVを含む水素エネルギー利用技術のR&Dが精力的に進められており、2030年までのFCEVの導入目標を100万台(日本は80万台)としているのをはじめ、水素都市計画も進められています。

日本の水素関係者がこのような中国の水素エネルギーの実情を正しく知る機会としたく、多数の参加をお待ちしております。

開催概要

日時
2019年1月31日(木)(シンポジウム 13:30 意見交換会 17:45)
場所
シンポジウム:東京工業大学 蔵前会館outer くらまえホール
意見交換会 :東京工業大学 蔵前会館outer 3階 手島精一記念会議室(予定)
参加費
無料(意見交換会は3,000円(当日払い))
参加申込
申し込みフォームouterから参加登録をお願い致します。
※定員になり次第、申し込みを締め切らせていただきます。
主催
東京工業大学 科学技術創成研究院 グローバル水素エネルギー研究ユニット(GHEU)
協賛
一般社団法人 水素エネルギー協会(HESS)

シンポジウムプログラム

13:30
開会挨拶
東京工業大学 学長 益一哉
13:35
招待講演1
“Chinese Hydrogen Situation and Vision”
中国清華大学 教授 毛宗強(Mao, Zongqiang)氏
14:35
招待講演2
「日本の水素エネルギー戦略と将来動向(仮)」
経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部
新エネルギーシステム課長 江澤正名氏(予定)
15:05 - 15:20
休憩
15:20
講演
「再エネとCO2フリー水素導入拡大に向けた課題と動向」
東京工業大学 科学技術創成研究院 特命教授
グローバル水素エネルギー研究ユニット ユニットリーダー 岡崎健
15:50
東京工業大学が参加する水素関連NEDOプロジェクト報告
「トータルシステム導入シナリオ調査研究:学理に基づく定量的解析による水素の役割と水素社会の将来像」(40分)
東京工業大学 物質理工学院 教授 伊原学
「酸素水素燃焼タービン発電システムの研究開発」(30分)
東京工業大学 工学院 教授 店橋護
東京工業大学 工学院 教授 野崎智洋
17:00
総合討論
「水素エネルギー導入に関する 日中の連携のありかたについて」
17:30
閉会挨拶
東京工業大学 科学技術創成研究院 特命教授
グローバル水素エネルギー研究ユニット ユニットリーダー 岡崎健
17:45
意見交換会

※タイトルおよび登壇者に多少の変更があるかもしれませんが、ご了承ください。

昨年度開催の様子

昨年度開催の様子

東工大 グローバル水素エネルギー研究ユニット 第4回公開シンポジウム ポスター

東工大 グローバル水素エネルギー研究ユニット 第4回公開シンポジウム ポスター

お問い合わせ先

グローバル水素エネルギー研究ユニット 事務局

E-mail : ghec@ssr.titech.ac.jp
Tel : 03-5734-3019、03-5734-3335

更新日:2018.10.26

RSS