イベント

グローカルスプリングスクール2019 in Tokyo Tech

RSS

本学大学院生(博士課程、修士課程、専門職学位課程)、交流協定校、社会人の約40名が、学問分野を問わずに世界規模の課題について考える約3日間の課題解決・創発力育成のための集中プログラムです。

“グローカル”とは、ローカルでの優れた技術や発想をグローバルに展開していく、国際化の新しい視点です。

今回「人によりそう」を形にする=人から世界に展開するイノベーションをプログラムテーマとし、博士課程・修士課程の混合グループでのディスカッションや、アクティビティ、モデリング、ポスター発表等を通して、研究者・起業者としてチームを率いるリーダーシップ、学際性・コミュニケーション力を身に付けること、他分野の研究者との協働、ネットワーク構築、専門外の知見、異文化交流を通じた新しいモノの見方の獲得を目指します。

最終日にはチームによるポスタープレゼンテーションを行い、意欲ある提案をしたチームの表彰が予定されています。

日時
2019年3月3日(日) - 3月5日(火)
場所
募集人数
40名程度
使用言語
英語
応募資格

3日間午前午後全日程に参加できる、修士課程、専門職学位課程、博士後期課程に在籍する学生、科目等履修生、特別聴講学生、海外交流学生

詳細は募集要項を確認
応募締切
2019年2月20日(水)17:00必着
※定員に満たない場合、募集期間延長の可能性あり
応募方法
専用WEBページ Glocal Spring School Program in Tokyo Techouterをご覧ください
単位

文系教養科目「LAH.C620教養先端科目Y2」(1単位)(博士後期課程学生の場合)

文系教養科目「LAH.A542グローカル日本Y2」(1単位)(博士前期課程学生の場合)

スケジュール

各日の内容は変更される場合があります。
3月3日(日)
オープニング、プログラム説明、グループ分け、テーマに関連した講演
3月4日(月)
グループワーク、研究倫理ワークショップ、チームアクティビティ
3月5日(火)
ワークショップ、発表準備、最終プレゼンテーション、優秀チームの表彰、総評、閉会式、修了証

特別講演者

3月3日(日)

講演者 島影圭佑

講演:島影圭佑氏

起業家、研究者、デザイナー。

株式会社オトングラス代表取締役。

筑波大学落合陽一研究室助教。

JST CREST xDiversity。

慶應義塾大学博士課程。

専門はデザインリサーチ、インクルーシブデザイン、スペキュラティヴデザイン、ファブ、HCI

3月5日(火)

講演者 土佐信道

ワークショップ:土佐信道氏
(明和電機 アートユニットプロデューサ)

明和電機紹介:土佐信道プロデュースによる芸術ユニット。青い作業服を着用し作品を「製品」、ライブを「製品デモンストレーション」と呼ぶなど、日本の高度経済成長を支えた中小企業のスタイルで、様々なナンセンスマシーンを開発しライブや展覧会など、国内のみならず広く海外でも発表。音符の形の電子楽器「オタマトーン」などの商品開発も行う。2016年1月には中国上海の美術館McaMで、初の大規模展覧会を成功させた。デビュー25周年となる2018年は大分、長崎での個展を開催。

来賓・審査

  • 水本哲弥理事・副学長(教育担当)
    水本哲弥理事・副学長(教育担当)
  • 井村順一副学長(教育運営担当)
    井村順一副学長(教育運営担当)
  • 関口秀俊副学長(国際連携担当)
    関口秀俊副学長(国際連携担当)

グローカルスプリングスクール2019 in Tokyo Tech ポスター

グローカルスプリングスクール2019 in Tokyo Tech ポスター

リベラルアーツ研究教育院

リベラルアーツ研究教育院 ―理工系の知識を社会へつなぐ―
2016年4月に発足したリベラルアーツ研究教育院について紹介します。

リベラルアーツ研究教育院(ILA)outer

学院・系及びリベラルアーツ研究教育院outer

お問い合わせ先

リベラルアーツ研究教育院文系教養事務

E-mail : bunkei@jim.titech.ac.jp

1月30日 09:10 ポスターおよび一部の画像を差し替えました。

更新日:2019.01.30

RSS