研究

東工大ニュース

本学学生が第17回VR学会大会 学術奨励賞(技術展示部門)受賞

RSS

公開日:2013.05.09

総合理工学研究科知能システム科学専攻修士課程(平成24年度修了)の山下洋平さんが、在学中のぬいぐるみロボットの研究で学術奨励賞(技術展示部門)を受賞し、3月26日(火)日本バーチャルリアリティ学会総会にて授賞式がとり行われました。

この学術奨励賞は、2012年9月12日(水)~14日(金)に開催された、第17回日本バーチャルリアリティ学会大会年次大会における、優れた内容の研究発表(口頭発表、技術展示、及び芸術展示の3部門)を表彰するものです。

今回の受賞をうけ、山下さんは次のようにコメントしています。「本賞はエンタテイメントコンピューティングの発展と振興に貢献すると認められた研究に贈られるものです。本研究では、ぬいぐるみロボットを用いて、インタラクションを行うことで人を癒し、楽しませることを目的としています。ぬいぐるみロボットに必要な柔らかい触感を実現するために動作部を柔軟素材だけで構成し、逆運動学と感覚・注意モデルを用いて生き物らしい動きを実現しています。本賞を頂けたことを嬉しく思うとともに、お世話になった長谷川先生や三武先生、研究室の皆様に深く感謝申し上げます。」

【研究名】 「多様な反応動作を行う柔らかいぬいぐるみロボット」
指導教官: 長谷川晶一准教授

詳細はこちら ⇒ 第17回VR学会大会 学術奨励賞 受賞者の表彰

 

RSS