研究

東工大ニュース

芹澤 武教授が高分子学会Wiley賞を受賞

RSS

2013.09.10

理工学研究科有機・高分子物質専攻(高分子工学科)の芹澤 武教授が高分子学会の2013年Wiley賞を受賞しました。

受賞タイトル「生体分子による高分子表面の修飾と機能化」

Wiley賞は高分子科学の全領域において、独創的かつ優れた研究成果を挙げている45歳以下の若手研究者に与えられます。今回の受賞は、芹澤教授の、ペプチドが特異的に結合する合成高分子、生体分子の衣をまとった無機ナノチューブ、加水分解触媒として働く単結晶セルロース繊維等の研究が高く評価されたものです。

今回の受賞を受けて芹澤教授は次のようにコメントしています。

「合成高分子と生体との物理的な接点を設計、構築する基礎的な研究が評価され、大変光栄に思っています。これまでに多大なご支援をいただいた研究室スタッフならびに学生諸氏、共同研究者の皆様に心より御礼申し上げます。」

詳しくはこちら ⇒ 高分子学会Wiley賞受賞者


芹澤 武教授

RSS